« インド戦~得点ラッシュ?いや、ミスの嵐 | トップページ | バルサ、チェルシーに先勝! »

2006/02/24

『トゥーランドット』(ソフィア国立歌劇場)

*荒川静香選手、金メダルおめでとう!

dvd-turandot-sofiya DVDライブラリーより。

ブルガリアのソフィア国立歌劇場の来日公演の映像。舞台中央に中国風の紋様が入った小ぶりの円形舞台、その奥左右にジグザグ状の通路が上に伸び、真ん中の宮殿へと繋がっている。来日公演らしい、コンパクトにまとまった瀟洒な舞台だ。日本では知名度の低い歌劇場ということもあって、集客のためにリューに佐藤しのぶの起用ということになったのだろうが、その馬鹿馬鹿しいほどの紋切り型の演技、演出には唖然とする。全体が薄暗い舞台なのに、彼女の周りだけは妙に照明が明るい。そこまでやるか、普通?(笑)
ディミトローヴァのトゥーランドットといえば、20年以上前のアレーナ・ディ・ヴェローナの映像で堪能した記憶があるが、さすがにもう衰えが目立つ。音程もふらつき気味だ。対するカラフのツヴェターノフは張りのある伸びやかな歌唱を披露していて、なかなか見事。プロイエッティの指揮がやや淡白なのがちょっと残念か。

★★★

トゥーランドット:ゲーナ・ディミトローヴァ
カラフ:ボイコ・ツヴェターノフ
リュー:佐藤しのぶ
ティムール:ニコラ・ギューゼレフ
ピン:セヴェル・バルネア
パン:ニコライ・パヴロフ
ポン:ミレン・ボシュコフ
皇帝アルトゥム:ボリス・ボグダノフ
役人:ストイル・ゲオルゲエフ

合  唱:ソフィア国立歌劇場合唱団、TOKYO FM少年合唱団
管弦楽:ソフィア国立歌劇場管弦楽団
指  揮:ジョルジョ・プロイエッティ
美術・衣裳:ヨアンナ・マノレダキ
演  出:プラーメン・カルターロフ

[  収録:2000年12月11日、東京文化会館  ]

*村主章枝選手も4位入賞おめでとう!素晴らしかったです。

|

« インド戦~得点ラッシュ?いや、ミスの嵐 | トップページ | バルサ、チェルシーに先勝! »

コメント

orfeoさん、おはようございます。
今、荒川選手の表彰式やってるところですよー☆
そしてトゥーランドット、タイミングよすぎです!!
荒川選手、貫禄ありましたよね。演技している間も気が強そうな顔してて(笑)テレビに食いついてしまいましたよv
トゥーランドットのサビ?の部分、大好きです。
改めて聴きたくなりましたよ~
今日は荒川DAYになりそうですね(笑)

投稿: イズミ | 2006/02/24 07:15


イズミさん、おはようございます。
清々しい朝ですね!

>トゥーランドット、タイミングよすぎです!!
もちろん、狙って出した記事ですから・・・(笑)

荒川選手も凄いけど、村主選手も忘れずに!
(もう一人は忘れていいから)

投稿: Orfeo | 2006/02/24 09:02

いやー、もう朝から号泣でしたわ!
荒川さんの、レベル4をとるための苦しい日々、なかなか審判に4ととってもらえなくて、浅田真央ちゃんに負け続けた日々・・・。
でも、この大舞台で、立派にレベル4を連発してくれました。
もう、それだけで涙、涙です。
村主さんは、魅せてくれましたね!
スルツカヤより点が低かったのは、点につながる技が少なかっただけで、魅せるという部分では、勝っていましたよ。
もーう、二人とも、それぞれ自分自身ができることを存分に出してくれました。
私も今日からがんばろうっと。

投稿: Miyajima | 2006/02/24 11:55

 キャ~♪

ひょっとして・・・と思って来てみたら、やっぱり♪
素晴らしかったですね~。。
も~朝から大興奮!大感動!
涙涙でした~><
TBしちゃおうかな♪

投稿: プラム | 2006/02/24 12:21


>Miyajimaさん、
コメントありがとうございます。

そうですね、荒川選手はこの日のために節制を重ね、厳しい練習を耐え抜いてきただけあって、その演技もシャープで、余裕と風格に満ちていました。堂々の金メダルだと思います。
村主選手の「魅せる」演技もまた素晴らしいですね。今回の曲もよかったとは思いますが、本当は彼女のような情感溢れる大人の演技が出来る人にこそ『蝶々夫人』を使ってほしかったです。

