カテゴリー「オペラ資料室」の記事

2007/07/23

ヴィスコンティ・オペラ演出総覧

Luchino Visconti - operagrafia
ルキノ・ヴィスコンティ=オペラ演出記録

(モニカ・スターリング=著、上村達雄=訳『ルキーノ・ヴィスコンティ〜ある貴族の生涯』平凡社、1982より:キャストはオリジナルのままで補ってません。固有名詞の日本語表記は、明らかに間違っている場合訂正してあります。)

==========================

▼スポンティーニ《ラ・ヴェスターレ》
美術&衣裳:ピエロ・ズッフィ
指揮=アントニーノ・ヴォット:フランコ・コレッリ、マリア・カラス
1954年12月ミラノ・スカラ座

▼ベッリーニ《夢遊病の女》
美術&衣裳=ピエロ・トージ
指揮=レナード・バーンスタイン:ジュゼッペ・モデスティ、マリア・カラス、ガブリエラ・カルトゥーラン、チェーザレ・ヴァレッティ
1955年3月ミラノ・スカラ座

▼ヴェルディ《椿姫》
美術&衣裳=リラ・デ・ノービリ、振付=ルチアナ・ノヴァーロ
指揮=カルロ=マリア・ジュリーニ:マリア・カラス、シルヴァーナ・ザノーリ、ルイザーリラ・デ・ノービリ
1955年5月ミラノ・スカラ座

▼《マリオと魔術師》(原作=トーマス・マン、脚色=ルキノ・ヴィスコンティ)バレエ
出演=ジャン・バビレ
1956年2月ミラノ・スカラ座

▼ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》
美術&衣裳=ニコラ・ブノワ
指揮=ジャンアンドレア・ガヴァッツェーニ:ニコラ・ロッシ=レメニ、マリア・カラス、ジュリエッタ・シミオナート
1957年4月ミラノ・スカラ座

▼グルック《トーリードのイフィジェニー》
美術&衣裳=ニコラ・ブノワ、振付=アルフレード・ロドリゲス
指揮=ニーノ・サンツォーニョ:マリア・カラス、ディーノ・ドンディ、フランチェスコ・アルバネーゼ
1957年6月ミラノ・スカラ座

▼ルキノ・ヴィスコンティ《ダンス・マラソン》(台本=ルキノ・ヴィスコンティ)バレエ
出演=ジャン・バビレ、マリオン・シュネル
1957年9月西ベルリン、ドイツ歌劇場

▼ヴェルディ《ドン・カルロ》
美術=ルキノ・ヴィスコンティ&マウリッツィオ・キャーリ、衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ&フィリッポ・サンユスト
指揮=カルロ=マリア・ジュリーニ:ボリス・クリストフ、ジョン・ヴィッカーズ、ティート・ゴッビ
1958年5月ロンドン・コーヴェント・ガーデン

▼ヴェルディ《マクベス》
美術&衣裳=ピエロ・トージ
指揮=トーマス・シッパーズ:カルミーネ・トーレ、ウィリアム・チャップマン、フェルッチョ・マッツォーリ、シャケ・ヴァルテニシアン
1958年6月スポレート二世界演劇祭、テアトロ・ヌオヴォ

▼ドニゼッティ《アルバ公爵》
美術=カルロ・フェラーリオ、美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ&フィリッポ・サンユスト
指揮=トーマス・シッパーズ:ルイ・キリコ、ヴラディミロ・ガンザロッリ
1959年6月スポレート二世界演劇祭、テアトロ・ヌオヴォ

▼R・シュトラウス《サロメ》
美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ、振付=アーサー・ミッチェル
指揮=トーマス・シッパーズ:ジョージ・シャーリー、リリー・チュッカシアン、マーガレット・ティネス、ロバート・アンダーソン
1961年6月スポレート二世界演劇祭、テアトロ・ヌオヴォ

