« 『山猫』を観た | トップページ | ル・マン、マルセイユとドロー »

2006/03/28

ドログバのリベンジ大作戦

Premireleague プレミアリーグ 第28週
チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ

前節、フルアムとのウェストロンドン・ダービーを落としたチェルシーですが、2連敗はしないところがこのチームの強さです。ドログバの2得点でシティを退けて、プレミア制覇に向けて、また一歩近付きました。

チェルシーの前線にはジョー・コール、ドログバ、そしてダフ。圧倒的にチェルシーが支配しながらゲームは進んでいきます。どこまでシティが持ち応えられるか、そこが見所でした。が、結局持ったのは30分でした。その30分、シティ陣内中央のグジョンセンからペナルティ・エリア内左サイドのドログバへボールが渡り、ドログバが中に入ると見せ掛けながら外に切り返してDFをかわし、シュートをぶち込みます。1-0。

そのわずか3分後、チェルシーの右CKのチャンス。いったんは跳ね返したシティでしたが、ボールがまたゴール前左サイドに戻ってきたところをデルオルノが難しい態勢から頭で中に送り返し、これをドログバが腕トラップ(?)で落として、そのままシュートを決めます。フルアム戦で不可解なハンド判定でゴールを取り消されたドログバですが、今回はその復讐を果たしました。でもさあ、やっぱりさあ、世界はそれをハンドと呼ぶんだぜい!(笑)とにもかくにも、2-0。

前半終了のホイッスルが鳴った後、シティのセンターバックのディスタンが主審になにやら話し掛けていましたが、それに対し主審は落ち着いてイエローカードを提示。これが2枚目でディスタンは退場処分。ドログバの2点目のゴール・シーンに関して抗議していたんでしょうけど、彼の退場とともに、このゲーム自体が終了してしまった感じです。

ただでさえ劣勢だったのに、さらに一人少なくなってしまったシティに、後半チェルシーを追い込む余力など、もはやありません。頼みのFWヴァッセルも空回りしっぱなし。むしろ後半、よくチェルシーに追加点を奪われなかったもんだという内容でした。GKジェイムス、よく頑張ったよ。でも、こんな攻撃陣じゃ、報われないよねえ・・・。

|

« 『山猫』を観た | トップページ | ル・マン、マルセイユとドロー »

コメント

はじめまして
トラバ さんきゅうです☆
連敗しなかったのが大きかったですね、これでプレミア制覇に向けて一歩また進みました
ユナイテッドがちょっと不気味ですが、FA杯とプレミア2冠目指して応援しましょう!!

投稿: シェリ | 2006/03/29 08:40

「応援しましょう!!」・・・かぁ。

シェリさん、はじめまして。コメントありがとうございました。チェルシー・アンチのOrfeoと申します(爆)。
ユナイテッドが不気味ですか?私は大丈夫だと思いますよ。むしろ、FA杯の準決勝、リバプール戦が気になります。見たいなあ、この試合!

投稿: Orfeo | 2006/03/29 12:11

トラックバックありがとうございました。
確かに2連敗してしまうと
いくら1位といっても危なくなってしまいますよね。
ハンドっぽいドログバのプレー見たかったです。

投稿: noriko | 2006/03/29 21:43

norikoさん、どうもです。
まったく、なんであの身体の向きでボールを止めることが出来るんだ?という驚異的(?)なプレーでした^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/03/30 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/9297465

この記事へのトラックバック一覧です: ドログバのリベンジ大作戦:

« 『山猫』を観た | トップページ | ル・マン、マルセイユとドロー »