>勘のいいプラムさん、
こんにちは。TBありがとうございます。
大感動の朝でしたね。勇気と元気をいっぱいもらいました^_^;;

TB返しに伺います。

投稿: Orfeo | 2006/02/24 13:08

初めまして。
農家の本棚運営者の玲治です。

良さそうなブログですね。
応援クリックしておきました。

またお邪魔します。

投稿: 玲治 | 2006/02/24 15:22


玲治さん、どうもはじめまして。
コメント&クリック、ありがとうございます。
勝手なことばかり書いている、いいかげんなブログですが、
どうぞ今後ともよろしくです。

投稿: Orfeo | 2006/02/24 17:32

あー、トゥーランドットってオペラなんですね。
やたらTVで言うけど何だろって思ってたんですよ。
荒川さんはほんと風格がありましたね。生放送で見れて良かったです。

投稿: siesta | 2006/02/25 03:22


siestaさん、どうも。
そう、オペラ、しかも、イタリアを代表し、世界中の人々から愛されているプッチーニのオペラです。よかったでしょ?(笑)荒川選手も、ホント素敵でした。

投稿: Orfeo | 2006/02/25 08:07

こんにちは。
荒川選手の演技は本当に素晴らしかったですね。
「トゥーランドット」はオペラの方は見てませんが、曲は大好きでよく聴いてます。
確かに、「蝶々夫人」をあの人が使うのは『曲が可哀そう!』と思いながら見てました。
遅まきながらTBさせていただきます。

投稿: 鱈伊野 | 2006/02/25 08:31


鱈伊野さん、TB&コメント、ありがとうございます。

ねえ!そう思うでしょ?あんな子どもが使うような曲じゃないんだああああ!(爆)

投稿: Orfeo | 2006/02/25 12:53

こんにちは、はじめまして。
operaの内容とても詳しく載っててとても素敵なページですネ。
またちょくちょくお邪魔しますので宜しくお願いします。

投稿: miyabi | 2006/02/26 11:16


miyabiさん、どうもはじめまして。
嬉しいお言葉、ありがとうございます^_^;;
好き勝手なことばかり書き連ねているブログですが、
どうぞ今後ともよろしくです。

投稿: Orfeo | 2006/02/26 13:21

 わースゴイっすねえ、オリンピック込みとなると!(笑)。《トゥーランドット》も妙なところで有名になったもんで…。

>そこまでやるか、普通?

 あのオペラ座ならやるさ(笑)。パリに客演した時見てるんですが(1970年代末)、まあまあ、よくこんなのパリに持ってくるなあ!…って感じでしたよ。シャンゼリゼ劇場だったから、多分ツアー用の簡易装置を立てたんでしょうが…。ただ、あのオペラ座からは結構優秀な歌手が出てるからねえ…。Orfeoさんのご贔屓カサロヴァもここの出身じゃなかったっけ?…。このディミトロヴァやアンナ・トモヴァ=シントウ(ブルガリアじゃあ「シントヴァ」)なんかも出てた。ギューゼレフも…。
 …なんだけど、驚いたのはヴェルディ《ナブッコ》の時で、なんかおかしいんだよね。あれー?…なんか思って聴いてたら途中で判った。なんと、主役連中がイタリア語で歌ってる背後で、合唱や脇役がブルガリア語で歌ってるんだよねえ…。昔そういうことがあったというのは噂でこそ聞いてましたが、実演でぶつかったのはあれが最初で最後…。まさか、これは合唱だけブルガリア語なんてことはないよね。日本の少年合唱団も混じってるし…。多分エミール・チャカロフがやっていた時代に根本的に変わったんじゃないかと思うんですが…。
 でも、ソフィアなら、佐藤しのぶなんかに出てもらわなくったって、相当なキャストが組めるはづだけどねえ(笑)…。ホント、昔からあすこいら辺りは声の宝庫なんだよね。
きのけん
 
 

投稿: きのけん | 2006/03/01 04:12


きのけんさん、ありがとうございます。やっとこの項目、ソフィア国立歌劇場や歌手に関してコメントが付きました(爆)。

ブルガリア語とイタリア語混在の公演かあ!たしかに話には聞いたことがありますが、お耳にかかったことはないなあ・・・。興味津々?(笑)

