« 松井大輔、2ゴール! | トップページ | マンU、リバプールを下す »

2006/01/26

『椿姫』(藤原歌劇団)

dvd-traviata-fujiwara DVDライブラリーより。

藤原歌劇団の十八番、『椿姫』の舞台。木目調のオーソドックスな作りの舞台の中で、エヴァ・メイが気品に満ちたヴィオレッタをしっとりと歌い上げている。例のネトレプコのプロダクションの後だと、いっそう安心して観ていられる。さながら大人と子供、といった感じ(笑)。余計なことはしない舞台なので、ひたすら音楽に集中出来るのもいい。他のキャストも広上淳一も、みな一様にエヴァ・メイを盛り立てている。

★★★

ヴィオレッタ:エヴァ・メイ
アルフレード:佐野成宏
ジョルジョ・ジェルモン:堀内康雄
フローラ:島木弥生
アンニーナ:竹村佳子
ガストン子爵:パク・ヨハン
ドゥフォール男爵:三浦克次
ドビニー侯爵:柿沼伸美
グランヴィル:山田祥雄
ジュゼッペ:梅原光洋
使者:雨谷善之
召使:坂本伸司

バレエ:スターダンサーズ・バレエ団
合  唱:藤原歌劇団合唱部
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
指  揮:広上淳一
美  術:マルコ・カプアーナ
衣  裳:イレーネ・モンティ
演出・照明:ロレンツァ・コティニョーラ

[  収録:2005年1月23日、オーチャードホール(東京) ]

|

« 松井大輔、2ゴール! | トップページ | マンU、リバプールを下す »

コメント

丁度テレビで二期会のとんでも演出なアレを観た後にこれを観たので、とても安心して見れたのを覚えてます。(^^;)

投稿: simulacra1984 | 2006/01/26 08:05

最近、エヴァ・メイばかり見ている感じがします。DVDとか放送多いですよね。
彼女、大柄なんですけど、周りが日本人だと特に強調されますね。歌はさすがですね、安心して聴けました。

>他のキャストも広上淳一も、みな一様にエヴァ・メイを盛り立てている。

その通りでした! やっぱり、アルフレードもヨーロッパからよんでいただきたかったってかんじです。
パリというよりは鹿鳴館の「椿姫」でした。

投稿: keyaki | 2006/01/26 09:45

Orfeoさん、こんにちは。
うふふ~ 私、この舞台は実演を見ましたよ!(^^)
メイちゃんのヴィオレッタ、上品でとてもステキでした。
確かに、こういう舞台のほうが落ち着いて鑑賞できますね。
っていうか、毎年恒例の藤原《椿姫》で楽しみなのはヴィオレッタを誰が歌うかってことだけで、他は何も期待してない・・・(^^;アワワ

投稿: snow_drop | 2006/01/26 10:49

Orfeoさんこんにちは!無事帰ってこれました♪
渡独中にも書き込み、ありがとうございました。
オペラレビュー、頑張りますね。
期待は、しないほうがいいと思います(本当に)

椿姫、大好きです~!去年、プラハ(?)の歌劇団のを観ましたよ。
ガストンの配役を見てびっくり。
パク・ヨンハ!?韓流スターがオペラに!?
と思ったら、一文字違いでした。はやとちり…

投稿: イズミ | 2006/01/26 11:32


>simulacraさん、
アレのことですね^_^;;
たしかに安心します。

>keyakiさん、
鹿鳴館の「椿姫」!
それだっ!(爆)

>snow_dropさん、
あ~あ、言っちゃいましたね。人がせっかく苦心して、オブラートに包んだ書き方でごまかせたと思っていたのに・・・(笑)

>イズミさん、
おかえりなさい!
私も最初、「パク・ヨンハ」と勘違いしました。
韓流スター、おそるべし!なんてね^_^;;
『アラベラ』の記事、楽しみにしています。

投稿: Orfeo | 2006/01/26 12:35

>余計なことはしない舞台なので、ひたすら音楽に集中出来るのもいい。

ふっふっふ。集中した結果、私のように悪たれだらけになる人もいますよ(笑)。このプロダクションは前年のボンちゃんのも観ていますが、指揮者が問題でした。前年は、あまりのひどさに、途中からブルゾンが徹底して指揮者を無視して歌い初めてから舞台が活気づいてきたのを憶えています。で、エヴァ・メイちゃんは良かったんだけれど、手枷足枷がなくなった懲りない指揮者のせいで、全体的には感銘の薄い舞台になってしまっていました。

トラヴィアータは、多分いちばんよく観ている演目かもしれませんが、演出がオーソドクスなら音楽面で充実していないと耐えきれないので(あまり好みでないグルベローヴァが歌った舞台はやはり感動しました)、中途半端な時は、おもいっきりブッ飛んだ演出でみせてもらいたいものです。そういう点で、現代に置き換え(といっても1960年代)、初演稿を使って、ヴェルディの意図したものに迫ろうとしたカーセンの演出は、このところちょっとマンネリだった彼にしてはいい舞台でした。しかしあの舞台も、チョーフィ以外が演じると、またちょっと違ったものになることでしょう。

投稿: Bowles | 2006/01/26 12:53

Orfeoさん
>>keyakiさん、
鹿鳴館の「椿姫」!
それだっ!(爆)

そうそう^^; でも〜〜
ヴィオレッタのドレスがなんだか借り着っぽくありませんでした?

投稿: edc | 2006/01/26 13:16


>Bowlesさん、
そういやきのけんさんも、カーセンはたまにはいい仕事をするって言ってましたっけね。カーセン嫌いの私ではありますが、フェニーチェ座の『椿姫』、買ってみようかな?

>edcさん、
「借り着」っつうか、ちょっとシック?

投稿: Orfeo | 2006/01/26 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/8329634

この記事へのトラックバック一覧です: 『椿姫』(藤原歌劇団):

« 松井大輔、2ゴール! | トップページ | マンU、リバプールを下す »