« 夢いろいろクラシック | トップページ | 『神々の黄昏』(バイロイト音楽祭) »

2006/12/26

最後の演奏会

CDライブラリーより。

Cdnodame_1 毎週楽しく見ていたドラマ『のだめカンタービレ』が、昨夜、爽やかな感動とともに終了してしまいました。なんだか寂しいですね。でも、何事も、始めがあれば終わりがある。それは、ここのブログとてまた同じ。というわけで、『のだめ』連動企画、その最終回は、ドラマ同様、あらためてベートーヴェンの交響曲第7番で締めたいと思います。強烈な印象を残した曲でしたからね。紹介するのは、フィナーレにふさわしく、バーンスタインのファイナル・コンサート。

Cdbernsteinfinalconcert_1 レナード・バーンスタイン。1918年8月25日生まれ、1990年10月14日没。20世紀アメリカが生んだ稀代の名指揮者にして作曲家。その生涯最後の演奏会となった1990年8月19日、マサチューセッツ州タングルウッドのミュージック・シェッドでのライブ録音です。はたして指揮できるかどうかも怪しかったこの日の演奏。ベートーヴェンの7番、第1楽章からもはや、バーンスタインらしい躍動感も、激しい感情の表出も感じられません。ピンと張りつめた緊張感の中、テンポはスロー。第2楽章も静謐な雰囲気が全体を支配します。深々と呼吸する音楽。やはり指揮は無理なのか。その彼が第3楽章で一転、きらめきを取り戻します。なんという生命力!そして最終楽章へ。もうここまで来ると、涙を浮かべずには聴いていられません。「老境の悟り」だとか、「枯れた音楽」だとか、そんな生易しいものでは決してない。一人の音楽家が、文字どおりその命を賭けて、持てる力を振り絞って紡ぎ出す、壮絶なベートーヴェン。その峻厳なる響き。最後の音が打ち鳴らされた瞬間、堰を切ったように客席から湧き上がる悲鳴のような大歓声・・・レニーは、そして、星となりました。

バーンスタイン最後の演奏会

管弦楽:ボストン交響楽団
指  揮:レナード・バーンスタイン

ブリテン/4つの海の間奏曲 
       歌劇『ピーター・グライムズ』作品33から
ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 作品92

[  録音:1990年8月、Deutsche Grammophon  ]

*この企画にお付き合いいただいた皆様に深く感謝いたします。そして、その機会を生み出してくれたドラマ『のだめカンタービレ』制作関係者、及び出演者の方々に対して、心よりお礼申し上げます。お陰様で、こちらも思う存分きままに遊ばせていただきました。まるで消臭プラグのCMみたいに・・・(爆)。スペシャルでも映画でもなんでもいいから、次のパリ編、期待していますよ!

【『のだめ』連動企画記事一覧】

ショルティのベト7
ラフマニノフのピアコンNo.2
ヴァイオリン・ソナタ《春》
オーボエ協奏曲
ブラームスの1番
ラプソディ・イン・ブルー
2台のピアノのためのソナタ
最後の演奏会(→本記事)

|

« 夢いろいろクラシック | トップページ | 『神々の黄昏』(バイロイト音楽祭) »

コメント

本当に死ぬ間際まで指揮をしていたのですね。(感動)
その頃私は、予備校生で、
同じ学校の生徒ばかり集めた下宿で浪人生活を送っていました。
そこに一緒にいた下宿人のひとりが、
えらく悲しんでいて、どうしたのかと思ったら、
バーンスタインがなくなったと肩を落としていたのです。
当時私は、クラシックのことなど「???」だったので、
なにやら全くよくわからなかったんですけどね。(笑)
バーンスタインも聴いてみようかな。

投稿: Miyajima | 2006/12/26 08:08


>Miyajimaさん
こんにちは。
是非バーンスタインも聴いてくださいね^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/12/26 09:42

こんにちは。TBありがとうございました。
のだめの影響で「ベートーヴェンの7番」にすっかりハマりました^^
LPで「田園」や「第九」を昔聞いて、今でも所持してますが、この7番もいずれ手にしたいと考えてます。
パリ編 是非やってほしいですね。

