« 『サロメ』 | トップページ | マンUが負けた »

2007/11/23

「死者のためのミサ」他

新作のショートショートが出来上がりました。
世にもおぞましい禁断のホラー小説、《死者のためのミサ》。
読む勇気のある人は、こちらからどうぞ。

もう一つおまけがあります。
現代社会に鋭くメスを入れた問題作、《俺たちに明日はない》。
こちらです。

二つとも、どうぞよろしくお願いします。

|

« 『サロメ』 | トップページ | マンUが負けた »

コメント

>世にもおぞましい
思わずぶっ^^+

>現代社会に鋭くメスを入れた問題作
鋭いメスでした~.@);;

投稿: edc | 2007/11/23 10:18


edcさん、読んでくれて、ありがとう^_^;;

投稿: Orfeo | 2007/11/23 18:36

私怖いのキライなんで大丈夫かな~って思って読みました。大丈夫でした。

でも実際自分がその立場になったことを想像したら、メッチャ怖いっすね!身の毛よだっちゃいます。

投稿: イズミ | 2007/11/27 14:23


イズミさん、ありがとう。
やっぱり「ホラー」でしょ?(爆)

投稿: Orfeo | 2007/11/28 08:47

>現代社会に鋭くメスを入れた問題作

 …そうそう!…。でもサ、今起こっているような問題はほぼ全部、伊丹十三の《スーパーの女》(1996)に出てくるんだよねえ…。10年以上前の映画だぜえ!今見直してみると、ちょっと驚くよ!
マクドよ、崎陽軒よ、オマエもか?…
CineKen2

投稿: CineKen2=きのけん | 2007/11/30 09:55


>きのけんさん

なんか、どこでもやってるような感じですからね。
伊丹十三、鋭いな(笑)。

投稿: Orfeo | 2007/11/30 13:53

 12月28日20h30からBS2にプログラムされてます。うん、これってちょっとスゴいよね。なんか、今問題になってることが全部出てるんだよ。最初見た時、ヒデーことやってやがんな、なんて思ったけど、それが現実としてじゃかじゃか出てくるじゃん。あれあれ!…なんてね(笑)。
 …でも、日本の行政は…多分、天下りのせいだろうけど…かなり甘いみたいよ。フランスでは一度、マクドナルドが偽装問題を起こして、あっさり全店閉鎖に追い込まれたことがあったぜ。それから食品とか洗剤なんかに使われてる化学添加物の類いね、欧州の基準に較べ、随分規制が甘い感じなんだよねえ…。何食わされれてるか判らない感じで、ちょっと気味悪いね。
きのけん

投稿: CineKen2=きのけん | 2007/12/04 16:25


・・・NHKもタイムリーなプログラムを組むんですね(爆)。
28日、しっかり見ます。

そりゃフランス側からすりゃ、マクドナルドなんて輩は天敵でしょ。口実が見つかったら、即全店閉鎖。さもありなん。でも、日本はアメリカべったりだから、問題が起きても知らん顔。この差は大きいですね(笑)。

投稿: Orfeo | 2007/12/04 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/17152626

この記事へのトラックバック一覧です: 「死者のためのミサ」他:

« 『サロメ』 | トップページ | マンUが負けた »