« 2008年3月 | トップページ | 2010年2月 »

2008年4月

2008/04/05

オペラティック・アワー2

 伯爵は悩んでいた。下僕のフィガロの結婚が間近に迫っているというのに、売られた花嫁が行方不明になってしまったからだ。そこで伯爵はある夜、こっそり屋敷を抜け出して、青ひげ公の城に相談に訪れた。広間にはウィンザーの陽気な女房たちが集まっていたが、あまりにうるさいのでそこを通り抜け、奥の部屋の扉を開けた。そこは礼拝堂になっていて、青ひげ公の相談役、修道女アンジェリカが聖母マリアの夕べの祈りを捧げている最中だった。そこで伯爵は、なんとかスザンナの居場所が明らかになるよう、神に祈った。すると、「このナイチンゲールの後を追いかけなさい」とのお告げが。早速、伯爵は目の前に現れたナイチンゲールとともにスザンナ探しの旅に出ることにした。

 最初にたどり着いた村はのどかな田園地帯のただ中にあった。村のロミオとジュリエットの二人が木陰で仲むつまじく、「ねえ、結婚しようよ」なんて甘く語り合っていたので、親切な伯爵は気を利かせて二人を近くの教会に連れて行き、彼の立会いのもと、結婚式を挙げてあげた。若者たちは狂喜乱舞した。が、それを知った両家の者たちは激怒した。で、彼らにつかまってこっぴどく痛めつけられている間に、ナイチンゲールがいつのまにかどこかに飛んでいってしまった。困り果てた伯爵は、その村に巡礼にきていた炎の天使に相談したところ、「この金鶏の後を追いかけなさい」と言われた。こうして旅はまた続いた。

 金鶏に導かれてやってきた村はスペインの時が支配していた。闘牛場の前でカルメンがドン・ホセと口論していたので、親切な伯爵は気を利かせて二人を近くの教会に連れて行き、彼の立会いのもと、告解を聞いてあげることにした。だが、期待とは裏腹に、カンカンに腹をたてていたカルメンが罵詈雑言を並べ立て、あっさりその場から立ち去ってしまったので、ドン・ホセにこっぴどく恨まれた。挙句にナイフで刺されそうになってしまったので、その村から命からがら逃げ出した。金鶏とはぐれてしまった伯爵はどこに行くべきか悩んでしまったが、峠の茶屋でお茶を飲んでいたドン・カルロに「あっちら」と言われたので、そちらへ向かった。

 そうしてたどり着いたところはムツェンスク郡のマクベス夫人のところだった。人間の声とも思えぬ恐ろしい奇声を上げるマクベス夫人になぜか気に入られた伯爵は、あろうことか愛の妙薬を飲まされかけたので、慌てて外套で身を隠し、彼女のもとから逃走した。魔の山の中まで入り込んだところ、そこでばったり出会ったのは旧友のジプシー男爵だった。彼は一人の女性を連れていた。「やや!おまえはスザンナ!」「まあ、あなたは伯爵!」やっと見つけ出したスザンナではあったが、彼女は伯爵のもとに一目散に駆け寄るなり、思いっきり平手打ちをかましてきた。「さんざんもてあそんだ挙句、このわたしをタンホイザーなんかに売りつけるなんて、いったいどういう了見?もう絶対に許しませんからね!」

 親切な伯爵は、自分の屋敷をまるごと持参金としてスザンナにつけてあげて、フィガロと結婚させることにした。住みかを失って怒ってしまった伯爵夫人はケルビーノを連れ、遠く南国の地へとさっさと逃避行してしまった。こうなると、もう皇帝ティトゥスの慈悲にすがるしかない。伯爵の悩みはまだまだ続くのであった。

*お知らせ

諸事情により、しばらくこのブログを休止することとしました。また、いつの日か、この場でお会いしたいと思います。それまで、皆さん、どうぞお元気で。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2010年2月 »