投稿: MINE | 2006/12/27 16:41


>MINEさん
どうもお世話様です。
是非7番もライブラリーに入れてやってください。
パリ編作ってくれなかったら、わたしゃ、グレるな、きっと(笑)。

投稿: Orfeo | 2006/12/27 17:50

 実は、最初バーンスタインにはあまりいい印象を持っていなかったんです。スカラ座で《フィデリオ》の引っ越し公演をやっていたウィーン国立歌劇場=ウィーン・フィルが休演日にパリに出張してきて、プレイエルでベートーヴェンの交響曲2曲を弾いたんですが、どういうわけだか、これが異常にひどい演奏で、僕は会場でナマを聴いてたんですが、実況中継をやってたラジオが、あまりのヒドさに途中で実況を中断しちゃう…という、俄かには信じられないくらい滅茶苦茶な演奏だったんです。多分、仏政府から勲章を貰うってんで、突然決まった演奏会で、ウィーン・フィルも二軍だったかも知れないし、準備もへったくれもなかったのかも知れないんですが、…これで、バーンスタインというのはとんでもない野郎だなあ…なんて固定観念ができちゃって…。それが打破されるまで随分かかった…というわけ。
 それ以前、ロリン・マゼールがフランス国立管の音楽監督(公式には首席招待指揮者だったんですが、実質上は後のデュトワ以上に音楽監督でした)に就任する以前に、セルジュ・チェリビダーケの後任としてバーンスタインが首席招待指揮者の地位にあったんですが、この時代のバーンスタインのナマは全然聴いてないんだ。今ディスクで聴いてみると、結構いい演奏やってますよね。ベルリオーズの《幻想》、《レクイエム》、ミヨー、あと何があったっけ?…。
 ところが、そのバーンスタインのイメージを一変させるコンサートがあったんです。今調べてみたら1981年春のパリ管。この晩はそのほんの一週間前前に急死したキルル・コンドラシンが予定していたマーラーの七番の代演に急遽ウィーンから駆けつけてきたバーンスタインが登場したんです。そう、これ以上の7番を僕はナマで聴いていないな。バーンスタインのマーラーというのは、完全に自己没入型で、音楽と一体化して、まるで自分が作曲した作品みたいにのめり込んでいってしまう。うん、これはスゴイなあ!…と。その頃僕が聴き慣れていたマーラーというのは、ブーレーズにせよ、ショルティ、クーベリックにせよ、音楽との間に一定の距離を保つ、より客観的に接するマーラーだったんで、バーンスタインのこの主観的で、熱く沸騰的なマーラーには仰天してしまった。ドタキャンの代役だから、ロクなリハーサルだってやってるはづはないのに、オケを完璧に掌握、もう、パリ管が燃えに燃えまくった。わースゲー!…としか言いようのない演奏だったんです。
 それから暫く、ウィーンでの活動が忙しかったんでしょう、パリに来ることがなくて、最後に聴いたのが、今度はフランス国立管との自作《ソングフェスト》。マーラーの管弦楽付き歌曲をモデルに、これを自家薬籠中のものとして焼き直した歌曲ツィクルス。エレキ・ギターやジャズなんかも混じって、バーンスタイン節丸出しの作品で、これにもビックリ仰天。まったくもう、スゴイ人だよねえ…。
 なにせ、彼はナディア・ブーランジェ門下でパリで勉強した人だから(…そうそう、…だから、バーンスタイン、アンドレ・プレヴィン、ジョン=エリオット・ガーディナーから…ミシェル・ルグラン、なんとクインシー・ジョーンズまで同門なんだよねえ!)、結構ナマに接するチャンスがあったような気がするんですが、実際にはあまり接する機会がなかった。…でも究極の七番と言えるだけのマーラーと《ソングフェスト》に接することができただけでも、よしとすべきか?…。
きのけん

PS:
 そうそう、昨夜は中目黒の楽屋(らくや)でムラケンFC(ファン・クラブ)の忘年会でした。ムラケンさんとドラゴンさんから Orfeoさんによろしくとのこと!随分 Orfeoさんの話が出たぜ。クシャミ、何度出た?…。

投稿: きのけん | 2006/12/27 18:18


>きのけんさん
興味深い解説、並びにムラケンさん&ドラゴンさんからの伝言、どうもありがとうございます。どうりで昨夜は・・・てね^_^;;ムラケンFCの忘年会ですか。いいなあ!こちらは昨夜、マンションの理事会があって、延々と協議をやっていました。今、大規模改修工事をやっていまして、施工の建設会社側も出て来たんですが、私はもう爆発寸前でした。出て来るのがクシャミだったらいいんですけどね(爆)。

バーンスタインというのは、私的にも、そう聴き込んだ人でもないんです。このベト7にしたって、軽い気持ちで気楽に聴ける演奏ではないですからね。でも、やはり彼のマーラーを、私も一度でいいからナマで体験したかったなあ。つくづく残念です。。。

投稿: Orfeo | 2006/12/27 20:11

初めまして!
 現地で生演奏会とはうらやましい。
 「最後のマーラー」だと演奏当日に他界したキリル・コンドラシンが有名ですね。
 指揮者とはかくも過酷な職業なのかと...。
 私は人見記念講堂でクライバーの生を観たのが一生の宝ですが、彼も(結構若くして)他界してしまいました。
 バーンスタインは私もあまり好印象持ってなかったんですが、今度聴いてみようかと思います。

