« アーセナルにボロボロ | トップページ | 追悼:ビルギット・ニルソン »

2006/01/17

『パルジファル』(バーデン・バーデン祝祭劇場)

dvd-parsifal-baden-baden DVDライブラリーより。

レーンホフがまたやっちゃってます。最近、《リング》×3のおかげで体調を壊したばかりなので(・・・寝込んでいたら、枕元にヴォータンとフリッカが現われて、怖い顔してラインダンスを踊り始めました)、もう彼の舞台のことを細々と書く気はおきませんが、一言でいうと、乞食たちの『パルジファル』。黄色い化け物、ティトゥレルは、一体なんだ、ありゃ?(爆)
しかも、ハンプソンの声の軽さは明らかにワーグナーには不向きだし、マイヤーもここではどうにも精彩がありません。というか、ケント・ナガノに精彩が
ない?

★★

パルジファル:クリストファー・ヴェントリス
グルネマンツ:マッティ・サルミネン
クンドリ:ワルトラウト・マイヤー
アンフォルタス:トーマス・ハンプソン
クリングゾル:トム・フォックス
ティトゥレル:ビャーニ・トール・クリスティンソン

合  唱:バーデン・バーデン祝祭合唱団
管弦楽:ベルリン・ドイツ交響楽団
指  揮:ケント・ナガノ
振  付:デニ・セイヤーズ
美  術:ライムント・バウアー
衣  裳:アンドレア・シュミット・フッテラー
演  出:ニコラウス・レーンホフ

[  収録:2004年8月、バーデン・バーデン祝祭劇場(ドイツ) ]

|

« アーセナルにボロボロ | トップページ | 追悼:ビルギット・ニルソン »

コメント

>黄色い化け物、ティトゥレルは、一体なんだ、ありゃ?
出た!って感じ^^! 崩壊寸前のミイラ?男

子どものころ「マタンゴ」って映画(あれ?!題は違ったかも???)で、毒キノコ(この名前がマタンゴかも)を食べると、逆にジョジョに食われて身体が黄色っぽく粉っぽくなって崩壊しちゃうんですね〜〜 そいつ(こうなった人の呼び名がマタンゴだったかな)に触れられると感染しちゃうわけです・・そのマタンゴを思い出しました。

>ハンプソン
これも映画ですが、アラビアのロレンスを思い出しました・・ かっこいいときのじゃなくて、なんだか怪しく衰弱してるときの・・

>精彩がない
全体的にそうでしたねぇ・・・

で、画質だけはやけによくて、汗やら、化粧ののり具合が超鮮明で気色悪かった^^l

投稿: edc | 2006/01/17 08:19


edcさん、どうもです。
今度は「マタンゴ」ですか?
なんか、凄い映画が次々と出てきますね。
そのうち、ビックリ映画大特集が出来そうですね(爆)。

投稿: Orfeo | 2006/01/17 14:42

 へーえ、ケント・ナガノのワーグナーねえ…。彼氏自信ないもんで、こんな辺鄙なところまで出掛けてやったんじゃないの?…。
 そういえば、彼はリヨン時代、それからパリではワーグナーをやったことがないですねえ…。彼のパリ国立歌劇場デビューは1回だけ小澤の代演をやったメシアン《アシジの聖フランチェスコ》世界初演シリーズを除けばR・シュトラウスの《エレクトラ》と《サロメ》だったし、リヨンではシェーンベルクの《グレの歌》もやってるし、ワーグナー的な感覚は持ってそうなもんだけどね…。それにここでは彼の手兵のドイツの団体だし…。ただ、彼がワーグナーを苦手とするのは判らんこともない気が…。そりゃーブーレーズの弟子だと言っても…ねえ!。
きのけん

投稿: きのけん | 2006/01/17 20:22


う~ん、小奇麗にまとまっているんだけど、ただそれだけ、っていう印象です。お師匠さんのブーレーズの『パルジファル』のほうは昨年末のバイロイト実況録音放送で聴いて、その精妙の極致に感嘆しました。

投稿: Orfeo | 2006/01/17 22:16


これ、私も最近見ました。キャストの割に感動がないなー、と思って記事に出来なかった(^^;
皆さんの評判もよくないのですね。新しいDVDだから画質も音質もすばらしいのですけど。

投稿: dognorah | 2006/01/18 02:14


dognorahさん、どうも。
私はすっかりレーンホフ拒絶症に陥りました^_^;;

投稿: Orfeo | 2006/01/18 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/8185977

この記事へのトラックバック一覧です: 『パルジファル』(バーデン・バーデン祝祭劇場) :

» ワーグナー「パルジファル」バーデンバーデン2004年 [雑記帳]
崩壊寸前のミイラみたいな先王ティトゥレルと、よろめき彷徨し逃げまくるアラビアのロレンス風、アンフォルタスが傑作です。 一幕:グルネマンツはトドトドというか歩く丸太みたい、ミュンヘン来日の領主役も同じだったサルミネン・・・アンフォルタスは意気消沈したアラビアのロレンス。クンドリは動きが大げさすぎでなんだかしらけてしまいます。パルジファルはこんなものでしょにしても、やっぱり気品欠如。いかにもマッチョなのも嫌。少年っぽさや内面的繊細さを感じたいが、ないものねだりなのでしょう。そういう雰囲気出そうと努... [続きを読む]

受信: 2006/07/19 08:01

« アーセナルにボロボロ | トップページ | 追悼:ビルギット・ニルソン »