« アーセナル、首位へ! | トップページ | マンU、チェルシーを下す »

2007/09/22

『ジョコンダ』(ヴェローナ音楽祭)

Dvdlagioconda DVDライブラリーより。

アレーナ・ディ・ヴェローナでの『ジョコンダ』。演出は大階段でおなじみのピエール・ルイジ・ピッツィ。今回は高さはさほどないものの、巨大な舞台の横幅を有効活用した大階段が正面にドンと据え置かれ、その段の上側には船体の形を模した巨大なパネルが張られている。う~む、見事な空間造形。さすがにピッツィ、見映えがする舞台を作り出します。その中で繰り広げられるジョコンダの悲劇。押し出しの強いグルーバーのジョコンダはあまり好きになれませんでしたが、滑らかな声を響かせるベルティのエンツォには聞き惚れました。ラウラのコムローシも悪くない。音楽の流れもよく、ヴェローナ音楽祭、侮るべからず(?)、との印象を持ちました。あ~、ヴェローナ、行ってみたいぞ!

★★★

ジョコンダ:アンドレア・グルーバー
ラウラ:イルディコ・コムローシ
アルヴィーゼ・パドエーロ:カルロ・コロンバーラ
チエーカ:エリザベッタ・フィオリルロ
エンツォ・グリマルド:マルコ・ベルティ
バルナバ:アルベルト・マストロマリーノ
ズアーネ:フランチェスコ・パルミエーリ
イゼーポ:マウロ・ブッフォリ

バレエ:ヴェローナ野外劇場バレエ
振  付:ジョージ・イアンク
合  唱:ヴェローナ野外劇場合唱団
      ベンジャミン・ブリテン児童合唱団
管弦楽:ヴェローナ野外劇場管弦楽団
指  揮:ドナート・レンツェッティ
演出・美術:ピエール・ルイジ・ピッツィ

[  収録:2005年6月17日、ヴェローナ野外劇場  ]

|

« アーセナル、首位へ! | トップページ | マンU、チェルシーを下す »

コメント

ワッ、これハードディスクに置きっぱなしで、DVDに移動させてないのを思い出しました。

>マルコ・ベルティ
丸過ぎ

ジョコンダって、あまり上演されないオペラだとおもいますが、ヴェローナで、というのもめずらしいですよね。演出は印象的なので、記憶に残っています。
ずっと前にジョコンダの記事を書いたのを思い出して、改めて読んでみましたが、下記のようなことを書いてました。↓ 

「昨年、ヴェローナで上演されて話題になったようです。その時のライブCDが発売されていますが、紹介に、「.....かなり良いキャストです」とありますが、"かなり"というのがなんか正直なかんじで微笑ましいですね。」

ついでと言ってはなんですが、TBさせて下さい。

投稿: keyaki | 2007/09/23 00:23


keyakiさん、TBありがとうございました。

マルコ・ベルティ、丸過ぎ、ですか。そういや、全然関係ないけど、マルク・ミンコフスキ、も丸いです(爆)。

うん、「かなり良いキャスト」ですね(爆×2)。ヴェローナのレベルは結構高いな、と思いました。

投稿: Orfeo | 2007/09/23 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/16522301

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョコンダ』(ヴェローナ音楽祭):

» 《ジョコンダ》アルヴィーゼ:中くらいの役(4) [ keyakiのメモ、メモ...]
バス歌手が歌う、小さい役より、ちょっと大きい、中くらいの役シリーズ第4。アミルカレ・ポンキエッリ作曲《ジョコンダ La Gioconda 》(1876年初演)、宗教裁判所長官アルヴィーゼ・バドエロもその一つでしょう。このオペラは、ポンキエッリの作品の中では、最も有名で、舞台にかけられることも一番多いとはいえ、めったに上演されませんが、この中の、バレエ音楽「時の踊り Danza dell' Ore 」はディズニー映画「ファンタジア」(1940年)で使われ有名になりました。カバさんが踊ったりして可愛ら... [続きを読む]

受信: 2007/09/23 00:22

« アーセナル、首位へ! | トップページ | マンU、チェルシーを下す »