投稿: さとし@快投乱打 | 2006/12/28 09:29


>さとしさん
どうもはじめまして。コメントありがとうございます。

大変分かりにくいブログで恐縮ですが、パリでバーンスタインの生演奏会体験をしたのは、私じゃなくて、きのけんさんのほうです。氏はモノホンの評論家。佐久間先生みたいなもんです(爆)。詳しくは、左枠内の「きのけんリンク」のコーナーを参照してください。

生クライバー体験!それもまた素晴らしいじゃないですか!彼には是非もっと長生きしてもらって、そんでもって、もっと仕事してほしかったです^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/12/28 11:59

バーンスタイン指揮の7番ですか。
お恥ずかしいですが『ウエストサイド』の印象が強くて、
彼が指揮した演奏をちゃんと聴いたことがないんですよねー^^;

実は、『のだめ』のお蔭で7番がすごく好きになったので、
CDを買ってみようかな?と思っていたんです。
ぜひバーンスタイン指揮のを聴いてみますね。

投稿: Cutty | 2006/12/28 22:49


>Cuttyさん
そうなんですよね。バーンスタインというと、どうしても『ウエストサイド・ストーリー』という印象が付いてまわる。でも、やはり傑出した、類稀な指揮者だったんだなあ、ということが、このベト7なんかでもよく分かります。初めて聴いたとき、私はマジで涙が止まりませんでした・・・。

是非聴いてみて下さい。ティッシュを忘れずにね^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/12/29 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/13183347

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の演奏会:

» のだめカンタービレ最終回 [O塚政晴と愉快な仲間達]
笑。 実は(こっそりと)観てましたw 最初はただ江古田にある武蔵野音楽大学(正確には入間キャンパスだった?)がロケ地って聞いたんで、なんとなく観てたんですが、気がつくと毎週楽しみになってました。 別に上野樹里のファンじゃないです。 (『スウィングガールズ』は好きですが) 玉木宏のファンです(嘘)。 (『ROCKERS』からのファンですw) でも、日本のアニメって素晴らしいね。 それをドラマ化・映画化すると、どうしてもイメージが違って楽しさ半減しちゃ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 06:26

» のだめカンタービレ Last Lesson 「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」 [多数に埋もれる日記]
遂に最終回を迎えました。 地元の福岡県大川市に帰ってしまったのだめ。 千秋は連れ戻して一緒に海外(ヨーロッパ)へ行くことができるのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2006/12/26 06:33

» 「のだめカンタービレ」Lesson11&Final [つれづれ さくら日和]
わ〜、何とも潔い終わり方でしたね〜。 拍手喝采。 彼らの未来に栄光あれ!! 本当に「楽しい音楽の時間」を過ごす事が出来ました。{/hakushu/}{/kirakira/} コンクールで思うような演奏が出来ず、千秋からの留学の誘いも跳ね除けて、実家へ帰ってしまうのだめ。 渡さずじまいのR☆Sのクリスマス公演のチケットと、シュトレーゼマンから貰った懐中時計だけが千秋の元に残ったまま。 裏軒父子の粋な計らいで、実家熊本への�... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 06:55

» のだめカンタービレ Last Lesson ◎感想◎ [切なさはモノローグ]
最終回、私が一番感動したのは、涙のR☆Sオケクリスマス公演ではなく、ハリセン(豊原功補)と谷岡先生(西村雅彦)のやりとり。 多分、少数派。 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 07:01

» のだめカンタービレ Lesson11(最終回) [Hysteric Moon]
「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック のだめカンタービレの最終回を見ました。 あっという間でした…。 では感想を。 人との出会いを熱く語るミッチーがかっこいいですね~。 いつものハジケっぷりはどこへやら。 自分には才能が... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 07:31

» のだめカンタービレ・最終回(12月25日) [今日感]
のだめ、大川に帰郷、のだめのバックに「佐賀海苔」の段ボールが、第一話以来の登場「佐賀海苔」 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 07:50

» [ドラマ]のだめカンタービレ 最終回 [いもせログ]
いやー、いいラストでした。 最後は千秋&のだめの恋愛っぽい事で締めるのかと思っていましたがR★Sオーケストラの演奏で締めました。最初から最後まで「音楽」というテーマで突っ走った感じです。恋愛に重きを置かないこういう展開は私は好きです。 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 07:56

» 「のだめカンタービレ」 最終囘 [仙丈亭日乘]
「さよならのだめ!! 涙のクリスマス公演」 この3ヶ月間、素敵な時間をどうもありがたう! [続きを読む]

