« 初陣オシム・ジャパン~まあだだよ? | トップページ | 二人だけの「未完成交響曲」 »

2006/08/10

インテル先勝、でも1点差

Copa_libertadores_7コパ・リベルタドーレス 決勝1st-leg
サンパウロ 1-2 インテルナシオナル
(ブラジル)       (ブラジル)

リベルタドーレス杯の決勝。まずはサンパウロのホーム・ゲームです。契約切れでチームを離れることになりそうな気配だったサンパウロ、リカルド・オリヴェイラがまだいましたよ!でも、2nd-legにいるかどうかは不明、らしい・・・。ついでに、ダニーロまでいるじゃん!怪我治ったんだ・・・(爆)。

試合は開始わずかに10分、サンパウロのジョズエが相手選手に肘打ちを繰り出して、一発レッドで退場。サンパウロが数的不利となります。それでもインテルの攻撃をしのぎ、逆に絶好機まで作り出しますが、そこでダニーロが放った渾身のシュートがなぜかゴール方向ではなく、真横に飛んでいってパー。やっぱダメだ、こいつ・・・。その後39分には今度はインテルのファビーニョがラフプレー(後頭部をぶっ叩いた)でレッドカードを喰らい、退場。10対10の戦いとなります。

後半に試合が動きます。まずは54分、インテルのソビスがボールを持ち込み、目の前のサンパウロDFのファボンを左右に揺さぶってかわし、エリア・ライン上からシュートを決めます。インテル、先制。さらに62分、インテルが攻め入り、左サイドからファーサイドへのクロスをフェルナンドーンが頭で折り返し、ティンガがヘディング・シュート。GKセーニが弾き、前に跳ね返ったボールをまたソビスが押し込みました。インテル、2点目。これでインテルはディフェンスを固めましたが、それで逆にサンパウロが攻め込み易くなり、75分、右サイドからのクロスをニアサイドのエジカルロスが頭で合わせ、1点差。その後、互いにチャンスは作り出しましたが、ゴールは決まらず、1st-legはインテルの2-1という結果となりました。

アウェイのインテルが勝ったから、彼らが断然有利?でも、今年のリベルタドーレス決勝では、実は、準決勝までと違って、アウェイゴール・ルールというものが適用されません。要するに、たんに1点リードしただけの話です。2nd-legでどう転ぶか、まだまだ分かりません。ついでに、オリヴェイラが次戦、いるのかどうかも、さっぱり分かりませんねえ(爆)。でも、彼が抜けたら、サンパウロとしては相当厳しそうです。さて、どうなる?

|

« 初陣オシム・ジャパン~まあだだよ? | トップページ | 二人だけの「未完成交響曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/11369179

この記事へのトラックバック一覧です: インテル先勝、でも1点差:

« 初陣オシム・ジャパン~まあだだよ? | トップページ | 二人だけの「未完成交響曲」 »