« ドログバ復帰、メンディエタ不在 | トップページ | マドリーの監督解任劇 »

2005/12/05

『カルメン』(メトロポリタン歌劇場)

dvd-carmen-metDVDライブラリーより。

86年5月にプレミエが出たプロダクションだが、この映像が収録された87年2月の公演ではキャストが大幅に入れ替わり、元々の演出を担当したピーター・ホールのクレジットも外されている。参考までにプレミエのキャストを挙げておくと、カルメンがマリア・ユーイング、ドン・ホセがルイス・リマ、エスカミーリョがマイケル・デヴリン、そしてミカエラがキャサリン・マルフィターノだった。

さて、この映像。バルツァ・ファンの私には最高の『カルメン』です(←やはり馬鹿)。出来ればもうちょっと若い頃のバルツァで見たかった気はするものの、その張りのある、表情豊かな歌い回しにはただただ感嘆します(妖艶でありゃいいってもんじゃないでしょ、カルメンは?)。たとえ相手役が私の苦手なカレーラスでも(ドン・ホセには結構はまっているんですけどね)、闘牛士になりきったレイミーがいるから大丈夫(爆)。舞台もメットらしいスケールで、レヴァインが大いに音楽を盛り上げています。それにしても、メットの映像って、いつもいつもブライアン・ラージの撮影なんですけど、独占契約でもしているの?

★★★★

カルメン:アグネス・バルツァ
ミカエラ:レオーナ・ミッチェル
ドン・ホセ:ホセ・カレーラス
エスカミーリョ:サミュエル・レイミー
フラスキータ:マイラ・メリット
メルセデス:ダイアン・ケスリング
レメンダード:アンソニー・ラチューラ
ダンカイロ:ブルーチュ・ハバード
モラレス:バーノン・ハートマン
スニーガ:アラ・バーバリン
リーリャス・パスティア:ニコ・カステル
山の案内人:シャルル・デュバル

合  唱:メトロポリタン歌劇場合唱団
管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
指  揮:ジェイムズ・レヴァイン
装置・衣裳:ジョン・バリー

[  収録:1987年2月、メトロポリタン歌劇場  ]

|

« ドログバ復帰、メンディエタ不在 | トップページ | マドリーの監督解任劇 »

コメント

カレーラス、苦手でしたか。このホセのカレーラスはあんまり好みじゃないです・・

ロイヤル・オペラの方にもコメントしましたが、ウィーン国立歌劇場のサイトで、ヴァルツァ&リマのビデオ・クリップを見ましたが、迫力です。

投稿: edc | 2005/12/05 07:15


edcさん、見てきましたよ!
いいですねえ^_^;;
せっかくなので、リンクを貼っておきます。

http://www.staatsoper.at/Content.Node2/home/spielplan/spielplan_detail_werkbeschreibung.php?eventid=325177

投稿: Orfeo | 2005/12/05 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7427339

この記事へのトラックバック一覧です: 『カルメン』(メトロポリタン歌劇場):

« ドログバ復帰、メンディエタ不在 | トップページ | マドリーの監督解任劇 »