« 『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | 『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場) »

2005/12/29

モウリーニョにおまかせ

premireleague プレミアリーグ 第17週
チェルシー 3-2 フルアム

これもボクシング・デー(12/26)の一戦。チェルシーの前線にはロッベン、クレスポ、ショーン・ライト・フィリップス。が、DFラインに怪我人が続出して、待ちに待ったフートが先発。やった、フルアム、チャンスだぞっ!!

と思ったら、前半早々、チェルシーの右CKからそのフートが絡んでギャラスが先制。ランパードも続いて、24分までに2-0とチェルシーがリード。こりゃアカン、と諦めかけていたら、29分にチェルシーのGKツェフの凡ミスからマクブライドがゴールを奪います。前半2-1。

後半頭からモウリーニョ監督は前半フルアムのサイドバックのロゼニアに抑え込まれていたショーン・ライト・フィリップスに代えて、グジョンセンをピッチに。が、やはりDFラインのフートが駄目駄目で、フルアム側のゴール前へのクロスにもまったく反応出来ません。こりゃ同点も近いかな、と思っていたら、57分、エリアの中でマクブライドをジョー・コールが倒してしまい、フルアムがPKを獲得。これをヘルグソンが決めて、ついに同点!

ここでモウリーニョはなんとフートに代えて、ドログバを投入。4バックのDFを1枚削って、FWの枚数を増やしました。これにはビックリです。そして、74分、右サイドのジョー・コールからのクロスにゴール前でクレスポが合わせ、力づくの決勝点。フルアムを突き放しました。

その後、クレスポを下げて守りを固めたチェルシーに対して、フルアムも惜しい場面もありましたが、結局はそのまま試合終了。モウリーニョの采配が的中した試合になりました。モウリーニョ、お願いだから、またフート使ってね(笑)。

|

« 『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | 『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場) »

コメント

こんばんは。モウリーニョは最近点が獲れないと、3バックにし、1点獲ると即座に4バックに戻すというやり方をよくしますね。それがまた結果に結びついているのはすごいと思いますが、2点差を追いついたフルアムも立派だと思います。
チェルシーのこの強さはいったいいつまで続くのでしょうか。

投稿: 新右衛門 | 2005/12/29 20:18


新右衛門さん、こんばんは。

今、次のマンチェスター・シティ戦を見終わったところなんですが、なんだかんだいっても、しっかり勝ち点3を取ってしまうところが凄いですね、このチームは。止まりそうにないですよねえ。

投稿: Orfeo | 2005/12/29 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7891421

この記事へのトラックバック一覧です: モウリーニョにおまかせ:

« 『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | 『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場) »