« アーセナル、シティを下す | トップページ | 『ドン・カルロ』(ロイヤル・オペラ) »

2007/08/28

『熊座の淡き星影』

夏休み・特別研究レポートNo.4(最終回)

Dvdkumaza ▼ルキノ・ヴィスコンティ《熊座の淡き星影》
(イタリア、1965)
Luchino VISCONTI, VAGHE STELLE DELL'ORSA

クラウディア・カルディナーレ(サンドラ)
ジャン・ソレル(ジャンニ)
マイケル・クレイグ(アンドリュー)
レンツォ・リッチ(アントニオ・ジラルディーニ)
マリー・ベル
フレッド・ウィリアムソン
アマリア・トロイアーニ

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
製作:フランコ・クリスタルディ
脚本:スーゾ・チェッキ・ダミーコ
   エンリコ・メディオーリ
   ルキノ・ヴィスコンティ
撮影:アルマンド・ナンヌッツィ
音楽:セザール・フランク
美術:マリオ・ガルブリア
編集:マリオ・セランドレイ
衣裳:ビーチェ・ブリケット

熊座の淡き星影よ
再び会えるとは思わなかった
昔と同様輝くお前たちに
幼いころに暮らした館の窓辺でお前たちを見て
私は喜びの終焉を知る

ジャコモ・レオパルディの詩『回想』の一節がモチーフとなったヴィスコンティの作品。ギリシャ悲劇に題材を取りつつ、ミステリアスな姉と弟の禁断の愛を描いている。つまりは、ヴィスコンティ流「報われぬ愛」の決定版、というわけ。もうお腹いっぱい(笑)。

セザール・フランクのピアノ曲に導かれて、重苦しい雰囲気が全体を支配しているせいか、ここで見るヒロインのカルディナーレはあまり魅力的とは思えない。こんなストーリーで行くのなら、もっと女性を綺麗に撮ってほしいところだけれど、ヴィスコンティにその意思はないようだ。なんとも特異な映画監督だなあ、ヴィスコンティって!

CineKen2-FORUMのアーカイヴもご参照下さい。こちらです。

|

« アーセナル、シティを下す | トップページ | 『ドン・カルロ』(ロイヤル・オペラ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/16253516

この記事へのトラックバック一覧です: 『熊座の淡き星影』:

« アーセナル、シティを下す | トップページ | 『ドン・カルロ』(ロイヤル・オペラ) »