受信: 2006/12/26 08:08

» のだめカンタービレ [青空と夏みかん]
今日は最終回でした~。 最初はどうなるのかな~と思っていたけど、 楽しかったです。 音楽の素晴らしさや楽しさも改めてわかったし・・・。 なんだかあっという間だったような気がします。 福士誠治君ともこれでしばらくお別れでしょうか? もっと観ていたかったな~。 でも、今回は9巻までということなので、もしかして続編もあったりして・・・。 1月からはアニメが始まるんですね~。 今日は千秋さんが大川市までのだめを迎えに行ったんだけど、 リアルのだめが大川市出身だということで、 ロ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 08:39

» のだめ最終回につき [よしなしごと日記]
前にも書きましたが、TVドラマをずっと追っかけて見るのは今年のドラマでは「富豪刑事(デラックスも)」と「アンフェア」以来です。 今回はものすごいハマりましたねw 以下は全部見終わっての感想を例によって... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 09:00

» のだめカンタービレ 最終回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『さよならのだめ!!涙のクリスマス公演』 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 09:03

» のだめカンタービレ 最終話 [□■Honey March■□]
「のだめカンタービレ 最終話」 のだめは、ピアノコンクールで優勝できなかったことにショックを受け、福岡県の実家に戻る。あくる日、千秋は、龍見から電話をもらい、のだめが実家に帰ってしまったことを教えられる。千秋は、新幹線に飛び乗り、のだめの実家に向かうが…。 今日の、のだめは絶対に泣くッ!! と思ってたらやっぱり泣きましたー(´д`。q) では感〜想ッ(´U`) のだめは福岡県に居ます。のだめを追いか�... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 09:06

» のだめカンタービレ Lesson 11 [日々緩々。]
今朝はめざましテレビに上野樹里ちゃんと玉木さんが出てましたね! もー、そこからテンション上がってしまって、今日はドラマのことで頭いっぱいでした(笑 そんなわけで、いよいよ、泣いても笑ってもの最終回{/roket/}感想です。 千秋と佐久間さんの話は、やっぱり千秋とのだめの出会いのこと、と 思っていいんですよね??{/face_zzz/} 話を聞く千秋も、そう受けた表情に見えましたが。 R☆Sオケの新しい指揮者は若手N... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 09:24

» のだめカンタービレ Lesson11 最終話 [Happy☆Lucky]
のだめカンタービレ Lesson11 最終話 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 09:56

» のだめカンタービレ 最終話:さよならのだめ!!涙のクリスマス公演 [あるがまま・・・]
R{/star/}S、ベト7最高〜^(*ノ^ー^)ノ☆パチパチ まさか、またあのパフォーマンスを見れるとはっ!!!{/face_heart/} 泣き笑いで見てしまっただよ〜(笑)。 ラストの演奏を前にした控え室にて、それぞれメンバーが千秋に声をかける時点で あぁ、もうダメ{/face_z/} 涙腺がヤバヤバ{/ee_2/} 真澄ちゃんの番でついに決壊{/face_naki/}いいのよ〜真澄ちゃんはいつまでも千秋サマから �... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 10:09

» のだめカンタービレ Lesson11 [ミチの雑記帳]
いよいよ最終回!オープニングのマングースもサンタの衣装でクリスマスをアピール{/face_en/} 傷心を抱えたのだめが向かった先は実家。大川弁が飛び交う実家でのだめはピアノも弾かずにゲーム三昧の日々{/game/} 裏軒では千秋様と佐久間学がお食事中〜。新メニュー“R☆Sクリスマス公演記念定食”を勧められてもかたくなにいつもの“クラブハウスサンドとコーヒー”をオーダーする千秋様。峰パパが悲しそうな顔してたヨ。他にも新メニューがたくさん増え�... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 10:20

» のだめカンタービレ:Lesson11 [日常の穴]
終わったぁぁぁああああああ! 最終回はちょっと恋愛色が濃かったかな。 と思って見ていたが、野田家の人々に翻弄される千秋の姿は今まで通りのコミカルさだったので一安心。 でも今週は白目むきすぎじゃないだろうか(^^; 件名「プリごろ太NEWS」のメールでのだめを釣るハリセンも、見事。だいぶ、のだめを理解したみたいだなぁ。よかったよかった。 中盤にそんなクッションを挟んで、最後はコンサートで締め。 学生時代という、人生の中で限られた時間。そこで集まった有志が一つのものを作り... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 11:02