投稿: Orfeo | 2006/03/01 19:49

(爆)…。
 Orfeoさんがこのブログを始めてから(もう1周年は過ぎたっけ?…)いつも思ってたんだけど、このオペラ=サッカーっていうコンセプトね、僕の知人でこのコンセプトを地でいってる人がいるんだ。当時よく一緒に仕事をしていたパリ国立歌劇場のプレス担当責任者だったマリ=テレーズ・オーラスさんなんです。そういや、当時よく彼女リヨンに帰りたいなんて言ってて、しばらくしたらリヨン歌劇場の広報責任者としてあっちに移ってったお陰で、僕はリヨンもお木戸ご免になっちゃったという余得があったんですが(おまけにパリからの交通費まで負担してくれるという優遇ぶりだったんだ)、ついしばらく前に気が付いたんですけど、彼女、オランピック・リヨネのジャン=ミシェル・オーラス会長の奥さんなんだよねえ…。
 …というサッカー=オペラ共存の例もあるんですよ。
きのけん

投稿: きのけん | 2006/03/02 16:50


前のブログを始めたのが去年の4月2日でしたから、あと一月で一年になります。よく続いてますよね(笑)。

そのオーラスさんのサッカー=オペラ共存の話は凄いなあ!今度私がリヨンを訪ねる際には、ぜひ紹介してほしいものです^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/03/02 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/8800571

この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥーランドット』(ソフィア国立歌劇場):

» 金メダル〜>< [プラムの部屋♪]
 本日は午前三時に目覚ましをかけていたハズなのに・・・ ハッと目が覚めたら午前五時半・・・ ミキティの演舞に間に合わなかった・・・ あ〜でも。。 素晴らしかったですね〜荒川選手 歌劇「トゥーランドット」のメロディに乗って氷上を舞うスノー・プリンセス 本当になんて幸せそうな表情・・・全身から溢れる歓喜 まるで「滑れることが嬉しいの あ〜幸せ」って言ってるみたい・・・。 観ていて�... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 12:22

» クール・ビューティー [ぺんぎんさんのひとりごとダイヤリー]
彼女は、クール・ビューティーと呼ばれているそうだ。 そんな彼女、荒川静香選手(もう、さんと呼ぼう)の満面の笑顔がはじけた。 トリノ・オリンピック、女子フィギュア・シングルで、荒川さんは見事に世界の頂点に立ち、金メダルを獲得した。 今大会、日本人選手で初のメダル(それが金)! フィギュアで、日本人選手で初の金メダル! フィギュアで、アジア人選手で初の金メダル! そうだ、あの伊藤みどりさんも、アルベールビル大会で銀メダルだった。 大好きな八木沼純子さんも、カルガリー大会で14位だった。 同じ金メダ... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 16:37

» 荒川 金メダル [陸上==長距離練習日記--ダイエット]
トリノ冬季五輪第14日の23日、フィギュアスケートは女子フリーがあり、荒川静香が圧巻の演技で191.34で優勝、村主も実力を発揮し175.23で4位、安藤は4回転ジャンプで転倒し140.20で15位だった。サーシャ・コーエン(米国)もジャンプの転倒が響...... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 19:11

» 荒川静香さん 金メダルおめでとう! [ドラゴン*まつばやし*ブログ]
歌劇「トゥーランドット」。曲の流れにぴったしのスケート。涙x100!でした。 疲れて、風邪引いていて、やっと今観ました。カメラでVTRとりました。UPしたいのですが、無理だね!(笑)でも、言うことなし。荒川さん、おめでとう。ついでに、私もプリンタも完全復活!! ... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 22:54

» 祝!祝!祝! [つれづれるっ鱈]
ああ、劇的だったね。 トリノでメダルがとれないとれない、と不振が続く中、 日本初のメダルが冬季の華女子フィギュアでしかも金メダル! 劇的だ、そして荒川選手には本当にお疲れさまで素晴らしい演技をありがとう、と言いたい。 選曲もよかったね。それにショートもそうだったけど、曲と演技がぴったりハマッていたし…… 「トゥーランドット」はいい曲だよ、演技とあわせて見てたら涙でそうになったもん。 ふうぅ〜、ダンナ起こした時間に丁度ライブ中継やっててちょっとラッキー でも眠い。... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 08:36

» フィギュアスケート(女子) [私の趣味日記]
 6時ちょっと過ぎに起きたから、ミキティの演技は観れなかった{/hiyo_cry1/}でも観ていたお母さん曰く、4回転どころか壁にぶつかるし尻もち何度もつくし終わった後の態度もふてぶてしかったらしい{/hiyoko_cloud/}  エレン選手 スイス・・・ちょっと失敗してたけど、この女の人とっても可愛い{/face_en/}  サンシャコーエン選手 アメリカ・・・思い切りこけたー{/ee_1/}{... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 08:50

« インド戦~得点ラッシュ?いや、ミスの嵐 | トップページ | バルサ、チェルシーに先勝! »