« 『カーテンコール』 | トップページ | アーセナル、レディングを粉砕 »

2006/10/23

リヨン、マルセイユに圧勝

Ligue1_18フランス・リーグ1 第10節
マルセイユ 1-4 リヨン

マルセイユ、スタッド・ベロドロームでの首位リヨンと2位マルセイユとの直接対決。ホーム、マルセイユのGKはキャラッソ、中盤にリベリがいて、前線はニアング、パジス、ナスリ。対するリヨンはGKがベルクトル、中盤にジュニーニョ、トゥララン、シェルストレムと入り、前線はゴヴー、フレッジ(→ベンゼマ、27分)、マルダ(→ディアラ、76分)です。

20分に27mのFKをジュニーニョが決めて、リヨンが先制。GKキャラッソが一歩も動けない、見事なFKでした。フレッジがその後右足を痛めて引っ込みましたが、後半開始直後の48分には右サイドのゴヴーからのクロスを、フレッジに代わって入っていたベンゼマがゴール前で左足ダイレクトで合わせ、2点目。焦ったマルセイユの選手たちはプレーが荒くなり、56分、タイウォがマルダの背中を蹴りつけ、一発レッドで退場。一人少なくなったマルセイユですが、それでも70分にリベリがエリア手前で粘りに粘ってボールをキープ、エリア内のバモゴへと繋いで(本当はオフサイド)ゴールを奪い、1点差。なんとか追いすがりますが、78分ジュニーニョ、87分シェルストレムにゴールを決められ、力尽きました。

それにしても、マルセイユのプレーは汚くて、マルダはタイウォの足蹴りに続き、さらにかかとを踏みつけられて交代を余儀なくされたし、ジュニーニョも肘撃ちを喰らっていたし、シェルストレムまで足を狙われていました。おまけにGKキャラッソはジュニーニョのFKの後、味方の選手の甘ったるい対応に腹を立て、すっ飛んで行って突き飛ばす始末。仲間内でこんなことやってるようじゃ、このチームに明るい未来はありません。これでリヨンは2位マルセイユとの勝ち点差を8と広げ、早くも独走態勢に入りました。フレッジとマルダの負傷だけが気懸かりな状況です。

|

« 『カーテンコール』 | トップページ | アーセナル、レディングを粉砕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/12388986

この記事へのトラックバック一覧です: リヨン、マルセイユに圧勝:

» クラシコは白組の勝ち [川の果ての更に果てに]
エル・クラシコ 白組レアル・マドリーが赤(と青)組バルセロナ相手に2-0で勝ったそうです。 開始早々にラウールが、後半の早い時間帯にもファン・ニステルローイが追加点をあげ、守ってもセルヒオ・ラモスがきっちりとロナウジーニョを見て、中央はカンナバーロとエルゲラが良くやっていたそうで。まあ、エトーがいればまた違った話になっていたのかもしれませんけれどね。後半11分にデコout、ジュリーinというイマイチ分からない交替がありますが、これは交替として適当だったのでしょうか? 何といってもディアッラとエ... [続きを読む]

受信: 2006/10/23 21:11

« 『カーテンコール』 | トップページ | アーセナル、レディングを粉砕 »