« マンU、リバプールを下す | トップページ | たまにはブンデスリーガ »

2006/01/28

『マリーツァ伯爵夫人』(メルビッシュ音楽祭)

dvd-mariza DVDライブラリーより。

エーリッヒ・カールマン作。1924年のハンガリーが舞台になっている。

メルビッシュの夏の風物詩、湖上オペレッタの映像。情緒溢れる歌や踊りが満載で、理屈抜きに楽しめます。華やかな舞台には蒸気機関車まで登場、場を大いに盛り上げてくれます。音声は一人一人マイクで拾っていますが、見た目にはあまり気になりません。主役のシェレンベルガーやシュコフからリーザのバウアーやジュパン男爵のカトルまで、皆若々しくて、それぞれに魅力的です。

★★★

マリーツァ伯爵夫人:ダグマー・シェレンベルガー
タシロ伯爵:ニコライ・シュコフ
ポプレスク侯爵:ハラルト・セラフィン
ジュパン男爵:マルコ・カトル
リーザ:ユリア・バウアー
カール・シュテファン:マルコ・プスティシェク
チェッコ:ベルント・アンダー
マーニャ:ナテラ・ニコリ
クッデンシュタイン侯爵夫人:ミルヤーナ・イーロシュ
ペニチェク:エッド・スタビャニク

合  唱:メルビッシュ音楽祭合唱団  
       アイゼンシュタット小学校合唱団
バレエ:メルビッシュ音楽祭バレエ団
管弦楽:メルビッシュ音楽祭管弦楽団
指  揮:ルドルフ・ビーブル
振  付:ジョルジョ・マディア
衣裳・美術:ロルフ・ランゲンファス
演  出:ウィンフリート・パウエルンファイント

[  収録:2004年、メルビッシュ・ノイジードラー湖、湖上ステージ  ]

|

« マンU、リバプールを下す | トップページ | たまにはブンデスリーガ »

コメント

メルビッシュはセラフィンがこのところずっとインテンダントなので、フォルクス・オパーで活躍する人たちを結構登場させていますよね。

このメルビッシュがあるブルゲンラントはオーストリアの中で特に豊潤な赤ワインが有名で、グラス片手にオペレッタを楽しむことができました。なんて、ホントは、休憩時間にグラスを返しそびれただけなんですけれどね(^^;。終演後の花火がかなり大々的です。

しかし、かわいそうなのはオケ。
鉄板で囲ってあるとはいっても半分水の中のピットですから。最後に登場したオペレッタの王様ビーブルが、なんだか半魚人みたいに見えました。

投稿: Bowles | 2006/01/28 17:19


おおっ、Bowlesさん、メルビッシュに行かれたことがあるんですね!
赤ワインを楽しみながら、風光明媚なオペレッタ鑑賞ですか。
なんともまあ粋ですよねえ^_^;;
半魚人ビーブル!それもまた笑える(爆)。

投稿: Orfeo | 2006/01/28 20:13

前から「セラフィン」ってイタリア名前としてはヘンだなと思ってたのですが(イタリア語ではアクセントは何処でしょう?セーラフィン?)、オーストリアにも存在するんですね(独語では発音は「ゼラフィーン」でアクセントは後ろ?)。尤もハラルト・セラフィンはリトゥアニア出身とか。最近マルティーナ・セラフィンという名のソプラノを聞くようになったので、イタリア人で大指揮者の血縁かもとか思ってたら、オーストリア人らしいですね。
指揮者セラフィンもヴェーネト出身のようですが、名前の出自とか各国の発音、何方かご存知ありませんか?

投稿: 助六 | 2006/01/31 08:58

助六さん

Harald Serafin、私はてっきりハプスブルクの時代に北に移動したヴェーネトの家系の出身かと思っていました。フォルクス・オパーのバイオグラフィによると、リトアニアの生まれなんですね。でも、1940年の時点でバンベルクに移ったとあるので、リトアニア人ではないのは確かなようです。

>イタリア語ではアクセントは何処でしょう?

きっとその本人が決めるのでしょう(笑)。普通は最初ですが。

マルティーナ・セラフィンはメルビッシュで初めて聴きましたが、その後7,8年でぐんぐん活躍の場を広げてきましたね。昨年も日本でモネのドンナ・エルヴィーラを聴きました。私は最初に彼女を見た時から、ハラルトの娘ではないかと思っているのですが。生まれもヴィーンだし。

イタリアのcognomeに関しては↓のサイト
http://www.melegnano.net/cognomi/

地域的な分布の実際に関しては
http://gens.labo.net/

が手頃です。このサイトでセラフィンと入れてみると、ほとんどヴェーネトにしか分布していないのがよくわかります。

投稿: Bowles | 2006/01/31 12:05

 こんにちは^^

微妙に違う題名ですが、アップしたのでTBさせて下さいマセ。
久しぶりのオペラです~><

投稿: プラム | 2006/03/15 11:36


プラムさん、こんにちは。TBありがとうございます。

伯爵令嬢なのか、伯爵夫人なのか・・・?まあ、この時代のオペレッタに関しては、ヒロインは後家さんというのが通り相場という感じもしますけどね(笑)。さてさて、どうなんでしょう?

投稿: Orfeo | 2006/03/15 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/8360049

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリーツァ伯爵夫人』(メルビッシュ音楽祭):

» 伯爵家令嬢マリツァ [プラムの部屋♪]
 ハンガリー代表のエメリッヒ・カールマン作。 ハンガリーの大地主マリツァ伯爵家令嬢とウィーンの斜陽貴族タシロの 美しくも情熱的な恋と、ハンガリー貴族ジュパンとタシロの妹リーザの恋と、 二組の恋愛模様がハンガリーの平原を舞台に繰り広げられる 明るく楽しい、ミュージカル的要素がふんだんに盛り込まれたオペラです。    第一幕 ジプシー女マンニャの「三日月の出の前に、このマリツァ伯爵�... [続きを読む]

受信: 2006/03/15 11:37

« マンU、リバプールを下す | トップページ | たまにはブンデスリーガ »