▼《庭園の悪魔》(作=ルキノ・ヴィスコンティ、フィリッポ・サンユスト&エンリコ・メディオーリ、音楽=フランコ・マンノーニ)
美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ&フィリッポ・サンユスト
指揮=フランコ・マンノーニ:ヨランダ・ガルディーノ、クラウコ・スカルディーニ、エンリコ・カンピ
1963年2月、パレルモ、マッシモ歌劇場

▼ヴェルディ《椿姫》
美術=ルキノ・ヴィスコンティ(フェルディナンド・スカルフィオッティ)、衣裳=ピエロ・トージ、ビーチェ・ブラケット、振付=ローダ・レヴィン
指揮=ロベルト・ラ・マルキーナ:フランカ・ファブリ、ダニエラ・ディナート
1963年6月スポレート二世界演劇祭、テアトロ・ヌオヴォ

▼モーツァルト《フィガロの結婚》
美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ&フィリッポ・サンユスト、振付=アッティリア・ディーチェ
指揮=カルロ=マリア・ジュリーニ:ウーゴ・トラマ、イルヴァ・リガーブエ、ロランド・パネライ、マリエラ・アダーニ
1964年5月、ローマ歌劇場

▼ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
美術&衣裳=ニコラ・ブノワ
指揮=ジャンアンドレア・ガヴァッツェーニ(スカラ座管&合唱団):ピエロ・カプッチッリ、ガブリエラ・トゥッチ、ジュリエッタ・シミオナート
1964年9月モスクワ・ボリショイ歌劇場

▼ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
美術&衣裳=フィリッポ・サンユスト
ピーター・グロソップ、ギネス・ジョーンズ、ジュリエッタ・シミオナート
1964年11月ロンドン・コヴェント・ガーデン

▼ヴェルディ《ドン・カルロ》
美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ
指揮=カルロ=マリア・ジュリーニ:チェーザレ・シエピ、ジャンフランコ・チェッケーレ、コスタス・パスカリス
1964年11月ロンドン・コヴェント・ガーデン

▼ヴェルディ《ファルスタッフ》
美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ&フェルディナンド・スカルフィオッティ、振付=ガーリンデ・ディル
指揮=レナード・バーンスタイン:ディートリヒ・フィッシャー=ディスカウ、ロランド・パネライ、フアン・オンシーナ
1966年3月ウィーン国立歌劇場

▼R・シュトラウス《バラの騎士》
美術=ルキノ・ヴィスコンティ&フェルディナンド・スカルフィオッティ、衣裳=ヴェラ・マルツォー
指揮=ゲオルク・ショルティ:セナ・ユリナッチ、ジョゼフィーヌ・ヴィージー
1966年4月ロンドン・コヴェント・ガーデン

▼ヴェルディ《椿姫》
美術=ナート・フラスカ、衣裳=ヴェラ・マルツォー、振付=ピーター・クレッグ
指揮=カルロ=マリア・ジュリーニ:ミレッラ・フレーニ、アン・ハウウェルズ、エリザベス・バンブリッジ、レナート・チョーニ
1966年4月ロンドン・コヴェント・ガーデン

▼ヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》
美術&衣裳=ルキノ・ヴィスコンティ&フェルディナンド・スカルフィオッティ
指揮=ヨーゼフ・クリップス:エバハルト・ヴェヒター、ニコライ・ギャウロフ、グンドゥラ・ヤノヴィッツ
1969年3月ウィーン国立歌劇場

▼プッチーニ《マノン・レスコー》
美術=リラ・デ・ノビリ&エミリオ・カルカーノ、衣裳=ピエロ・トージ&ガブリエラ・ペスクッチ
指揮=トーマス・シッパーズ:ナンシー・シェイド、アンジェロ・ロメロ、ハリー・ゼイヤード
1973年6月スポレート二世界演劇祭、テアトロ・ヌオヴォ

以上、

きのけん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/04/14

オペラ春物語

(*注意)これは、オペラに関するパロディ論考/寸劇風です。勘違いして鵜呑みにしないように!

