« 『カルメン』 | トップページ | 宇宙戦争 »

2006/05/18

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

Dvdcatch_me_if_you_canせっかくのTSUTAYAキャンペーンなので(21日まで開催中)、ついでにスピルバーグ監督作品をもう一本見ました。2002年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』。実話に基づくクライム・コメディですけど、「ほんまかいな?」と思わずにはいられません(笑)。




詳細は、CineKen2-FORUMまで。
(記事番号=875、アーカイブはこちら

|

« 『カルメン』 | トップページ | 宇宙戦争 »

コメント

>「ほんまかいな?」と思わずにはいられません(笑)。
アメリカだから、ほんまじゃろーと思っちゃいました。

きのけんさんのところ、変な映像があるとスクロールするのがいやなので、そのままとんぼ返りしてます。

投稿: keyaki | 2006/05/18 13:15

こんにちは。会社から失礼します(笑)
これ、劇場に観にいきましたー。偽造やら何やらするのに神経使うんだったらさっさと自首して反省してその分別なことに費やせばよかったのに(笑)でもそれが犯罪捜査に繋がるなんて、ますます変な国ですよね、アメリカって。トム・ハンクスもそれでいいんか!?みたいな(笑)

投稿: イズミ | 2006/05/18 14:30

 …なんか、ここしばらくやたらしつこいですねえ…。見てる人の数、そんなに多いとも思えないけど…。なんか、Infoseekは何の対策も立ててないみたいだね。僕みたいにしょっちゅう更新してない人のところなんて悲惨なことになってるかもね。
 あれでいて、あすこのブログ同様、Infoseekでは他のサイトから引っ張ってくる画像は受け付けないことになってるんだから、驚いちゃいますよねえ…。
 その点、ココログやkeyakiさんのso-netはちゃんと定期的にメンテナンスやってるだけでも信用できるんじゃない?…。
 そういや、ついでに…。keyakiさんのところに出ているフィレンツェのロンコーニ版《ファルスタッフ》ですけど、舞台写真から見ると、舞台美術が相変わらず建築家のガエ・アウレンティみたいなんですけど違います?…。ガエ・アウレンティってのは、例のしばらく前東京で問題になってた真っ赤っ赤なイタリア文化会館を設計した人。Orfeoさんがご覧になった《ヴェニスの商人》はマルガリタ・パッリでしたが、一頃ロンコーニの美術番はこの人ばっかりでした。レンツォ・ピアノなんかと共に現代イタリアを代表する建築家ですね。パリではオルセイ美術館の内装の一部を担当してます。
きのけん

投稿: きのけん | 2006/05/18 16:19

きのけんさん、ポルノ退治お疲れさんです。

>フィレンツェのロンコーニ版《ファルスタッフ》
マルゲリータ・パッリ Margherita Palli というスイス出身の人のようです。1984年ごろから、ロンコーニとお仕事しているようです。
こちらでも紹介されているスカラ座のトスカもロンコーニと彼女ですね。
http://orfeo.cocolog-nifty.com/orfeoblog/2005/09/post_dcec.html
今シーズンも再演したようですが、この舞台なんか、全体が見事に歪んでいて、いかにも建築家っぽいというか、建築の知識ガ必要な感じの舞台ですけど、建築家ではないようです。

投稿: keyaki | 2006/05/18 17:07


>keyakiさん
こんにちは。

やっぱりとんぼ返りですか。こんな状態が続くようなら、そろそろCineKen2-FORUMにアップするの、やめようかな?こっちのブログに映画ネタをあまり持ち込みたくないんだけどなあ・・・。

>イズミさん
会社からようこそ^_^;;

なんともアメリカ~ンなお話ですよね。結局その後FBIに協力して、小切手偽造犯罪の権威になったなんていう話を聞かされても、面白くもなんともないんですけど・・・(笑)。そういや、フランスで逮捕される場面で、大勢の警官の中にフランク・アバグネイル・ジュニア本人が混じって、カメオ出演してるそうですね。たんなる目立ちたがり屋?(爆)

>きのけんさん
ポルノ撲滅運動、頑張ってください(笑)。

投稿: Orfeo | 2006/05/18 17:44

 …そうそう、Orfeoさんがご覧になった《ヴェニスの商人》の舞台美術をやったのがそのマルゲリタ・パッリです。アウレンティ女史とよく似た建築家的感覚の装置を作る人です。アウレンティ女史の方は最近あまり出てこないみたいですが、本業の建築の方が忙しいのかも?…。例の、ライモンディ主演のパリ・ガルニエの《ボリス…》の舞台がエミール・アイヨーという有名な建築家ですね(ジル…はその息子で、こっちは画家)。うん、建築家の作る舞台というのは、普通の美術家が作る装置と発想がちょっと違うみたいね。
きのけん

投稿: きのけん | 2006/05/18 21:47

 ウチのサーバーがここしばらくさかんに攻撃を受けているみたいで、店子たちは大迷惑ですが、早速アーカイヴ化しました。こっちの方は普通のウェブサイト、おまけにフランスに置いてあるのでアダルト・サイトはおろか広告は一切出ません(爆)。
 「CineKen2」下線が表紙ページ(サイト内の方々へ行くのにはこっちが便利。直接飛ぶならこっち↓です。
http://perso.wanadoo.fr/kinoken2/cineken2/cineken2_cont/cineken2_archive/forum0603.html#875

CineKen2

投稿: きのけん | 2006/05/20 20:18

 上の「CineKen2」下線はBBSに飛んじゃうんで、今度のヤツが本当です。
CineKen2

投稿: CineKen2 | 2006/05/20 20:23


CineKen2さん、早速のアーカイブ化、ありがとうございます。

せっかくだから、一つお願いしていいですか?私の投稿時のミスなんですが、下のパラグラフの途中で、文章の途中で改行が入っちゃっってる部分(「家族の繋がりと安らぎを求める弱い人間」がありますよね。ここの改行を解除して繋げていただけると、大変ありがたいです。
ついでにもう一つ。《ターミナル》のほうのストーリー紹介の部分でも、間が一行空いちゃっているんで、そこを削除していただけると、天にも昇るぐらい嬉しいです^_^;;
よろしくお願いします。

投稿: Orfeo | 2006/05/21 13:20

 了解。どうもこちらのタイプミスだったらしい…。早速校正しときます。
CineKen2

投稿: きのけん | 2006/05/21 18:09


>きのけんさん

校正ありがとうございます。昇天しました(笑)。

投稿: Orfeo | 2006/05/21 19:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/10124156

この記事へのトラックバック一覧です: キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン:

« 『カルメン』 | トップページ | 宇宙戦争 »