« 『カルメン』(ウィーン国立歌劇場) | トップページ | 眠りの森のアーセナル »

2006/11/05

松井復調?ル・マン、逆転勝利

Ligue1_20フランス・リーグ1 第12節
オセール 2-3 ル・マン

ここ5試合、白星から遠ざかっている松井のル・マンが、今季UEFAカップに出場しているものの、リーグ戦ではやはりここ3試合未勝利のオセールと対戦しました。ル・マンはGKプレを筆頭に怪我人が多く、メンバーがかなり入れ替わっています。先発はGKロシュ、DFがオリビエ・トマ、バシャ、ルビオン、カルベ、中盤は下がり目にクタドゥール、フィシェール、トップ下にセセニョン、右サイドにバングラで、松井が左サイド、そして1トップにグラフィッチという布陣です。前節、プレーに精彩を欠き、前半途中でベンチに下げられてしまった松井ですが、最悪の状態から脱却できるのか。その奮起が期待されるところです。ジーク、ジオン!!

で、その松井が頑張りました。15分、左サイド高い位置でボールを持った松井が相手DFをかわし、ゴール前ファーサイドにいたバングラへピンポイント・クロス。これをバングラが冷静にヘディングで決めて、ル・マンが先制します。対するオセールは前半こそ連係を欠き、攻めが噛み合いませんでしたが、後半になって立て直し、攻勢を仕掛けます。そして56分、左CKのチャンスから最後アカレがぶち込んで、同点。さらに79分、アカレが右サイドからエリアに切れ込んだところを松井とセセニョンが挟んで倒してしまい、PK。これをピエローニが決めて、オセールがリードを奪います。が、その直後、今度は松井がドリブルでエリア内に突進したところで倒されて、PK獲得。これをバングラが決めて、再び同点。松井はこの後ベンチに下がりました。

ホームでどうしても白星が欲しいオセールでしたが、86分、DFカブルが危険なタックルを繰り出して、レッドカードで退場。一人少なくなって、苦しくなります。が、ベンチのジャン・フェルナンデス監督は「攻めろ!攻めろ!」の一辺倒。これが後ろに穴をあけることになります。試合終了間際のロスタイム、ル・マンのDFカルベが右サイドから攻撃参加。右のグラフィッチを使い、自身はエリア内に駆け込み、戻ってきたボールを思い切りよくシュート。GKコールが弾いたボールが左サイドに流れ、そこに走り込んで来たのがやはりバングラ。自身、このゲーム3点目となるゴールを左足で決めて、オセールを絶望のどん底に突き落とし、ル・マンに劇的勝利をもたらしました。

松井の貢献もあって、ル・マン、6試合ぶりの白星。これで調子が出る、といいのですが。グラフィッチのゴールが欲しいところですね。今後に期待したいと思います。

|

« 『カルメン』(ウィーン国立歌劇場) | トップページ | 眠りの森のアーセナル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/12560017

この記事へのトラックバック一覧です: 松井復調?ル・マン、逆転勝利:

« 『カルメン』(ウィーン国立歌劇場) | トップページ | 眠りの森のアーセナル »