「オペラ春物語」

(とある都内の大学の構内にて)

太郎=やあ、花子。

花子=あら、太郎君。どうしたの、今日は?おめかしなんかしちゃって。

太郎=いや、なに、これから新国立劇場にオペラを見に行くんだよ。

花子=あら、それで。なるほどねえ。でも、珍しいじゃない?歌舞伎ファンのあなたがオペラを見に行くだなんて。

太郎=いやいや、お恥ずかしい。最近ちょっとオペラにもハマっててね。

花子=へえ~、そうなんだ。

太郎=なにね、オペラと歌舞伎は成立年代から内容から非常に似た点が数多いんだけれど、歌舞伎と違って、オペラってやつは、音を聴くだけじゃさっぱり面白くねえからさ!やっぱり、その綜合芸術としての舞台をちゃんと見てこそ楽しめるってわけ。だから絶対劇場に足を運ぶか、DVDで鑑賞するにかぎるんだ。CD?なにが面白いんだか?あんなの聴いているやつの気がしれんね。アハハハハハ・・・

花子=そうね、歌舞伎に限らず、能、狂言、文楽といった日本の伝統芸能は、「見に行く」とは言わず、「聴きに行く」というぐらいですからねえ!素晴らしい世界よね、あの「音」は。それにひきかえオペラときたら、やたら派手で、遅れてるわよね。

太郎=だろ?まったく欧米の文化なんて、なんとも底が浅いもんさ!ガハハハハハ・・・

花子=そんなことを大声で言って馬鹿笑いしていると、国際紛争が起きるわよ。いいかげんにしときなさい!

太郎=たしかに!グフフフフフ・・・

花子=ほら、また!

太郎=ゴメン、ゴメン。じゃ、ちょっくら行って楽しんでくるよ。

花子=劇場の中で笑っちゃだめよ。じゃあね。行ってらっしゃい!

(二人、別れる)

(結)

(以上は、ある音楽評論に触発されて書いたパロディです。なんのパロディか分かった人、あなたはエライ!w)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/17

ストレーレル・オペラ演出総覧

▼Giorgio Strehler - operagrafia

20世紀屈指の名演出家、イタリアのジョルジョ・ストレーレル(1921~1997年)がオペラの分野で手掛けたプロダクションの全リストです。再演の記述の中でとくに地名を表記していないものは、初演と同じ場所での公演を意味します。

