« ル・マン、マルセイユとドロー | トップページ | ジーコ・ジャパン、南米に初勝利 »

2006/03/30

『こうもり』(グラインドボーン音楽祭)

Dvdfledermausglyndebourne DVDライブラリーより。

モダンなセットがくるくる回転して繰り広げられる《現代版こうもり》。若手から超ベテランまで、出演者の顔触れはなるほどバラエティに富んでいる。ベルイマンのパパゲーノ、ハーゲゴードがファルケ博士なんかやってるよ!でも、適材適所とはちょっと言い難いのも事実。中でも、トーマス・アレンの堅苦しいアイゼンシュタインにはかなり興醒めだ。ユロフスキの音楽は威勢がいいが、ヨハン・シュトラウスらしい軽妙洒脱さには程遠い。舞台も沈んだ色調でまとめられているので、なかなか弾けてくれない。重苦しい雰囲気の《こうもり》なんて、聴きたかないし、観たかない(笑)。

★★

アイゼンシュタイン:トーマス・アレン
ロザリンデ:パメラ・アームストロング
フランク:アルトゥール・コルン
オルロフスキー公:マレナ・エルンマン
アルフレート:ペール・リンドスコーグ
ファルケ:ホーカン・ハーゲゴード
ブリント:ラグナル・ウルフング
アデーレ:リュボフ・ペトロワ
フロッシュ:ウード・ザメル
イーダ:ルネ・シュッテングルーバー

出  演:グラインドボーン劇団・バレエ団
合  唱:グラインドボーン合唱団
管弦楽:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:ウラディーミル・ユロフスキ
演  出:スティーヴン・ローレス

[  収録:2003年8月17日、グラインドボーン音楽祭歌劇場  ]

|

« ル・マン、マルセイユとドロー | トップページ | ジーコ・ジャパン、南米に初勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/9309236

この記事へのトラックバック一覧です: 『こうもり』(グラインドボーン音楽祭):

« ル・マン、マルセイユとドロー | トップページ | ジーコ・ジャパン、南米に初勝利 »