« ロビンフッドの冒険 | トップページ | 松井大輔、同点アシスト! »

2006/05/01

チャーリーとチョコレート工場

Dvdcharlie_1 黄金週間スペシャル、映画DVD企画第2弾は、昨年公開されて大ヒットを記録した『チャーリーとチョコレート工場』。時流に完全に乗り遅れているような気がするけれど、第1弾の1938年に比べりゃ、十分ナウい。(←死語)



というわけで、詳細はCineKen2-FORUMまで。
(記事番号=832、アーカイブはこちら

 

|

« ロビンフッドの冒険 | トップページ | 松井大輔、同点アシスト! »

コメント

Orfeoさん、こんばんはー☆
映画館に観に行きましたよ「チャリチョコ」(←と友人が略してました)
子供向けな映画かなーと思ってましたが、けっこうグロいというか毒っぽいところが多かったですよね…みんなチョコレート嫌になるんじゃないか、と余計な心配をしたものです(笑)
映画を観たあとはウンパ・ルンパ(でしたっけ?)の音楽が頭から抜けず、頭上で誰かが踊っている錯覚に…(危)

投稿: イズミ | 2006/05/02 22:29

イズミさん:

>みんなチョコレート嫌になるんじゃないか

…そういうのっていけません!(笑)。僕のbbsで僕の贔屓のパトリック・ロジェを出して、keyakiさんがジャン=ポール・エヴァンで応えてきたから、もう一つ以前の贔屓で…最近はリヨンに行くことがさっぱりなくなっちゃったもんでご無沙汰なんですが、リヨンのベルナション(>リンク↓)がいいです。一頃リヨンのお土産は毎回ここのチョコレートと決めてました。ここはカカオ豆を挽いて煎るところから全部自分のところでやってます。ボキューズからアラン・シャペルまで、リヨン近辺の料亭のチョコレートを全部一手に引き受けてますね。

http://www.bernachon.com/maison.htm

 リヨン土産といえば、それと、こっちは鮮度が勝負なもんで、帰る日の朝買って持って帰るんですが、アンドゥイエットと呼ばれる臓物ソーセージ、それから川かますの身で作ったクネルという、ハンペンと蒲鉾の中間みたいなやつ。どういうわけだか、リヨンで買うものがやたら美味しいんだよね。パリで売ってるのは両方共だいたいインチキなんだ。
きのけん

投稿: きのけん | 2006/05/03 07:06


>イズミさん
こんにちは。
今度は「チャリチョコ」ですか。イズミさんには、いろんな略称を教わるなあ!(爆)

そうですね。『2001年宇宙の旅』はまだしも、『サイコ』のパロディなんて、お子ちゃまたちには分かるまい、なんて感じでしたね。
ウンパ・ルンパの幻覚症状、まさに私は今、その真っ只中にあります。尾を引きますよね、あれ!ふと気を抜くと、あの妙に懐かしい音楽と、ウンパ・ルンパのださださダンスが頭をよぎるので、非常に迷惑です(笑)。

>きのけんさん
リヨンのベルナションですか。メモっとこ!(笑)

投稿: Orfeo | 2006/05/03 08:07

チョコレートはカカオが命じゃないですか。そのカカオが南米の原産地でも品種改良が進み、たくさんとれるけれど味が落ちてしまっているそうです。それで、品種改良されていない、原種っていうのかな、それを南米の奥地にさがしに行く日本人のことをTVでやってました。現地の業者が、原種と改良種の豆を混ぜてしまうので、直接、原種を育てている人をさがさないと、いいカカオ豆が手に入らないそうです。
フランスの有名チョコレート屋さんが出てきて言ってましたが、豆を買い付けるのではなく、契約して、原種のカカオの木を育てさせているそうです。美味しいはずですよね。

>みんなチョコレート嫌になるんじゃないか
まさか、私の想像通り、「ソイレント・グリーン」ってことはないですよね。

投稿: keyaki | 2006/05/03 10:43


keyakiさん、どうも。

う~む、きのけんさんやkeyakiさんのお話を伺ってるだけで、わたしゃ虫歯になりそうです^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/05/03 16:42

>きのけんさん
リヨンの名物にチョコレートがあるんですか!知りませんでした。カカオ豆から挽いてるって、すごいですね!最近はカカオ度が高いものが健康にいいと言われてますが、これはどうなんでしょうね?きっとミルクとかお酒など入れていると思うので、そんなに高くはないと思うのですが。カカオ80%以上のものはもぅヤバイですよ。薬みたいな味がします…

>Orfeoさん
高度なパロディ多かったですよねー(笑)大人でも苦笑ってカンジで、映画館はけっこう寒かったです…。あの映画のサントラなんて聴いた日にゃあもぅウンパ・ルンパにとり憑かれます(笑)前、タモリがやってたコーヒーのCM、あれに似てませんでした?(笑)

投稿: イズミ | 2006/05/04 19:03


イズミさん、どうもです。

へえ~、意外と寒々しい感じだったんですね。大評判になっていたから、映画館の中はすっかり盛り上がっていたのかと思ってましたよ。私としては、あのノリは嫌いじゃないな^_^;;
タモリのCM、そういや似た感じでしたかね・・・。

投稿: Orfeo | 2006/05/04 22:32

 おお!まだ続いてる。Orfeoさん、もう虫歯確定ですねえ(笑)。

>イズミさん

 フランスでは法律で規制がありましてカカオ度?%以下では「チュコレート」という名称を付けられなくて「カカオ入りお菓子」という商品名になっちゃうんです。そういや、そういうのいっぱい売ってるな「なんとか・ショコラテ」とかいうヤツ…。
 確かに、こちらでもカカオ度が高いほどいいという偏見がありますが、おっしゃる通り、あれは程度の問題なんで、あまり強烈なのだけを売り物にしている、一粒食ったら鼻血ドビャーなんて店は下品だと思う(だからパトリック・ロジェなんです。エヴァンやベルナションのも配合が絶妙ですよね)。
 そういやベルナションも日本に出店を持ってますよ。

>keyakiさん

 そのルポ、同じようなのをこっちでもやってました。現地の農園と直接契約して、こっちの注文のものを指定して作らせてるんですよね。それって、こっちの高級料亭のやり方ですよね。農家と直接契約して、注文で作らせてる。ボキューズみたいに自分の農園を持ってるところもあるけど…。だから大メーカーに廻っていくカカオはカスばっかりだと言ってましたが、本当かなあ?…。そういや、スーパーなんかで売ってる板チョコの味がすごく落ちてる気もするけどねえ…。
きのけん

PS:映画を検索してて、このページがヒットしたらビックリだよね。皆、チョコレートの話ばかりしてる(笑)。ちなみに orfeo.blogはフランス版 GOOGLEでもちゃんと検索してくれます。ページにアルファベットでキーワードを入れておくと一発ですね。

投稿: きのけん | 2006/05/08 21:32


虫歯には神経質なOrfeoです(爆)。

フランス版Googleでこちらのブログを拾ってくれているという話を先日きのけんさんからメールで伺いましたので、「Google、やるじゃん!」ということで、左枠の検索コーナーで長いこと封印していたGoogleのサイト内検索を復活させました。御用の際にはお役立てください^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/05/08 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/9850749

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

« ロビンフッドの冒険 | トップページ | 松井大輔、同点アシスト! »