« モウリーニョにおまかせ | トップページ | スールシャール登場! »

2005/12/30

『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場)

dvd-gotterdammerung-met DVDライブラリーより。

メットのロマンチック・リング、最終章。オペラの世界では、とりわけワーグナーの場合ではよくあることですが、歌手の実年齢が話とはかけ離れてしまうことが多々あります。が、さすがに、ベーレンス(ブリュンヒルデ)の妹としてルートヴィヒ(ワルトラウテ)が登場すると、思いっきりのけぞります(ちなみに、ベーレンスが1941年生まれ、ルートヴィヒは1924年生まれ)。姉が岩山で炎に囲まれて眠っていた間に、妹のほうだけ歳食ってしまったに違いありません。なるほど、さすがは緻密なオットー・シェンク・・・。
最後ベーレンスの見事な歌唱もあって、大いに盛り上がりますが、メットといえばこの人、ブライアン・ラージの撮影なので、せっかくの見せ場も見通しの悪い映像になっています。なんとも勿体ない話・・・。

★★★

ブリュンヒルデ:ヒルデガルト・ベーレンス
ジークフリート:ジークフリート・イェルザレム
ハーゲン:マッティ・サルミネン
ワルトラウテ:クリスタ・ルートヴィヒ
グンター:アンソニー・ラッフェル
グートルーネ:ハンナ・リソフスカ
アルベリヒ:エッケハルト・ウラシハ
第一のノルン:ギネス・ビーン
第二のノルン:ジョイス・キャッスル
第三のノルン:アンドレア・グルーバー
ヴォークリンデ:カーレン・エリクソン
ヴェルグンデ:ダイアン・ケスリング
フロースヒルデ:メレディス・パーソンズ

合  唱:メトロポリタン歌劇場合唱団
管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
指  揮:ジェイムズ・レヴァイン
美  術:ギュンター・シュナイダー=ジームセン
演  出:オットー・シェンク

[  収録:1990年3-5月、メトロポリタン歌劇場  ]

【関連記事】

『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場)
『ワルキューレ』(メトロポリタン歌劇場)
『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場)

|

« モウリーニョにおまかせ | トップページ | スールシャール登場! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7890199

この記事へのトラックバック一覧です: 『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場):

« モウリーニョにおまかせ | トップページ | スールシャール登場! »