« ガナーズは止まらない | トップページ | 『ポントの王ミトリダーテ』(ザルツブルク音楽祭) »

2008/01/31

ガナーズ、完勝

Premireleagueプレミアリーグ 第21週
アーセナル 3-0 ニューカッスル

今週のガナーズは3日前にFAカップで戦って3-0で下したばかりのニューカッスルが相手。そのニューカッスルは監督がアラダイスからケビン・キーガンに代わってからというものの勝利なし。しかも1ゴールも上げていません。オーウェンやダフとか、選手は揃っているのに、どうしたことか。

この試合、ニューカッスルはラインを高く保って、前半は粘りました。攻撃は形にならないものの、ガナーズの攻めをなんとかしのいでいましたが、それも40分まででした。右サイドでセスクからボールを受けて前に飛び出したフラミニがそのままクロス。これをゴール前ファーサイドに詰めていたアデバイヨルが頭で合わせ、先制。ニューカッスルはガナーズの素早い切り替えに付いていけませんでした。前半、ガナーズの1-0。

後半、なんとか得点を上げたいニューカッスルでしたが、オフサイドの山を築き、沈黙。逆にガナーズが72分、フラミニが左サイド、エリア手前から25mのミドルシュートを決めて、突き放します。これでガックリきたニューカッスルのDF陣が集中力を欠いたところで、80分、ガナーズが自陣からのロングボール一発でオフサイド・ラインをかいくぐり、ニューカッスル・ゴール前のベントナーにそのボールが渡ります。慌ててDFが止めに入りますが、落ち着いて横のセスクにボールがつながり、3点目を易々と決めてしまいました。ニューカッスルは終盤に二度ほど絶好機がありましたが、ともに得点には至らず、またもや零封。ガナーズがFAカップと同じスコアで勝利を収めました。

ニューカッスルは重症ですね。早くゴールを決めて、チームに勢いを取り戻してほしいところ。一方、ガナーズは相変わらず好調です。ユナイテッドとの激しい首位争いはまだまだ続きそうです。

|

« ガナーズは止まらない | トップページ | 『ポントの王ミトリダーテ』(ザルツブルク音楽祭) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/17907843

この記事へのトラックバック一覧です: ガナーズ、完勝:

« ガナーズは止まらない | トップページ | 『ポントの王ミトリダーテ』(ザルツブルク音楽祭) »