« チーム青森、優勝! | トップページ | 松井、同点アシスト!ル・マン、逆転勝利 »

2006/03/13

『マイ・ウェイ・オブ・ライフ』(シャトレ座)

cd-takemitsu DVDライブラリーより。

「パリ・シャトレ座プロジェクトⅡ」と銘打たれた東京での公演のライブ映像。1996年に惜しくも亡くなった作曲家、武満徹氏の代表的作品を基に、氏が念願しながらついに成し得なかった〈オペラ的なるもの〉の夢を再生しようとした試みである。ちなみに、現シャトレ座総監督ジャン=ピエール・ブロスマンは、前職のリヨン・オペラ座支配人当時、武満氏にオペラを委嘱した経緯がある。この舞台は、そのブロスマンや、そこでコンビを組んでいた指揮者ケント・ナガノたちからの武満氏へのオマージュである。プロダクション初演は2004年10月ベルリン州立歌劇場、パリ公演が2005年1月だった。

全体は明確なストーリーを持たないが、死を前にした孤独な老女が自分自身の人生を回想するという大まかなラインの中で、夢幻的な世界が展開していく。宇宙人みたいな小人、ぬいぐるみ、ポップな少女たちなどを繰り出しながら、暗く、内省的な舞台をムスバッハが作り上げている。登場してくる音楽は以下のとおり。「弦楽のためのレクイエム」、「ノヴェンバー・ステップス」、「マイ・ウェイ・オブ・ライフ」、「系図~ファミリー・トゥリー」、映画『他人の顔』よりワルツ、そして武満氏が作曲家を志すきっかけとなったシャンソン「Parlez-moi d'amour」や「想い出のサンフランシスコ」といった曲、等々。

★★★

少女:メラニー・フーシェ
女優:ジョルジェット・ディー
老女:クリスティーネ・エースタライン
バリトン:ドウェイン・クロフト

尺  八:三橋貴風
琵  琶:田中之雄
打楽器:山口恭範
ギター :鈴木大介
合  唱:東京オペラシンガーズ
管弦楽:ベルリン・ドイツ交響楽団
指  揮:ケント・ナガノ
美  術:エーリヒ・ヴォンダー
衣  裳:石岡瑛子
照  明:アレクサンダー・コッペルマン
演  出:ペーター・ムスバッハ
共同制作:ベルリン州立歌劇場

[  収録:2005年4月14日、東京文化会館大ホール  ]

*本来は〈オペラ〉のカテゴリーに入る内容ではありませんが、武満徹氏へのオマージュとして、あえてこの中に入れさせていただきます。尚、画像はこの公演とは関係ありません。

|

« チーム青森、優勝! | トップページ | 松井、同点アシスト!ル・マン、逆転勝利 »

コメント

 おお、もう出たんですか!
 本当は武満のオペラは、リヨン歌劇場が《カルメン》を日本に持って行った時に、リヨンでの世界初演に続き日本初演をやるはづだったんです。武満がオペラ執筆を始める前からそこまで決まっていたんだから、作曲家としてはちょっとやりきれないよねえ…。

 いえいえ、これだってオペラのカテゴリーに入りますよ。何故なら…:

>きのけん=ブーレーズさんご自身のオペラはどうなっ
>ています?(…)
>ブーレーズ=…オペラ…はねえ。従来の形ではまずい
>し…。《レポン》を私のオペラと見做してくださって
>も結構ですよ。(…)
(2000年5月25日、パリ音楽都市:ワーグナーML独インタビュー [wagner 2056]より抜粋)

それから、この作品の形態に直接インスピレーションを与えたのは多分ブルーノ・マデルナの《ヒュペリオン》(1991)じゃないかと思います。マデルナもオペラを書こうと思いつつも果たせず死んだ作曲家なんですが(そういや、彼がリバーマン時代のハンブルクで振った《ヴォツェック》の映像が残ってますよ。手に入ったらいつか採り上げてください)、そのヘルダーリンを使った音楽の断片を作曲家で指揮者のペーター・エトヴェシュが編集し直して音楽劇に作り直したものがあるんです。パリでは、同じくヘルダーリンに憑かれた演出家クラウス=ミヒャエル・グリューバーの演出で上演されたんです。詳しくは以下から…。こちらは白水社『ふらんす』誌(1992年2月号)に載ったものです。

http://magicdragon-hp.hp.infoseek.co.jp/KK/kinoken_file00/france/france_92.html#1992-02

きのけん

投稿: きのけん | 2006/03/13 17:36


きのけんさん、コメント並びにお墨付き、ありがとうございます。
そうですか。《レポン》、あれもオペラなのかあ・・・(笑)。
ちなみに、この『マイ・ウェイ・・・』の映像はまだ市販化されてないんじゃないかな?私のはBSで放送されたやつです。シャトレ座がDVD出しそうですけどね。どうかな?
ハンブルクのオペラ映像は最近盛んにDVDが市場に出回ってますね。『ヴォツェック』も見掛けたような気がします。今度、タワーにでも行ったときに探してみます。

投稿: Orfeo | 2006/03/13 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/9051006

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・ウェイ・オブ・ライフ』(シャトレ座):

« チーム青森、優勝! | トップページ | 松井、同点アシスト!ル・マン、逆転勝利 »