==============================

1946年3月:オネゲル=ポール・クローデル《火刑台上のジャンヌ・ダルク》、(指)パウル・ザッハー、ミラノ・リリコ劇場
1947年3月:ヴェルディ《椿姫》、(指)ヨネル・ペルレア、(美)ジャンニ・ラット、ミラノ・スカラ座(+1947年、1948年再演)
1947年12月:プロコフィエフ《三つのオレンヂの恋》、(指)アンジェロ・クエスタ、(美)ジャンニ・ラット、ミラノ・スカラ座
1949年3月:チマローザ《秘密の結婚》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ジャンニ・ラット、ミラノ・スカラ座
1949年4月:ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》、(指)ヴィクトル・デ・サバタ、ミラノ・スカラ座
1949年5月:ペトラッシ《コルドヴァ人》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美・衣)ジュリオ・コルテッラチ、ミラノ・スカラ座(+1949年再演)
1949年9月:ベルク《ルル》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、ヴェネツィア・フェニーチェ座
1950年5月:フランコ・マリピエロ《陽気な連隊》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ジャンニ・ラット、ミラノ・スカラ座(+1951年再演)
1950年5月:ドニゼッティ《ドン・パスクヮーレ》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ジャンニ・ラット、ミラノ・スカラ座(+1950年、1952年再演)
1950年5月:R・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》、(指)イサイ・ドブローウェン、(美)ルートヴィヒ・ジーベルト、ミラノ・スカラ座(+1950年再演)
1950年6月:アルベルト・サヴィーニオ《アルチェステ・ディ・サムエーレ》(マイム=バレエ)、(美・衣)アルベルト・サヴィーニオ、ミラノ・ピッコロ劇場
1950年6月:ペロージ《ナザレの人》、(指)フランコ・カプアーナ、(美・衣)ジャンフィリッポ、ミラノ・スカラ座
1951年2月:ピッチンニ《チェッキーナはよい娘》、(指)フランコ・カプアーナ、ミラノ・スカラ座(+1951年再演)
1951年3月:ドニゼッティ《愛の妙薬》、(指)アルジェオ・クァドリ、(美)ジャンニ・ラット、ミラノ・スカラ座(+1951年再演)
1951年4月:マスネ《ウェルテル》、(指)フランコ・カプアーナ、(美・衣)ニコラ・ブノワ、ミラノ・スカラ座(+1951年再演)
1951年5月:ペラガッロ《丘》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ジャンニ・ラット、(衣)エベ・コルチャギ、ミラノ・スカラ座(+1951年再演)
1951年6月:オネゲル《ユディット》、(指)イサイ・ドブローウェン、(美)ジャンニ・ラット、(衣)エベ・コルチャギ、ミラノ・スカラ座(+1951年再演)
1951年12月:チマローザ《イル・クレドゥーロ》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美・衣)レオノール・フィニ、ミラノ・スカラ座(+1952年再演)
1952年3月:フアン=ホセ・カストロ《プロセルピーナと異邦人》、(指)フアン=ホセ・カストロ、(美・衣)ホレイショ・バトラー、ミラノ・スカラ座
1952年9月:フランコ・マリピエロ《交換された息子のお気に入り娘》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、ヴェネツィア・フェニーチェ座
1955年9月:プロコフィエフ《炎の天使》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ルチアノ・ダミアニ、(衣)エツィオ・フリジェリオ、ヴェネツィア・フェニーチェ座(+1956年12月ミラノ・スカラ座にて再演)
1955年12月:チマローザ《秘密の結婚》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ルチアノ・ダミアニ、(衣)エツィオ・フリジェリオ、ミラノ・スカラ座小劇場(+1956年、1957年、1958年、1963年3月再演、 + 1956年ヨハネスバーグ、1957年エジンバラ、1958年ブリュッセルにて再演)
1956年2月:ブレヒト=クルト・ヴァイル《三文オペラ》、(指)ブルーノ・マデルナ、(美)テオ・オットー、ルチアノ・ダミアニ、(衣)エツィオ・フリジェリオ、ミラノ・ピッコロ劇場(+1958年11月(指)ブルーノ・マデルナ、再演、 + 1956年ローマ、1959年トリノ、パリにて再演)
1957年5月: ギュスターヴ*・シャルパンチエ《ルイーズ》、(指)アンドレ・クリュイタンス、(美・衣) エツィオ・フリジェリオ 、ミラノ・スカラ座
(*大抵の資料では「マルク=アントワーヌ」になってますが、もちろんギュスターヴの方)

