« 強い日のマンU | トップページ | 巨匠伊音 »

2008/03/01

『イドメネオ』(ザルツブルク音楽祭)

Dvdidomeneosalzburg DVDライブラリーより。

シンプルなセットの中に光のラインを巧みに取り入れたスタイリッシュな舞台。海神ネプチューンを舞台上に登場させて緊張感を高めるなど、ヘルマン夫妻の演出の冴えが光っている。その中で、充実した歌唱の数々を繰り広げる歌手たち。コジェナー、シウリナ、ハルテロスの女声3人組は皆安定しているし、題名役のヴァルガスもそこに重しを加え、全体を引き締めている。ノリントンが付ける音楽も流れがよく、モーツァルトのオペラ・セリアに新鮮な響きをもたらしている。

★★★★

イドメネオ:ラモン・ヴァルガス
イダマンテ:マグダレーナ・コジェナー
イリア:エカテリーナ・シウリナ
エレットラ:アニヤ・ハルテロス
アルバーチェ:ジェフリー・フランシス
司祭長:ロビン・レガーテ

合  唱:ザルツブルク・バッハ合唱団
管弦楽:カメラータ・ザルツブルク
指  揮:ロジャー・ノリントン
装置・衣裳:カール・エルンスト・ヘルマン
演  出:ウルゼル・ヘルマン
      カール・エルンスト・ヘルマン
共同制作:バーデン・バーデン祝祭劇場

[  収録:2006年8月、ザルツブルク・モーツァルト劇場  ]

|

« 強い日のマンU | トップページ | 巨匠伊音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/40312535

この記事へのトラックバック一覧です: 『イドメネオ』(ザルツブルク音楽祭):

« 強い日のマンU | トップページ | 巨匠伊音 »