« 『カルメン』 | トップページ | FAカップ決勝:栄冠はチェルシーに! »

2007/05/18

『ハメット』

Dvdhammett ▼ヴィム・ヴェンダース《ハメット》(アメリカ、1982)
Wim WENDERS, HAMMETT

製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ
監督:ヴィム・ヴェンダース
原作:ジョー・ゴアズ
脚本:ロス・トーマス、デニス・オフラハティ
音楽:ジョン・バリー
美術:ディーン・タブラリス
衣裳:ルース・モーリー

ハメット:フレデリック・フォレスト
ジミー・ライアン:ピーター・ボイル
キット・コンガー:マリル・ヘナー
クリスタル・リン:リディア・レイ

フランシス・フォード・コッポラの製作総指揮の下に作られたヴィム・ヴェンダース監督のハリウッド映画。ハードボイルド小説の元祖、タジール・ハメットを主人公にしたジョー・ゴアズのベストセラー小説《ハメット》を映画化したもの。1930年代の禁酒法時代のサンフランシスコを舞台に、失踪した中国娘を追ううちに巨大な陰謀に巻き込まれていく探偵上がりの小説家、ハメットの活躍を描く。

主役のハメットを演じているフレデリック・フォレストがとにかくシブイです。いかにもハードボイルドしています。粋だよねえ(笑)。この時期、乗りに乗っているヴェンダース監督の細部にまで徹底的にこだわった演出も見事。ハードボイルドを描きながら、そこはかとなくヴェンダースの世界観が構築されていきます。ジョン・バリーの音楽も秀逸で、全体が極上のエンターテインメントに仕上がっています。タイプライターを使ったラストがまたかっこええ!できれば、夜、ウィスキーでも飲みながら見たい映画ですね(爆)。

|

« 『カルメン』 | トップページ | FAカップ決勝:栄冠はチェルシーに! »

コメント

こんにちは、TBさせて下さい。映画の方はヴェンダースにしては普通の映画だなぁ…と物足りなさを感じたのですが、ハードボイルドな雰囲気はとても格好良かったです。タジール・ハメットの原作本を読んでみたくなりました。

投稿: ぶーすか | 2007/05/20 15:31


ぶーすかさん、こんにちは。
コメント、TB、ありがとうございました。

ちょっとハリウッドに擦り寄ったかな、という映画ですが、きめ細かい演出はさすがですよね。私も原作本を読みたくなりました^_^;;

投稿: Orfeo | 2007/05/20 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/15102345

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハメット』:

» 「ミリオンダラー・ホテル」「ハメット」 [ぶーすかヘッドルーム・ブログ版]
●ミリオンダラー・ホテル ★★★★★ 【BSフジ】監督は「都会のアリス」「パリ、テキサス」「ベルリン・天使の詩」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」「アメリカの友人」のヴィム・ヴェンダース。ロサンゼルスのダウンタウンにあるミリオンダラー・ホテルには社会から除け者にされた人々が住着いていた…。知能障害者のトムトムの親友イジーが死んだ事でホテルにFBI捜査官が乗込んでくる…。出演はジェレミー・デイヴィス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、メル・ギブソン、ジミー・スミッツなど。メル・ギブソンがヴェンダースの作品に... [続きを読む]

受信: 2007/05/20 15:25

« 『カルメン』 | トップページ | FAカップ決勝:栄冠はチェルシーに! »