» のだめ感動のフィナーレ [複製和音]
最後の箇条書き感想です!!(つД`) 長めですぞ〜。 ・のだめファミリー初公開! ・そうだね。人間は一人では生きられない。 ・菊池ぃいいいいい。おまえの話術のが凄いわ!! ・幸せの連鎖?!w 真澄ちゃんは、立派に盾として(ry ・千秋先輩、感慨深そう。 ・ワッフル……?! 裏拳はどこに行こうとしてるのだ?!w ・峰くんがいないと、あっちもこっちもダメだなぁw ・俺様!... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 11:15

» 「のだめカンタービレ」第11話(最終回) [fool's aspirin]
後ろからハグ! ゴール決まったぁ〜! 大川ロケ、キタ━━━! ヨーコの採寸シーンでかした! そして涙のベト7で幕。 楽しくてちょっと切なくて、 ドラマの「のだめ」らしい素敵な締めくくりだった。 ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 11:39

» のだめカンタービレ Last Lesson〜さよならのだめ!!涙のクリスマス公演〜 [アンナdiary]
終わっちゃった。。。なんだろ、この脱力感は(苦笑) このドラマで沢山の人と一緒に楽しんだような気がする♪ 見ている私もオケの一員だったような気がする(笑) 続編ありな?終わり方だったな〜 それにしてもこのドラマのトラバは半端じゃなかった(笑) [続きを読む]

受信: 2006/12/26 12:15

» のだめカンタービレ 最終話 [日々こもごも]
いやあ、感動的なラストでした。ベト7! まさかR☆SオケでSオケのアレをやるとは思わなかったけど、Sオケでやった時よりキタよ! そんでもってR☆Sオケの面々が半泣きで演奏してるのに、のだめオケの人たちが妙に冷静に演奏してたのが笑っちゃったわ。... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 12:16

» のだめカンタービレ LAST LESSON [TALK SHOW 「煌」]
 最終回、どんなになるかと思っていたが(コミック読んでストーリーを知っていたので)原作どおりに展開した。それがよかった。佐賀県での再会シーンが一番好きなシーンだったので。あとはラストコンサートと九州へ行く順番がコミックと逆だったがこれもよかったと思う。最後、主人公ののだめはコンサートをみてるだけ。月9お約束のようなラブシーンのエンディングでなくあくまで音楽で終わったということがよかったと思う。この終... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 12:34

» TVドラマ のだめカンタービレ 第11話 さよならのだめ!!涙のクリスマス公演 [サプリで萌えな彼女の秘密ノート]
ぎゃぼー、ついに最終回ですーーっ!! まあ、大体予告とか宣伝CMを見る限りハッピーエンド間違いなしだったのですが。ww とにかく千秋とのだめがどうなるのか、アリスは気になっていました。 で、のだめの... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 13:09

» 【のだめカンタービレ】第11話最終回 [見取り八段・実0段]
最後の幕が下りた時、涙が頬を伝って流れるほど泣いている自分に気付いた。だって、千秋が泣いているから。。。本当に泣いているから。私は何というドラマを見ていたのだろう。これは、本当にドラマだったのだろうか。私が見て聞いていたのはドラマだったのだろうか。この...... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 13:48

» ドラマ 「のだめカンタービレ」 Last Lesson [空の「一期一会」]
■良かった。本当に、良かった・・・(涙)素敵なクリスマス・プレゼントでした♪ そ [続きを読む]

受信: 2006/12/26 14:18

» 「のだめカンタービレ」最終回 [気ままにいきましょう!]
『さよならのだめ!!涙のクリスマス公演』 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 14:21

» のだめカンタービレ #11(最終話) [piyomarimoのよろよろ日乗]
きっちり日本篇終了。きっちり大川ハグ。きっちりラストコンサート。感無量。【感想】千秋様、ちょっと白目すぎ&泣きすぎデスよ?【感想終了】あれはないの?これもカット?とか、そういうのどうでもよくなりました。コミック(「漫画じゃありません、コミックです」by小...... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 14:28

» のだめカンタービレ〜最終回・大川ラブストーリー&ベト七! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
のだめカンタービレも最終回を迎えたわけですが、今期一番盛り上がったドラマのような気はします。視聴率はコトーの方が良いようですが、ネットでの関心度は圧倒的にのだめだったりするわけです。前回、のだめ(上野樹里)が深刻に落ち込んで故郷の福岡に帰ってしまうわけですが、千秋(玉木宏)はわざわざ福岡まで、のだめを迎えに行くわけです。(のだめカンタービレ、最終回の感想は、以下に続きます) のだめのバック\7,770 サイズ:38×35.5×8cm ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 14:58

» のだめカンタービレ 最終話 [るりりんのお散歩雑記]
キッパリした終り方ではなかったけれど、 のだめ、千秋が一緒にパリへ・・・。 海外での二人のエピソードも見たいっ。 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 15:14

