« FAカップ:チェルシー、準決勝へ! | トップページ | 収穫のない代表戦:日本vsペルー »

2007/03/23

国際比較文化論!

カーリングの世界女子選手権、チーム青森は残念な結果に終わりました。通算4勝7敗で12チーム中8位。1次リーグ敗退です。出だしはよかったんですが、やはり世界は甘くなかった。そのレベルの違いを目の当たりにして、カーリングという競技の難しさ、奥深さを思い知りました。これをひとつの糧として、チーム青森には是非今後とも頑張ってほしいものです。ここで得た4ポイントを次につなげて、2010年のバンクーバー五輪出場権獲得に向けて邁進していただきたい。というわけで、

行けえ、マリリ~ン、金色の翼に乗って!!(←結局、成長していないな、オレ・・・)

さて、ブログの方はこのところ週末更新が常態となってきましたが、実を言いますと、平日の間、本館の「LUNA/orfeo.net」の方に手を入れたりしています。とはいえ、新作とはとても言い難い、かなり前に書いた文章ばかりですが(・・・変な新作もあるけどさw)。私には過去、様々な機会で書き上げたエッセーなり、翻訳というものが結構あって、その中から、選りすぐり(?)の文章をアップしていく予定です。先ずは、かっては文化人類学者を目指したこともあるというこの私が書いた、国際比較文化論。イタリア、フランス、イギリスといった国々の、それぞれの国民性に鋭く(鈍く?w)迫る文章の数々。「ESSAI CRITIQUE」のコーナーに入れ込みましたので、ご興味のある方はどうぞご一読下さい。おもろいでっせ(・・・オマエ、どこのお国の人間だ?w)。

|

« FAカップ:チェルシー、準決勝へ! | トップページ | 収穫のない代表戦:日本vsペルー »

コメント

 Orfeoさん、こんにちは♪

一気読みしちゃいました~^^
英国ファンの私にとって英国的エスプリが一番興味津々でしたが
素敵に書いて下さっていたので、とっても嬉しかったデス。
(それこそ、オマエはどこの国の人間だ?・・・ですネ^^;)

そうです!まさにレディース&ジェントルマンの国が英国ですっ!!
ラスト三行は永久保存したいくらいだわぁ。。

投稿: プラム | 2007/03/24 12:22


プラムさん、こんにちは☆

嬉しいお言葉、ありがとうございます。
どんどん永久保存しちゃってください^_^;;

投稿: Orfeo | 2007/03/24 13:54

同じ分野をかじった身として楽しく読ませていただきました。私もイギリス人のエスプリはそうそう!といちいち頷きながら読みました。相手にいきなり干渉するのは失礼になるという価値観なんですよね、イギリス人って。慣れてくると打ち解けるのも早いんですけど、そうなるまでが長いのなんの(^^)だから、観光客のアメリカ人が"Hi, I'm Mike!"とか言いながら初対面で握手を求めてくると顰蹙を買うんです(^_^;)

投稿: Sardanapalus | 2007/03/25 20:12


Sardanapalusさん、どうもです。

英国で生活されていたSardanaさんにそう言ってもらえると、勇気百倍、です^_^;;それにしても、アメリカ人ってやつはぁ・・・(爆)。

投稿: Orfeo | 2007/03/25 21:08

>Sardanapalusさん:
>イギリス人って。慣れてくると打ち解けるのも早いんですけど、そうなるまでが長いのなんの(^^)

 …そうなんだよねえ。やっぱしあいつらは都会人種なんだ。僕の「インタビュー集成」(リンク↓)に入ってるヒース・リースさんなんか、最初バイロイトで同じホテルだった頃、英国出身だというんだけれど、普通の英国人とは感触が全然違うんだよ。まあ、彼はニュージーランド在住で、当地の大学で仏文を講じ、同時にNZワーグナー協会の理事長だという、ヘンな人だから…かな?って思ってたら、彼、アイリッシュも混ざったスコティッシなんだ。僕は、もう一人アイリッシュの友人がいたけど、彼ら、ブリティッシュとは全然違っていて、気取ってもなくて純朴そのものなんだよね。うん、あれじゃ連中、仲悪いわけだよね(笑)。

>ヒース・リース氏インタビュー「 ワーグナーとフランス」↓
http://members2.jcom.home.ne.jp/kinoken2/intv/intv_contents/intv_heath.html

きのけん

投稿: きのけん | 2007/03/29 09:55


これが例えばオペラだとかミュージカルを見に行ったときなんかは、同じ愛好者としての連帯感があるから、すんなり初対面の人でも打ち解けることが簡単に出来るんですが、普通の場面ではなかなか難しいですね。逆に、レストランで隣の席の若い男性に「タバコ吸ってもいいですか?」と尋ねたら、「僕にそんなこと聞いてくれるなんて、本当にありがとう!」と大感謝されたことがありますよ。あんときゃ、かえってビックリしたよ!(爆)

僕自身は業界の人ともすぐ仲良くなれたんですが、打ち解けられなかったのはキャメロンだな(爆)。まあ、一度も顔を合わせてないけどさ。

投稿: Orfeo | 2007/03/29 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/14356708

この記事へのトラックバック一覧です: 国際比較文化論!:

» 2007年 世界女子カーリング選手権大会 6日目 [Half Time]
2007年世界女子カーリング選手権大会の6日目です。 既に決勝トーナメント進出を逃している、日本代表(チーム青森)は、 1次リーグ最終戦で、アメリカを7-1で勝利して通算4勝7敗で大会を終了。 日本代表(チーム青森)のテレビ中継のあった、アメリカ戦は、 既に決勝トーナメント進出を逃していた日本代表(チーム青森)は、 2-1の第8エンドは目黒が上手く決めて2点を追加。 第9エンドも、ハウス内のストーンを増やし、 最後は、相手ミスで試合を決める3点が入りギブアップ勝利。 2年連続... [続きを読む]

受信: 2007/03/24 19:30

« FAカップ:チェルシー、準決勝へ! | トップページ | 収穫のない代表戦:日本vsペルー »