« バルサ、チェルシーに先勝! | トップページ | 『ルスランとリュドミラ』(キーロフ歌劇場) »

2006/02/26

聖火台の火が消える・・・

torino2006最終日

数々の興奮と感動のドラマを生んできたトリノ・オリンピックも、とうとう最終日を迎えました。聖火台の火が消える日ってのは、やはりどこか寂しいものです。

結局このブログではほんの僅かしか記事を出せませんでした。だって、どれもこれもメッチャオモシレー状態で、とても一本一本記事を書いているヒマなどなかったからです。開会式はもちろん、アルペンもノルディックもジャンプもモーグルもスノボーもクロスカントリーもスピードスケートもショートトラックもボブスレーもリュージュもスケルトンもカーリングもエアリアルもバイアスロンもアイスホッケーも、そしてもちろんフィギュアも、みんな思いっきり満喫させていただきました。選手のみなさん、お疲れ様でした。そして、存分に楽しませてくれて、本当にありがとうございました。

残すはクロスカントリー男子50kmフリーとアイスホッケーの決勝かあ。アイスホッケーなんて、決勝がフィンランドとスウェーデンの顔合わせになろうとは、大会前に誰が予想し得たでしょうか?私の予想も大外れ。でも、今ならフィンランドの金と予想します。これがサッカーならスウェーデンの圧勝なんだろうけどね(笑)。さて、どうなりますか。そして締め括りは"お楽しみ"閉会式。最後まで楽しませていただきますよ!そして、もうすでに、バンクーバーが待ち遠しいぞ~!!

===================================

追記:アイスホッケー 男子決勝
     フィンランド 2-3 スウェーデン 

う~ん、最後まで予想が外れたなあ。勝てば初めての金メダルだったフィンランドは、ちょっと力みが出てしまいました。それにしても、追いつ追われつの物凄いゲームでした。面白かったあ!スウェーデン、1994年リレハンメル大会以来となる2度目の金です。おめでとう!
       

|

« バルサ、チェルシーに先勝! | トップページ | 『ルスランとリュドミラ』(キーロフ歌劇場) »

コメント

Orfeoさん、こんばんは。オリンピックが終わっちゃいますねえ・・・。さみしいです。
確かに日本選手のメダルは荒川さんの1個だったけれど、とてつもなく大きな金メダルだったと思います。
4年後がますます楽しみになりました。

投稿: ぺんぎん | 2006/02/27 00:03

おはようございます。閉会式、みてました!
イタリアの民族衣装やお祭りの様子が素敵でしたね☆
カーニバルにすごく興味があったので嬉しかったです~
最後の最後でリッキー・マーティンは「え~」って感じでしたけど(笑)

私的に一番オモシロかった競技はスノーボードクロス☆ですね!
選手のみんなにはたくさんの情熱と勇気をもらいましたv

投稿: イズミ | 2006/02/27 06:52


>ぺんぎんさん
おはようございます。
とうとう終わっちゃいましたね・・・。
今は、すっかり抜け殻状態です(笑)。

>イズミさん
ボンジョルノ~!
閉会式も面白かったですねえ!
リッキー・マーティン、たしかに、「なんでオマエが!」状態になりました(爆)。

投稿: Orfeo | 2006/02/27 07:54

オリンピック終わっちゃいましたねー。メダルは荒川さんの一個だけでしたが、楽しく観戦いたしました。スポーツ中継ってあまり興味無い方なんですが、オリンピックはやっぱり特別って感じです。
でもやっぱスポーツ中継もNHKのを見るのが良いですね。民放は芸能人が五月蝿くてどうにも…。

投稿: simulacra1984 | 2006/02/27 22:51


simulacraさん、どうもです。
そうですね。私ももっぱらNHKでした。
落ち着いて競技に集中出来るのがいいですよね。

投稿: Orfeo | 2006/02/28 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/8842604

この記事へのトラックバック一覧です: 聖火台の火が消える・・・:

» 荒川さん、ありがとう [ぺんぎんさんのひとりごとダイヤリー]
トリノ・オリンピックも、いよいよフィナーレを迎える。 長いようでもう終わりか・・・との寂寥感が漂う。 期待したメダルがなかなか取れずに、まさか1つも取れないのか? なんていやな感じが日本を覆い始めたその時、荒川静香さんの麗しい演技に日本中が感動した。 いま1度言う。 荒川さん、ありがとう。そして、おめでとうございます。 荒川さんは、これが最後のオリンピックとの想いで臨んだらしいが、今は心が揺れているのではないだろうか? まあ、アマチュアとして次のオリンピックを目指すにしろ、プロに転向してアイス... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 23:56

« バルサ、チェルシーに先勝! | トップページ | 『ルスランとリュドミラ』(キーロフ歌劇場) »