» 第11話 涙の最終回! [のだめカンタービレ♪ドラマ〜アニメ〜コミックで楽しもう☆]
第11話 2006年12月25日放送 「さよならのだめ!涙のクリスマス公演」 あ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 15:28

» 今日ののだめ(最終回) [ぽんぽんテレビ日記]
飛行機が飛んでいく映像のバックに 松山千春が流れるラストになるよ と、友達と賭けてて負けました…ぎゃぼん 盛り上げるべき焦点をキチンと押さえた 普通に良い最終回でヨカッタ 千秋先輩も全体的に原作より熱めでヨカッタ でも一番「今回ヨカッタな」と思ったのは いつもの「セリフ言えてない」場面が少なかったこと... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 16:20

» のだめカンタービレ 最終話 〜上野樹里 正面を見据える〜 [くつろぎ日記]
のだめも音楽と正面から向き合う覚悟ができました。 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 18:19

» のだめ11話(最終回) [おちゃつのちょっとマイルドなblog]
のだめカンタービレのドラマ第11話を見ました。 内容に触れてますのでまだ見てないかたはご注意を。 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 18:53

» のだめカンタービレ Lesson 11 マングースがサンタに [プラスα空間]
今日はクリスマス。R☆Sオーケストラでの、千秋の最後の舞台が終わってしまいました [続きを読む]

受信: 2006/12/26 19:05

» のだめカンタービレ_LastLesson [日々雑用]
さよならのだめ!!涙のクリスマス公演:のだめ(上野樹里) [続きを読む]

受信: 2006/12/26 19:21

» のだめカンタービレ Last Lesson [観劇レビュー&旅行記と日記]
今日12月25日はXmasですが、 「のだめカンタービレ」では、ライジング・サン(R・S)オーケストラのクリスマス・コンサートという千秋指揮の最後の演奏会の日でもあります。 RSオーケストラ こと のだめオーケストラもこれまでの練習成果の見せ所です。 演奏家に扮する俳優達にとっても訓練の成果の集大成というところでしょう。 ドラマ前半では、千秋がのだめを追って福岡県大川市まで迎えに行くという設定... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 20:35

» のだめカンタービレ最終回 [クラシック音楽案内〜オススメ名曲大公開!!〜]
つ…ついにのだめカンタービレが終わってしまいましたね! なんか、どどどっと一気に話が展開していったような気がしますが、それでも泣かすところは泣かすし、笑わすところは笑わすといった感じで最後まで面白かったです。 ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 22:15

» 『のだめカンタービレ』 最終回 「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」 メモ [つれづれなる・・・日記?]
今期、いい意味で一番期待を裏切ってくれた「のだめ」のラストです。 [続きを読む]

受信: 2006/12/26 22:19

» 「の」の付くドラマ最終回 [CLASSICA - What's New!]
●「の◎だめカンタービ◎レ」第11回、これで最終回、テレビドラマとしてはおしまい。今回みたいに泣かせの演出が入るのがワタシは苦手なんだけど、でもこんなに楽しんだドラマもない。民放のゴールデンタイムに、本物のサントリーホールで千◎秋真一(←進化してた)をはじめ役者たちが「ベト7」を演奏している光景が映っている、それだけでも画期的。「テレビ」という限られた明快な表現しか許されない環境の中で、制作陣は最善を尽くしていたと信じられる。偉大。視聴者の期待が高いだけに重箱の隅も突付かれるけど、物作りを仕事にして... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 23:14

» のだめカンタービレ Final Lesson [オタク戦隊3バるカん]
「さあ!楽しい音楽の時間だ!」 クリスマス放映と言うことで、マングースまでサンタ仕様に!? げ、芸が細かいなぁ…w ? のだめパパに岩松了…ッ!!これほど「ラー油ぅレディ?」が似合う役者もいないよ!! 全く、キャスティングは終始ハマりっぱなしだな! ヨーコ... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 23:23

» のだめカンタービレ 最終回!(ドラマ) 変体の森へ~♪ [白ブタさん]
とうとう終わってしまいました{%naku_a%} もうこれから何を楽しみに生きていけばいいんでしょうか?(大げさ{%fireworks_a%}) さて、気をとりなおして [続きを読む]

受信: 2006/12/26 23:26

» のだめカンタービレ 最終話 [ちょっと変な話]
●キャスト 野田恵/上野樹里 千秋真一/玉木宏 峰龍太郎/瑛太 三木清良/水川あさみ 奥山真澄/小出恵介 多賀谷彩子/上原美佐 江藤耕造/豊原功補 江藤かおり/白石美帆 フランツ・シュトレーゼマン/竹中直人 ●原作 二ノ宮知子(講談社) のだめカンタービレ (9)... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 23:54

