« 眠りの森のアーセナル | トップページ | 『メリー・ウィドウ』(メルビッシュ音楽祭) »

2006/11/07

ショルティのベト7

Dvdsoltiwiener DVDライブラリーより。

ドラマ『のだめカンタービレ』の影響で、ベートーヴェンの7番を聴きたくなった、という人も多いのではないでしょうか?私もその一人です。CDでもいいけど、orfeo.blogらしく、ここはDVDで行きたい。というわけで、ウチの棚を探してみたら、ありました、ありました。ショルティ&ウィーン・フィルの1994年、サントリーホールでの来日演奏会のライブ映像。高齢にして尚、矍鑠たるショルティの指揮ぶりは流石です。ウィーン・フィルの柔らかい響きを得て、ベートーヴェンが弾み、躍動する。ショルティらしい率直で、風格に満ちた名演奏だと思います。

来週はラフマニノフのピアコン?あったっけっかなあ(笑)。

管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:ゲオルク・ショルティ

ワーグナー/楽劇「トリスタンとイゾルデ」から
        前奏曲と"愛の死"
リヒャルト・シュトラウス/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ベートーヴェン/交響曲第7番イ長調 作品92
ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」から
        第1幕への前奏曲 

[  収録:1994年10月3日、サントリーホール  ]

|

« 眠りの森のアーセナル | トップページ | 『メリー・ウィドウ』(メルビッシュ音楽祭) »

コメント

私、オケはあまり聞くことがなかったのですけど、
このドラマですっかり感化されていますよ。(笑)
本当に幸せな気分になるドラマです。
1時間が早いのなんの!

投稿: Miyajima | 2006/11/07 18:36

今晩は。
TBありがとうございました(笑)

投稿: たまちゃん | 2006/11/07 19:13


>Miyajimaさん
どうもです。
オケって、いいもんだなあ・・・と千秋クンも言っていましたね(爆)。本当、笑うだけ笑わせて、最後には泣かせてさえくれるという、贅沢な(?)ドラマだと思います。今後も楽しみですね。

>たまちゃん(さん)
こんばんは。
こんな記事からのTBを笑って受け止めていただいたようで・・・。ありがとうございます^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/11/07 19:53

Orfeoさん、
そうなんです。僕も「のだめ」に感化されて、CD棚からベト7(クライバー/VPO)、ラプソディ・イン・ブルー、2台のためのピアノ・ソナタ、ベトの「春」などを聴きまくっています(^^;)。長い間オペラにハマっていましたが、このところオケ&ピアノ帰りです。
ベト7はもう随分昔にショルティ/CSOの新盤(勿論LP)に針を落とした時の感動が忘れられません。近代オケと録音技術の粋を代表する響きでした。

投稿: YASU47 | 2006/11/07 22:26

Orfeoさんおはようございますv
「のだめ」はマンガ派なので、ドラマは全く観ておりませんで。すごい面白いんだけど…キャストが…ダメなんすよね…千秋が…(大泣)でも視聴率データをとっていると、すごい高いんですよ。やっぱり人気なんだなぁ、と。吹奏楽やっている中高生とか好きそうですよね。
東京の音大に行っているウチの後輩(Tp専攻)が、この「のだめ」のロケ現場のバイトをやったらしく、出ている俳優さんと仕事をしたらしいです。オケの観客のトラもやって、竹中直人さんの後ろに座ったとか(バッチリ写る位置だそうです)

投稿: イズミ | 2006/11/08 05:16


>YASU47さん
やはりハマッてらっしゃるようで・・・。2台ピアノのソナタもいい曲ですよねえ!
CSOは、やはりショルティ時代がよかったと思います。バレンボイムに代わってから、なんとも味気ないオケになっちゃいましたねえ。。。

>イズミさん
おはようございます。
イズミさんはマンガ派ですか。私はさすがにマンガの方は読んでいませんです^_^;;
千秋がダメ、ですか。でも、玉木クン、なかなかいいですよ。コミカルな部分も決まるし、それでいて美しいし・・・(笑)。

投稿: Orfeo | 2006/11/08 08:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/12588842

