« アーセナル、CLは白星発進 | トップページ | ストレーレル・オペラ演出総覧 »

2006/09/16

『チェネレントラ』

Dvdcenerentolaabbado

追悼 モンタルソロ

DVDライブラリーより。

1973年のミラノ・スカラ座でのプロダクションを元にして81年に制作されたオペラ映画。音声は1月にミラノで、映像の方は8・9月にウィーンでそれぞれ収録されている。

メルヘンチックだが落ち着いた色彩で、細部まで手抜かりのない瀟洒なセット。奇抜な衣裳を交えたポネルのシャレた演出が楽しい。緩急自在のアバドの音楽の流れに乗って、歌手陣も名唱、名演を繰り広げる。難しいパッセージもピタリと決まるので、安心です(別録りだしねw)。美しくも憂いのある題名役のフォン・シュターデはハマリ役(フィナーレの純白のドレス姿は本当に綺麗!)、義姉役のグリエルミ、ザンニーニもコミカルながら、なんだかとても素敵。周りを固める男声陣も皆充実しているが、中でもモンタルソロのドン・マニフィコは絶品だ。その表情豊かな芝居っぷり、歌いっぷりには恐れ入る。心からご冥福をお祈りいたします。

★★★★☆

ドン・ラミロ:フランシスコ・アライサ
ダンディーニ:クラウディオ・デズデーリ
ドン・マニフィコ:パオロ・モンタルソロ
クロリンダ:マルゲリータ・グリエルミ
ティスベ:ラウラ・ザンニーニ
アンジェリーナ:フレデリカ・フォン・シュターデ
アリドーロ:ポール・プリシュカ

合  唱:ミラノ・スカラ座合唱団
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団
ハープシコード:ヴィンチェンツォ・スカレーラ
合唱指揮:ロマーノ・ガンドルフィ
指  揮:クラウディオ・アバド
撮影監督:デヴィッド・ワトキン
演出・美術・衣裳:ジャン=ピエール・ポネル

[  制作:1981年、ユニテル  ]

|

« アーセナル、CLは白星発進 | トップページ | ストレーレル・オペラ演出総覧 »

コメント

ドン・マニフィコと姉娘二人はほんとうに傑作ですね。王子に化けたダンディーニが赤いばらを持って歌うところが大好きです。チェネレントラとアライサ王子さまもピッタリと役にはまって、好きです。

投稿: edc | 2006/09/16 20:36

裏話になります。
音声はスカラ座の合唱団ですが、DVDの中で演じている合唱は Bayerische Staatsoper の合唱団です。今見ると、懐かしい同僚たちの顔が見えます。(^_^) 

いろいろなスケジュールの都合でそうなったのだと思いますが、滅多にないことです。この演出はいまでもミュンヘンで上演されており次回は 2007年1月21,24日の2回です。舞台装置が大分くたびれてきておりますのでそろそろ引退かもしれませんね。このDVDで歌っているフォン・シュターデは本当にきれい!これまで何人かのメゾ・ソプラノが歌ってきていますが、やはり、バルトリが秀逸ですね。

投稿: 【篠の風】 | 2006/09/16 21:32


>edcさん
どうもです。
なんか、みんな怖いぐらいにハマッていますよね、これ^_^;;
アライサもすてき・・・(?)。
あの家の前正面の壁がスルスルと上がっていくセットも好きだなあ。

>篠の風さん
コメントありがとうございます。
バイエルンで歌っておられたんですかね。
貴重な裏話を披露していただき、感激です^_^;;

このプロダクション、まだミュンヘンで現役なんですか!
それもまた凄いなあ・・・。
次回上演の日付まで教えていただいて、恐縮です。
年明けにミュンヘンに行く人は必見ですね。

投稿: Orfeo | 2006/09/16 22:56

グリエルミ!
懐かしい!

81年に東京でやったクライバーのボエームでムゼッタでしたよね。ビデオもなかったのでテレビで1度見ただけです何か良く覚えています。もう一度見てみたいなあ。DVDにならないものか?

投稿: たか | 2006/09/18 14:43


およ?また81年ですか!(笑)
クライバー・・・ボエーム・・・
う~ん、今更ですが、是非見たいなあ、それ!

投稿: Orfeo | 2006/09/18 17:24


>また81年ですか!(笑)

そうなんですよ。私にとってのイタリアオペラはこの時に擦り込まれてしまいました。こういう情報は書き換え不可なんですね。
思い出の81年スカラ座っていうHPでも作って情報集めようかなあ.....


投稿: たか | 2006/09/19 22:59


>たかさん
そういう自分にとって契機となる重要な年って、ありますよね。私にとっては1994年がそうでした。

>思い出の81年スカラ座っていうHPでも作って情報集めようかなあ

ぜひぜひ!期待していますよ。

投稿: Orfeo | 2006/09/20 07:34

>私にとっては1994年がそうでした。

94年って言いますとクライバーのバラですか?

投稿: たか | 2006/09/20 21:33


あっ、いえいえ、94年というのは、私が欧州に初めてオペラ生体験旅行をした年でして・・・。詳しくは、こちらの94年の旅行記をご覧下さい。ただし、無駄に長いです(笑)。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~orfeo/travel_diary.htm

投稿: Orfeo | 2006/09/20 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/11916041

この記事へのトラックバック一覧です: 『チェネレントラ』:

» バス歌手のパオロ・モンタルソロ逝く [keyakiのメモ、メモ.........]
"ブッフォ"の分野でお馴染みのバス歌手パオロ・モンタルソロ Paolo Montarsolo が8月31日に亡くなったそうです。享年81歳、ご冥福をお祈りします。  1925年3月16日、イタリアのポルティチで生まれる。大学を中退して、音楽の道に進む。ナポリでE. コンティとB.ヴィンジャーニに師事し、スカラ座の研修所でも学ぶ。1700年代のナポリ・オペラを上演することで有名な"Cadetti della Scala"にも属し、"cantante-attore"の才能に注目される。1954年スカラ... [続きを読む]

受信: 2006/09/16 20:49

» 傑作!モンタルソロ! [あトンスィオン!]
この連休中にはまっているのが、ロッシーニの「チェネレントラ」=つまりシンデレラです。 ロッシーニらしくたくさんの音符で表現され、だんだん盛り上がっていくメロディがええ感じですが、その中でも、とくにすきなのが、パオロ・モンタルソロ演じるドン・マニフィコ。オペラ中で原作の継母にあたる、シンデレラの義父役です。 いじわるですこし間抜けな役を演じる姿がとっても素敵。サザエさんみたいなテーマにのって歌う登場シーンも好きだし、なにより宮殿の酒蔵で樽のみこしに担がれるシーンが最高です。 ... [続きを読む]

受信: 2006/09/18 23:17

» オペラ映画「チェネレントラ」 [プラムの部屋♪]
新年明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 元旦はとても良いお天気に恵まれて気持ち良い一年の初めでしたね。 本年が皆様にとって良い年になりますように。。 そんな願いを込めて大好きなオペラ映画を本年初投稿にさせて頂きました。   監督:デヴィッド・ワトキン   合唱及び管弦楽:ミラノ・スカ�... [続きを読む]

受信: 2007/01/02 19:20

« アーセナル、CLは白星発進 | トップページ | ストレーレル・オペラ演出総覧 »