» のだめカンタービレ Lesson11 さよならのだめ!最後のクリスマス公演 [Yが来るまで待って・・・]
ピアノソロ のだめカンタービレの世界 (上級編) この日がやって来た。・・・。R☆Sオケのクリスマス公演。千秋が学生指揮者として、タクトを振る最後の日本公演。「さあ、楽しい音楽の時間だ!」メンバーに声をかけ、コンサートに臨む千秋。 その頃、会場にかけ... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 00:25

» のだめカンタービレ 告白(・・? [zenの日記]
前回真一の誘いを断って実家に帰っちゃったのだめ… (つД≦。)°エーン 果たしてのだめはどうなっちゃうのか(・・? のだめカンタービレ最終話! 今までのお話はこんな感じです(^^) 第一話のだめカンタービレ のだめ参上(=ΦωΦ=)キリャーン☆ 第二話のだめカンタービレ ナカーマ ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ ナカーマ 第三話のだめカンタービレ 怨み買った(・・? 第四話のだめカンタービレ コタツムリの勝利(≧∇≦)ノ 第五話のだめカンタービレ ヾ... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 02:27

» のだめカンタ-ビレ 最終回 「ラ-油・レディ? 」 [The Glory Day]
前半、野田家のかしましさに笑い、後半のR★Sオケの演奏で感動!玉木さん の指揮も上手になりましたねぇ~。ベタかも知れませんが最終回はこうでなくち ゃ!っというフィナ-レ。楽しい音楽とドラマをありがとうごさいました。... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 04:44

» のだめカンタービレ(最終回) [イマドコ?いまここ。]
のだめ母にはワラタ。 [続きを読む]

受信: 2006/12/27 05:08

» 玉木宏クンの似顔絵。「のだめカンタービレ」最終回 [「ボブ吉」デビューへの道。]
昨日のお昼「笑っていいとも!」に、最終回の番宣で出演した、 上野樹里さん。自由でしたねー(笑) 特に面白かったのは、海外旅行のテーマで、 ロスアンゼルスのいいところを、アピールする上野さん。 「でもほら、いっぱいショッピングとか・・ブーツとかさぁ、 メイクさんが言ってたから。」 ロスのブーツってのは有名なんですか?(笑) メイクさんの言う事は、そんなに信用できるんですか?(笑) その後、いいともメンバーに�... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 11:54

» のだめカンタービレ Last Lesson「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」 [TV雑記]
やっぱり宮崎美子は三倉さんとこのマナカナに似てるなあ……。 オープニングもクリスマスバージョンでしたね。 [続きを読む]

受信: 2006/12/27 13:44

» のだめカンタービレ 最終回 [sigh.]
うわぁ〜〜〜んっ終っちゃったぁぁぁああっっ [続きを読む]

受信: 2006/12/27 19:46

» のだめカンタービレ [30女の花道]
{/kaeru_rain/} ドラマで 見ていたのはのだめカンタービレだけだったのに、もう 終わってしまった〜!! 上野樹里ちゃんがかわいかったし、マスミちゃんなんて原作よりキュートだったのに・・・。 と、いうわけで 続きが知りたくなり、マンガを買いました。 のだめちゃん留学編。 ドラマも続きやりゃいいのに・・・。 アニメになるそうですが、せっかくいいキャスティングだったのにな・・・�... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 20:20

» のだめカンタービレ 最終回 [uranus planet world]
とうとう終わってしまいました。3ヶ月という短い間だったけど、楽しい月曜日をありがとーって感じ。千秋は、最初から最後までのだめのことを変態呼ばわりしておきながらも(いや・・・あの回想シーンの数々を見ていたら、やっぱのだめちゃんはピアノはかなりうまいけど、「楽しい変態」でしかないかも・・・っても思ったよ)決して彼女ではないと否定しつつも清良にも母にも、周りの友人たちからも、しっかりのだめ=彼女って認められてい... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 21:30

» のだめカンタービレ最終回【P席...】 [庭は夏の日ざかり]
【2006年12月25日(月)21:00~22:09 東海テレビ】 20時58分くらいからベト7に合わせて東海地方の天気予報が流れる。3ヶ月前の第1話放送時、ドキドキしながらチャンネルを合わせたところでベト7が流れ出したときは心から感激したものでしたが、今ではすっかり「はいはいベト7ね」と増長。テレビにクラシックが氾濫してるのが当然と思うようになっちゃってるんですね。これは恐るべき陰謀だ。 そんなわけで、月9放送終了とともに来週からはまた社会の日陰者に戻ります。そうだよクラヲタなんて阿漕な趣... [続きを読む]