この記事へのトラックバック一覧です: ショルティのベト7:

» ベト7化する世界 [CLASSICA - What's New!]
●すっかり「月9」は「のだめカンタービレ」。爆笑。原作のギャグのなかでも、Sオケ連中がヴァイオリンを高く掲げたり、コントラバスをくるりと回したりするあたりは最高におかしかったんだけど、実写化されるとさらにおかしい。ありえない。ありえないからおかしい。しかも感動的な場面になってるし(笑)。さらに千秋のコタツネタがまた笑えるんだな。コタツのCGあり、プリごろ太のアニメありと盛りだくさんで満喫。 ●千秋のベト7指揮姿にも一安心。フツーのテレビドラマは限りなくムチャクチャ可能だから。そしてベト7ラブ。明日か... [続きを読む]

受信: 2006/11/07 13:56

» のだめカンタービレ Lesson4 [Happy☆Lucky]
のだめカンタービレ Lesson4 [続きを読む]

受信: 2006/11/07 16:27

» 「のだめカンタービレ」Lesson4 [つれづれ さくら日和]
そろそろ貸し出し中のコミックスが返ってくるかな〜・・・。{/face_naki/} 順番から行けば峰君{/hikari_blue/}を描きたかったのですが、お手本がございません。(ぎゃぼん) よって、ミルヒーを描きました。 原作のミルヒーはこんなにシンプルなんですよ〜。 今回はとても嬉しいこたつのエピソードと、Sオケ初舞台、もう{/star/}{/onpu/}{/star/}{/onpu/}{/star/}{/... [続きを読む]

受信: 2006/11/07 18:52

» 「のだめカンタービレ」 Lesson4 [仙丈亭日乘]
それにしても、ベートーヴェンの第7、よかつたなあ。 ヴァイオリンだけぢやなくて、管もチェロもやるとは! [続きを読む]

受信: 2006/11/07 18:59

» ドラマ 「のだめカンタービレ」 Lesson 4 [空の「一期一会」]
■ブラボー!!!Sオケの、あの、お揃いのTシャツに、ロックテイストなパフォーマ [続きを読む]

受信: 2006/11/07 19:16

» ドラマ「のだめカンタービレ」4話 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
定期公演まで時間がないと焦る千秋。オケのメンバーはみんな好き勝手にやってるし、「ロックなクラシック」とかやってるし(笑)ついにSオケTシャツ登場です!!(^^)(某所で通販してたそうですね。知人が持ってて嬉しそうに着てますよ笑)のだめは今日は千秋ロ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/07 21:37

» のだめカンタービレ〜第4話・コタツとプリごろ太! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
のだめカンタービレですが、面白いです。千秋(玉木宏)は俺様モードに戻っていて、まとまりなく、Tシャツなどで遊んでばかりSオケに怒り心頭で、「絞め殺すぞ!!」とまで言ってました... のだめ(上野樹里)は相変わらず何もしませんが、上野樹里の赤いホッペは、アルプスの少女ハイジを思い出します。(のだめカンタービレ、第4話感想は以下に続きます) ... [続きを読む]

受信: 2006/11/07 22:58

» のだめカンタービレ・第4話 [あずスタ]
このドラマではBGMとして数々のクラシック曲が流れるんだけど、その量がハンパじゃないほど多い! [続きを読む]

受信: 2006/11/09 01:51

» のだめカンタービレ・第4話 [山吹色きなこ庵~きままにコラム~]
まさに! ブラボ~~!!! めちゃめちゃ良かったです! ドラマはSオケ演奏シーン [続きを読む]

受信: 2006/11/09 22:31

» ベートーベンの交響曲第7番の●●● [芸能界最近注目の●●●]
確かに、これまでベートーベンというと、「ジャジャジャジャーン〜」の5番とか、「晴れたる青空〜」の9番しか知らなかったけど、「のだめカンタービレ」フアンとしては、7番が頭にこびりついている。 [続きを読む]

受信: 2006/11/12 15:07

« 眠りの森のアーセナル | トップページ | 『メリー・ウィドウ』(メルビッシュ音楽祭) »