1957年5月:ストラヴィンスキー《兵士の物語》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(振付)ジョン・クランコ、(美)ニコラ・ブノワ、ミラノ・スカラ座小劇場(+1957年、1962年再演)
1958年6月:ニーノ・ロータ《フィレンツェの麦藁帽子》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ルチアノ・ダミアニ、(衣)エツィオ・フリジェリオ、ミラノ・スカラ座小劇場(+1958年、1959年再演)
1959-60年:プロコフィエフ《ピエリーノと泥棒》、ミラノ・ピッコロ劇場
1963年6月:プロコフィエフ《ピーターと狼》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、ミラノ・スカラ座
1964年2月:ブレヒト=クルト・ヴァイル《マハゴニー市の興亡》、(指)ニーノ・サンゾーニョ、(美)ルチアノ・ダミアニ、ミラノ・スカラ座小劇場
1965年7-8月:モーツァルト《後宮からの逃走》、(指)ズビン・メータ/ベルンハルト・コンツ、(美・衣)ルチアノ・ダミアニ、ザルツブルク音楽祭(祝祭小ホール)(+ 1966年(指)ズビン・メータ/ジョン・プリチャード、1967年(指)ズビン・メータ、1970年(指)ズビン・メータ、1971年(指)レイフ・セーゲルスタム、1972年(指)レイフ・セーゲルスタム、1973年(指)レイフ・セーゲルスタム、1974年(指)レイフ・セーゲルスタム、1975年(再演出)フェルッチョ・ソレーリ、(指)レイフ・セーゲルスタム、再演、 + 1969年5月(指)ズビン・メータ、フィレンツェ・ペルゴラ座、1972年5月(指)ベルンハルト・コンツ、ミラノ・スカラ座、1978年 2月(指)レイフ・セーゲルスタム/リチャード・アムナー、ミラノ・スカラ座、1994年6月(再演出)マッティア・テスティ、(指)ウォルフガング・サヴァリッシュ、ミラノ・スカラ座にて再演)
1966年5月:マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》、(指)ヘルベルト・フォン・カラヤン、(美・衣)ルチアノ・ダミアニ、ミラノ・スカラ座(1967年、1968年、1970年再演)
1969年6月:ベートーヴェン《フィデリオ》、(指)ズビン・メータ、(美・衣) エツィオ・フリジェリオ 、フィレンツェ五月祭、フィレンツェ市立劇場
1971年12月:ヴェルディ《シモン・ボッカネグラ》、(指)クラウディオ・アバド、(美・衣) エツィオ・フリジェリオ 、ミラノ・スカラ座(+1971年、1972年、1973年、1974年、1978年、1982年(再演出)マリーズ・フラッチ/マッティア・テスティ、再演、 + 1976年ロンドン、ワシントン、1978年(指)クラウディオ・アバド、パリ・オペラ座、1979年ブレーシャ、ベルガモ、パリ、1981年9月(再演出)マリーズ・フラッチ/マッティア・テスティ、(指)クラウディオ・アバド、東京文化会館、1984年3月-1990年10月(指)クラウディオ・アバド/ハンス・グラフ、ウィーン国立歌劇場にて再演)
1973年2月:ブレヒト=クルト・ヴァイル《三文オペラ》、(美・衣)エツィオ・フリジェリオ、プラト・メタスタジオ劇場(+1973年ジェノヴァ、ミラノ、ローマ、バーリ、トリノ、1974年パヴィーア、ミラノ、1975年ミラノにて再演)
1973年3-4月:モーツァルト《フィガロの結婚》、(指)ゲオルク・ショルティ、(美・衣)エツィオ・フリジェリオ、ヴェルサイユ宮廷歌劇場(+1973年9月~(指)レジナルド・ジョヴァニネッティ/チャールズ・マッケラス/ユリウス・ルデル、1974年(指)ジャン=ピエール・ジャッキヤ、1976年(指)ガリー・ベルティーニ1978年(指)ガリー・ベルティーニ、1979年(指)ジョン・プリチャード1980年(指)クリストフ・フォン・ドホナーニ/チャールズ・マッケラスorジョン・プリチャード/ゲオルク・ショルティ、すべてパリ・オペラ座にて再演、 + 1976or1977年モスクワ、(指)ゲオルク・ショルティ、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場にて再演)
1973年5月:ブレヒト=パウル・デッサウ《ルクルスの断罪》、(共同演出)ランベルト・プジェッリ、(指)ブルーノ・バルトレッティ、(美)パウロ・ブレーニ、(衣)ルイザ・スピナテッリ、ミラノ・スカラ座
1974年7-8月:モーツァルト《魔笛》、(指)ヘルベルト・フォン・カラヤン、(美・衣)ルチアノ・ダミアニ 、ザルツブルク音楽祭(祝祭大ホール)
1974年12月:プロコフィエフ《三つのオレンヂの恋》、(指)クラウディオ・アバド、(振付)マリオ・ピストーニ、(美)ルチアノ・ダミアニ 、ミラノ・スカラ座(+1975年再演)
1975年12月:ヴェルディ《マクベス》、(指)クラウディオ・アバド、(振付)マリオ・ピストーニ 、(美・衣)ルチアノ・ダミアニ 、ミラノ・スカラ座(+1976年、1979年、1985年再演、 + 1976年ワシントンにて再演)
1980年12月:ヴェルディ《ファルスタッフ》、(指)ロリン・マゼール、(美・衣) エツィオ・フリジェリオ 、ミラノ・スカラ座(+1982年、1993年(再演出)エンリコ・ダマート、1995年(再演出)マリナ・ビアンキ、(指)リッカルド・ムーティ、1997年(再演出)マリナ・ビアンキ、再演、 + 1995年9月(指)リッカルド・ムーティ、東京・NHKホールにて再演)
1981年5月: モーツァルト《フィガロの結婚》、(指)リッカルド・ムーティ、(美)エツィオ・フリジェリオ、(衣)フランカ・スカルチャピーノ、ミラノ・スカラ座(+1987年(再演出)カルロ・バッティストーニ、1989年(再演出)カルロ・バッティストーニ、1997年(再演出)カルロ・バッティストーニ、(指)リッカルド・ムーティ、再演、 + 2001年(再演出)ミヒャエル・ヘルター、(指)リッカルド・ムーティ、アン・デア・ウィーン劇場、2002年(再演出)ミヒャエル・ヘルター、(指)リッカルド・ムーティ、アン・デア・ウィーン劇場/ラヴェンナ音楽祭にて再演)
1981年12月:ワーグナー《ローエングリン》、(指)クラウディオ・アバド、(美)エツィオ・フリジェリオ 、(衣)フランカ・スカルチャピーノ 、ミラノ・スカラ座(+1983年再演)
(ただし、アバドと大喧嘩して、公式には(演出)無名氏、(照明)ストレーレル)