受信: 2006/12/27 22:04

» のだめ、ファイナル! [CompactPro]
最終回の舞台は福岡とサントリーホールの取り合わせ、 いよいよ のだめ 大団円の最 [続きを読む]

受信: 2006/12/28 08:19

» のだめカンタービレLast Lesson “Bravo――!!” [快投乱打な雑記帳]
 随分と潔い終わり方でした。最近のドラマの傾向でエピローグなんかがありそうだけど。考えてみれば大川のシーンまでが本編で、オケのシーンは全部エピローグ(&視聴者サービス)と言えなくもないか?  …... [続きを読む]

受信: 2006/12/28 09:09

» のだめカンタービレ・第11話(最終話) [あずスタ]
さてさていよいよ、ドラマ版「のだめ」の最終話レビューな、のだ! [続きを読む]

受信: 2006/12/28 23:11

» のだめカンタービレ 最終回 [塩ひとつまみ]
千秋がのだめを後ろから抱きしめて― 「一緒にヨーロッパに行こう」 「俺さまを二度も振ったら絶対に許さない」 「メリークリスマス」 「メリークリスマス…」 きゃーーーーっ。 いいシーンでしたねー。... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 15:16

» のだめつながり [世田谷のProducer]
のだめカンタービレ http://www.fujitv.co.jp/nodame/index2.html ? 今週月曜の最終回まだ見れていませんが、ビデオ録画済み。 今週のブログはのだめの話題で持ち切りでした。 ? そんなブログに一昨日より のだめの野田恵こと上野樹里 http://www.amuse.co.jp/artist/J... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 16:20

» のだめカンタービレ 第11話(終) [落とし穴には気をつけろ!]
あの河川敷のシーン、ラブくて凄くいい ステキ コンクールの失敗から、のだめが実家へ帰ってしまいました。迷う千秋を峰親子がナイスフォロー いいよねー、峰君。友達甲斐があります 新幹線とタクシーでの長い長い道中で、自分の気持ちに向き合う千秋様。赤い糸に引かれて見つけたのだめに後ろからガバっと抱きついて、「俺様を二度も振ったら許さない」だなんて、もー、私も言われてみたいわ〜 のだめの家族は�... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 21:08

» のだめカンタービレ 最終話 Lesson11 [横浜バナナワニ園☆]
あーあ・・・、ついに終わってしまいましたよ。のだめ。ほんと来週からどうやって月曜日を迎えればいいの。ぐすん。それにしても、本当にこのドラマのスタッフは、原作を読んで読んで読んで読みまくったんでしょうね~。それでなくちゃあそこまで細部にこだわった作り方できないもんね。いつものごとく最終回も手放しで大絶賛なわけではないんだけど、でもやっぱりこれだけのものを作ってくれたということでちょっぴりの不満には目をつぶって(←えらそう)、スタンディングオベーションしちゃいます!!ブラボーー♪なんつっても最終話ですか... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 23:52

» のだめカンタービレ 最終回 [裏 TV RANKING SHOW]
「のだめカンタービレ 」の最終回が放送されましたね。このドラマの最終回を見終えた [続きを読む]

受信: 2006/12/30 22:49

» のだめカンタービレ [世田谷のProducer]
http://www.fujitv.co.jp/nodame/index2.html 今クール視聴率こそ、コトー先生に譲ったものの、 最も経済効果があったドラマといえば、のだめでしょう。 原作本を大人買いした人はデスノートなみ。 注目はサントラや着うたというか クラシック音楽市場を間違いなく... [続きを読む]

受信: 2006/12/31 09:53

» のだめカンタービレ 最終回 [At moments]
のだめカンタービレ、終わっちゃいましたね。 原作ファンだったので、毎回楽しみにしていました。 原作はかなりのコメディなので実写版にすると馬鹿らしいくらいマンガちっくになっちゃうんですけど、俳優のみなさんがそれぞれイメージぴったりですごく楽しめました。 最終回ものだめファミリー・千秋&のだめのボケツッコミに大爆笑(≧∇≦) ただ、 ラストシーンは原作がまだ連載中でそのイメージがあり、R★Sオーケストラのコンサートシーンで終わったのが少し物足りなかったかも。 原作ではのだ... [続きを読む]

受信: 2007/01/02 18:07

» 「指揮芸術について」より ヴァン・クライバーン 1 [コンドラシンは語る]
すでに国際チャイコフスキー・コンクールの第一次予選後にはモスクワの「音楽家たち」... [続きを読む]

受信: 2007/01/04 23:10

« 夢いろいろクラシック | トップページ | 『神々の黄昏』(バイロイト音楽祭) »