« 『人間の声』(シャトレ座) | トップページ | フィンランド戦~こんな勝利になんの意味が? »

2006/02/18

リヨン、復調か?

ligue1 フランス・リーグ1 第27節
リヨン 3-1 ナント

このところ3試合連続ドローと白星から遠ざかっているリヨンが、ホームに12位ナントを迎えました。

この試合、骨折で長らく戦列を離れていたDFアビダルが復帰。そして2トップにはフレッジとベンゼマが入りました。このところの得点力不足と、来週のチャンピオンズリーグのゲームとを睨んだウリエ監督の采配です。そしてやはり最近精彩のないプレーが続いていたジュニーニョが、この試合では開始直後から気合の入ったプレーを披露します。

先制点はそのジュニーニョのFKから。9分、エリアのすぐ外、やや右寄りの位置から蹴ったジュニーニョのFKが壁の外側を巻いて、ゴール右隅に直接吸い込まれました。リヨン、先制。さらに35分、今度は左サイドからのジュニーニョのFKがゴール前に入り、ナントがこれをクリアしきれず、最後ディアラが押し込みます。リヨン、2点目。

リヨンのディフェンスのほうはセンターバックのクリスが安定しているため、ナントに付け入る隙を与えません。これが攻撃陣にもリズムと余裕を与えます。前半終了間際、2列目から駆け上がったジュニーニョと前線のフレッジの間で見事な連係が決まり、最後ナントのDFを置き去りにしてジュニーニョがシュート。が、ここはGKにセーブされました。前半2-0。

後半に入って先に点を入れたのは、やはりリヨンでした。57分、ジュニーニョの右CKからの攻撃で、ボールが回って左サイドから中央に入ったボールをクリスが空振り(かすったけど)。その先にいたフレッジが押し込みました。リヨン、3-0。これで完全に勝負あった、です。その後、74分にナントのディアロにバックヘッドで1点決められましたが、大勢に影響なし。ウリエ監督はジュニーニョなどの主力をベンチに下げて、余裕の体制でゲームを締めくくりました。

リヨン、久々の勝利。ジュニーニョも復調し、いよいよチャンピオンズリーグ、因縁のPSVとの一戦を迎えます。

|

« 『人間の声』(シャトレ座) | トップページ | フィンランド戦~こんな勝利になんの意味が? »

コメント

トラックバックありがとうございます。
ベルナンプカーノはやはりFKの得点でしたか。
やっぱりFK上手いですよね。

投稿: noriko | 2006/02/18 22:16

Orfeoさん、コメントありがとうございました。TBの件は申し訳ありません。また後でリトライしてみてくださいm(_ _)m
この試合のリヨンは昨季と変わりない強さでしたね。逆に次のCLで戦うPSVは戦力面では明らかに昨季より落ちていますから、リヨンにとってはリベンジのチャンスだと思います。個人的にはリヨンに勝って欲しいと思っていますが、日本にとってはPSVが勝ち抜いてもらう方が、ヒディングが豪州代表に割く時間が少なくなるので、非常に複雑です。
TBさせていただきます。

投稿: 新右衛門 | 2006/02/18 22:50


>norikoさん、
どうもです。
ええ、素晴らしいFKでしたよ!

>新右衛門さん、
TBありがとうございます。
恒例により(?)、TB返しは明日ということで・・・(笑)。

ヒディングはスタッフいっぱい抱えてるみたいだから、
どっちに転んでも変わらないと思いますよ^_^;;
私はとにかくリヨンを熱烈応援したいと思います。

投稿: Orfeo | 2006/02/18 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/8718771

この記事へのトラックバック一覧です: リヨン、復調か?:

» CLに照準を合わせてきたリヨン [新右衛門ブログ]
さあ、今日はフィンランド戦ですね。システムうんぬんよりは、攻撃の連動性、そしてしっかりと守れる守備をみせてほしいと思っています。それに結果がついてこれば最高ですが、まずは [続きを読む]

受信: 2006/02/18 22:30

» 融通を利かせたらしい [広島フットボールランブル]
リヨンとPSVの試合が金曜日に開催された。 次のミッドウイークにチャンピオンズリーグの試合があるので、 日程の融通を利かせたらしい。 両者とも問題無く勝って決戦に備えたが、 [続きを読む]

受信: 2006/02/19 15:07

« 『人間の声』(シャトレ座) | トップページ | フィンランド戦~こんな勝利になんの意味が? »