« ベスト16へチェルシー、インテル | トップページ | ジャパン、W杯へ! »

2006/11/25

『スペードの女王』(パリ・オペラ座)

Dvdpiquedamebastille DVDライブラリーより。

悲惨な作曲家・・・じゃなかった、「悲愴」の作曲家、チャイコフスキーが作ったオペラは皆、どれもこれも暗い話ばかりですが、それをまたサンクトペテルブルクのマールイ・ドラマ劇場の演出家で、ロシア演劇の大御所的存在のレフ・ドージンなんかが手掛けると、もう救いようがありません。舞台一面に広がる無機質的な巨大な壁。その下部には壇状の通路が付いていて、そこを無数の人が動き回る。その手前の(舞台)床には粗末な一台のベッドが。つまり、ゲルマンは精神異常で病院に収容されている入院患者という設定です。だから着ているものは軍服などではなく、患者用の薄汚れた白い寝間着。その上に茶褐色のガウンを羽織っているという状態。物語はすべて気がふれたこの男が見た幻覚、ということなのでしょう。たしかに、こういう括り方をすると、この話、ぴったりと嵌ってしまいます。というか、こういう設定なら、何が起こっても不思議ではないところがミソ。こんなイカレた男がリーザみたいなお嬢さまと恋仲になっちゃってもまったくもって不思議じゃない、というわけ。典型的なレトリックです。でも怖いよねえ(笑)。

ただ、この公演、脇役はそれなりに充実しているんだけど、肝心のゲルマン役のガルージンが今ひとつ冴えません。その歌唱からは以前ほどの凄みが感じ取れなくなっています。舞台負け、かなあ?演技にあれこれ気を使い過ぎているのかもしれません。それとハードワーク、ここら辺りに原因があるようですね。健康のため、歌い過ぎには十分注意しましょう。

★★★

ゲルマン:ウラディーミル・ガルージン
リーザ:ハスミク・パピアン
伯爵夫人:イリーナ・ボガチェヴァ
トムスキー伯爵:ニコライ・プチーリン
エレツキー公爵:リュドヴィク・テジエ
ポリーナ:クリスティアネ・ストテイン
チェカリンスキー:フセヴォロト・グリフノフ
スリン:セルゲイ・スティルマチェンコ
マーシャ:イリーナ・チスチャコヴァ

合 唱:パリ・オペラ座合唱団
     オード・セーヌ聖歌隊
     パリ・オペラ座児童合唱団
管弦楽:パリ・オペラ座管弦楽団
指  揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
美  術:ダヴィート・ボロフスキー
衣  裳:クロエ・オボレンスキー
演  出:レフ・ドージン

[  収録:2005年6月13・16・19日、パリ・オペラ座  ]

*画像は同じプロダクションによる2001年、バスチーユでの公演の際に、パリ・オペラ座が発行したものです。リーザ役はカリタ・マッティラ、ゲルマン役はセルゲイ・ラーリン。

|

« ベスト16へチェルシー、インテル | トップページ | ジャパン、W杯へ! »

コメント

Orfeoさん、どうも私は誤解していたようで前に変なリコメントしちゃったようです。TBが上手く働かないのは私にはどうも原因がわかりません。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。
ガルージンはつい昨年の収録なのに調子が悪いんですね。今回はとてもよかったのでかなり山谷の落差が激しい人かもしれませんね。
ところで私の記事へのOrfeoさんの最後のコメントの名前をクリックするととんでもないところに行ってしまいました。orfeo.cocolog-nofty.comなんてアドレスがあるんですね。最初は意図してOrfeoさんが造ったサイトと思っちゃいましたよ。

投稿: dognorah | 2006/11/25 21:03


>dognorahさん
・・・ホ、ホントだ!なんだ、こりゃ?私の打ち間違いだとは思いますが、気味が悪いので、そちらへのコメントを入れ直させていただきました。ご報告、感謝いたします。

TBの不具合は、ココログにも大いに原因があると思います。あいスイマセンです。

投稿: Orfeo | 2006/11/25 21:31

この映像は見ていませんが、精神病の世界にしてしまえば、なんだってありですから、なんだかな・・・です。別におもしろければいいんですけど^^;

投稿: edc | 2006/11/27 07:36


edcさん、おはようございます。
いや、おもしろくないですよ(爆)。

投稿: Orfeo | 2006/11/27 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/12805298

この記事へのトラックバック一覧です: 『スペードの女王』(パリ・オペラ座):

« ベスト16へチェルシー、インテル | トップページ | ジャパン、W杯へ! »