« ベッカム&オーウェン、代表復帰! | トップページ | 『ファルスタッフ』(ザルツブルク音楽祭) »

2007/06/04

類は友を呼ぶ

HPの宣伝です。長らく更新をお休みにしていた旅の格言コーナーに新作です。僕とパリジェンヌとの心の触れ合いを描いた、ヒューマン・タッチの感動秘話、《Qui se ressemble s'assemble.(類は友を呼ぶ)》。どうぞご一読ください。泣けますよ。こちらです。

|

« ベッカム&オーウェン、代表復帰! | トップページ | 『ファルスタッフ』(ザルツブルク音楽祭) »

コメント

小さな子供のジプシー?に袖を引っぱれて、なんかボソボソ言われると、どうしようととまどいますが、あちらの方々は、お金持ちは、貧乏人に施しをするのがいたについていて、なかなか素敵だなぁ...なんて思ったことがあります。

パリにいるからパリジェンヌですか、それはどうなんでしょう。ルーマニアあたりから流れてきているんじゃないですか。あのあたりも美人の宝庫でしょうから。

投稿: keyaki | 2007/06/06 09:45


・・・移民系を「パリジャン」、「パリジェンヌ」と呼んではいけないのか、移民系のサルコジに聞いてみましょう!(爆)

投稿: Orfeo | 2007/06/06 12:13

江戸っ子並に、三代続いてパリに住んでいれば、「パリジャン」、「パリジェンヌ」と呼んでいいとかってのはどうですか。
サルコジって何代目ですか?

パリジャンといえば、フランスパンの一種ですが、バケット、バタール、パリジャンって、日本だけの区分けではないですよね。単に長さと太さの違いのようですけど。

イタリアとかフランス、スペインもかな、こういうところって、気安く声をかけますよね。たばこをすいながら歩いていると、つかつかと寄って来て、僕にもたばこチョウダイ、とか。私はたばこは吸いませんけど。

次のショートショート、楽しみにしてます。

投稿: keyaki | 2007/06/06 14:03

Orfeoさん、こんにちは!いやー、毎度毎度笑わせていただきました~。もし私がカッコイイ男の人にキスされそうになったらしちゃうかも★(ゴメンよ彼氏)
うちも旅行するときは、もうどうでもいいような服を着ていきますよ。そして着たら捨てていきます(荷物になるので)
それにしてもフランス人にとっては「ワインは水」とか言われてますけど、本当なんですね。ジュースより安いって、本当に生産が高い国なんですね。私は酒が全く飲めないので高いジュース買いますけどね…

投稿: イズミ | 2007/06/06 18:08


>keyakiさん
サルコジって、東欧系の三世じゃなかったっけ?でも、「パリジャン」とは呼び難いかも・・・(笑)。

バタール=バゲットより短く、太い300gのフランスパン。
パリジャンは「フランス料理用語辞典」には記載がありません。

パリで食べたパンで最高に美味しかったのは、バゲット・ヴィエノワーズ(ウィーン風バゲット)。細長くて、菓子パンみたいな食感なんですが、これがいけます。行かれた際にはお試しを!

次のショートショート、近日公開です(笑)。

>イズミさん
私もボロボロになった皮ジャンを空港で捨てたことがあります。身軽になって、嬉しかったなあ!(笑)

最近はフランスでもワインを飲む人がかなり減ってきているようです。今では、「ビールは水」かも・・・

投稿: Orfeo | 2007/06/06 18:56


訂正:サルコジは移民2世でした。

投稿: Orfeo | 2007/06/15 08:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/15309846

この記事へのトラックバック一覧です: 類は友を呼ぶ:

« ベッカム&オーウェン、代表復帰! | トップページ | 『ファルスタッフ』(ザルツブルク音楽祭) »