1984年1月: モーツァルト《後宮からの逃走》、(美)ルチアノ・ダミアニ、パリ国立歌劇場(ガルニエ)
1986年11月: ブレヒト=クルト・ヴァイル《三文オペラ》、(美)エツィオ・フリジェリオ、(衣)フランカ・スカルチャピーノ 、パリ市立音楽劇場シャトレ座
1987年12月:モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》、(指)リッカルド・ムーティ、(美)エツィオ・フリジェリオ 、(衣)フランカ・スカルチャピーノ 、ミラノ・スカラ座(+1989年(再演出)カルロ・バッティストーニ、1993年(再演出)カルロ・バッティストーニ、再演、 + 2005年(再演出)マリナ・ビアンキ、カリアリにて再演)
1989年11月: ベートーヴェン《フィデリオ》、 (指)ロリン・マゼール、(美)エツィオ・フリジェリオ 、(衣)フランカ・スカルチャピーノ 、パリ市立音楽劇場シャトレ座(+1990年1月ミラノ・スカラ座にて再演)
1997年12月:死去
1998年1月:モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》、(共同演出)カルロ・バッティストーニ、(指)イオン・マリン、(美)エツィオ・フリジェリオ、(衣)フランカ・スカルチャピーノ、ミラノ・ピッコロ・テアトロ新劇場(現ストレーレル劇場)開場記念公演(+1999年2月バーリ、2000年5月ウィスバーデン、2000年11月(指)エンリケ・マッツォーラ、東京・日生劇場、2003年11月トリエステ、2004年9月ローマにて再演)
(以上)

ソース;Giovanni LISTA, LA SCENE MODERNE, ed. Acte Sud, Arles=ed. Carre, Paris, 1997、Giorgio Strehler alla Scala, La Scala67〜92、ほか

きのけん + keyaki + Orfeo

==========================

*訂正、再演等の追加情報、お待ちしています。

| | コメント (30) | トラックバック (0)