« ガナーズは負けない | トップページ | 能古島へ行ってきた »

2007/10/13

『フィガロの結婚』(ザルツブルク音楽祭)

Dvdfigarosalzburg DVDライブラリーより。

暗くて、重くて、どんよりした『フィガロ』。その責任の大半はアーノンクールにある。ネトレプコも深く沈んだまま。アルター・エゴを使うのが大好きらしいグートの演出もここでは内向的に過ぎる。

★★

アルマヴィーヴァ伯爵:ボー・スコウフス
伯爵夫人:ドロテア・レシュマン
フィガロ:イルデブランド・ダルカンジェロ
スザンナ:アンナ・ネトレプコ
ケルビーノ:クリスティーネ・シェーファー
マルチェリーナ:マリー・マクロックリン
ドン・バジリオ:パトリック・ヘンケンス
ドン・クルチオ:オリヴァー・リンゲルハーン
バルトロ:フランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒ
アントニオ:フロリアン・ベッシュ
バルバリーナ:エヴァ・リーバウ

合  唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:ニコラウス・アーノンクール
演  出:クラウス・グート

[  収録:2006年7月、ザルツブルク・モーツァルト劇場  ]

|

« ガナーズは負けない | トップページ | 能古島へ行ってきた »

コメント

Orfeoさん、
音楽も演出も重たさでは統一はとれていたかも・・・。その中で、シェーファーの歌の巧さと柔らかさが光っていました。
TBさせていただきました。

投稿: YASU47 | 2007/10/13 10:25

出ましたね^^;; BShiのとき見たのですけど、BS2で放送したので、録画したのだけど、なぜか最後がちょん切れてました。設定ミスかなぁ〜〜(;。;)

以前の記事、TBします。よろしくお願いします。

投稿: edc | 2007/10/13 11:51


>YASU47さん
TBありがとうございます。私もこの中で惹かれたのはシェーファーだけでした。寂しいかぎりですね(笑)。

>edcさん
私も最近、前の野球放送が延長になって、尻切れトンボになった録画がありました。これだから野球は嫌なんですよね(笑)。TBありがとうございました^_^;;

投稿: Orfeo | 2007/10/13 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/16739067

この記事へのトラックバック一覧です: 『フィガロの結婚』(ザルツブルク音楽祭):

» ザルツブルグ音楽祭『フィガロの結婚』 [オジ・ファン・トゥッテ♪]
「ガラ・コンサート」、「ドン・ジョヴァンニ」、「コジ・ファン・トゥッテ」に続く2 [続きを読む]

受信: 2007/10/13 10:19

» モーツァルト「フィガロの結婚」ザルツブルク音楽祭2006年  [雑記帳]
白黒の簡素な舞台なのが新国立劇場の「フィガロの結婚」と似ています。でも、物理的にではなく、とにかく暗い。特に1幕は慣れないせいか、私の側に問題があったのか、とっても疲れました。 各所に、どうも気色悪いというか、心理的に抵抗のある場面があるのですが、怖いもの見たさも手伝ってか、慣れか、とにかく退屈はしません。知らず知らず引込まれてしまいます・・・。 違和感ありの部分をいくつか。 終始、黙役の天使、いたずらキューピットが登場します。お小姓ケルビーノと同じ格好。天使には翼があるけど、ケルビーノに... [続きを読む]

受信: 2007/10/13 11:51

« ガナーズは負けない | トップページ | 能古島へ行ってきた »