« 『ジョコンダ』(ヴェローナ音楽祭) | トップページ | めんそーれ、美ら海 »

2007/09/24

マンU、チェルシーを下す

Premireleagueプレミアリーグ 第6週
マンチェスター・ユナイテッド 2-0 チェルシー

今週、首位のアーセナルは昇格組のダービーに5-0で圧勝し、首位の座をしっかりキープしました。というわけで、注目したいのはこの一戦。ルーニーが骨折から復帰して意気上がるマンチェスター・ユナイテッドと、オーナーとの確執からモウリーニョ監督がとうとう退任してしまい、ランパードとドログバも不在で盛り下がるチェルシー。戦いの場はオールド・トラフォード。

マンUのトップにはルーニーとテベス、対するチェルシーはシェフチェンコの1トップ。試合はマンUのペースで進んでいきますが、前半30分過ぎにチェルシーのミケルが危険なプレーで一発レッド。チェルシーが断然不利になります。そして迎えた前半ロスタイム、マンU、右CKのチャンス。ギグスが蹴ったボールがまた本人に戻ってきて、そのまま左足アウトで中に入れたクロスをテベスが頭で流し込み、ついに先制。テベスはマンU移籍後初ゴールでした。

今季初めて前半に点を入れたマンU。次に目指すは今季初めての1試合2得点。後半に入って試合は相変わらずマンUが支配し、数的不利にあるチェルシーは攻撃も形になりません。まったく仕事のできないシェフチェンコは途中でカルーと交代。一方のマンUもテベスに代えて、サアを投入。結局このまま終わるかと思いましたが、終了間際の89分、ロングフィードが前線のサアに入ったところを、相変わらず不安定な守備を見せていたセンターバックのベン・ハイムが足を出して倒してしまい、PK。サアがこれを決めて、ついに2-0。マンUにとって、待望の1試合2得点です。試合はこれで終了。マンUもモタモタしていたけど、チェルシーは、やっぱり元気がありませんでした。モウリーニョが去ったチェルシー、今後も苦しい試合が続きそうです。

|

« 『ジョコンダ』(ヴェローナ音楽祭) | トップページ | めんそーれ、美ら海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/16552687

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、チェルシーを下す:

» マンチェスター・Uvsチェルシー。 [続・アーセナルvsバルサのCLファイナルを願う!]
プレミア今週末の大一番は、オールド・トラフォード。 いまだ公式戦で2点以上取ったことのないユナイテッドが、 モウリーニョ退団で揺れるチェルシーを迎えます。      ルーニー   テベス                  シェバ  ギグス        ... [続きを読む]

受信: 2007/09/24 16:18

» マンUvsチェルシー  [3?歳のつぶやき....]
ただでさえ大一番なのに、今回はMr”憎まれっ子 世にはばかる”モウリーニョがいなくなって初の試合で大注目のマンUvsチェルシー。 いきなりアブラモさんの後ろにはファンバステンが座ってて、何?そうゆうこと?みたいな紛らわしい雰囲気にファンバステンも困惑気味でしょう。 でも視察とはいえオランダ代表選手ってファンデルサール以外にいたっけ? 関係ないけど いつも気になるのは Jコールのパンツが短く感じるんのは何故だ? 足が短いのか ストッキングの丈がおかしいのか?尻がでかいのか? 彼を見て... [続きを読む]

受信: 2007/09/25 21:56

« 『ジョコンダ』(ヴェローナ音楽祭) | トップページ | めんそーれ、美ら海 »