« 『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | オーウェンの帰還 »

2005/12/27

『ワルキューレ』(メトロポリタン歌劇場)

dvd-walkure-met DVDライブラリーより。

ノーマンのジークリンデというのも強力だが、私的にはなんといってもベーレンス!ピークは過ぎているのだろうが、細身の体から繰り出される強靭にして、かつしなやかな歌いこなしにはほとほと感嘆させられる。素晴らしいブリュンヒルデだ。男声陣もモリス、レイクス、モルと充実していて、聴き応えがある。個人的にはガッシリとした体躯の持ち主、レイクスの可愛らしい目がツボ(笑)。相変わらず細部にまで手抜かりのない舞台セットも素晴らしい。レヴァインが雄大に音楽を響かせている。

★★★★

ブリュンヒルデ:ヒルデガルト・ベーレンス
ヴォータン:ジェイムズ・モリス
ジークリンデ:ジェシー・ノーマン
フリッカ:クリスタ・ルートヴィヒ
ジークムント:ゲーリー・レイクス
フンディング:クルト・モル
ゲルヒルデ:ピラミッド・セラース
オルトリンデ:マーサ・シグペン
ワルトラウテ:ジョイス・キャッスル
シュヴェルトライテ:サンドラ・ケリー
ヘルムヴィーゲ:カタリーナ・イコノム
ジークルーネ:ダイアン・ケスリング
グリムゲルデ:ウェンディ・ヒルハウス
ロスワイセ:ジャカリン・ボウアー

管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
指  揮:ジェイムズ・レヴァイン
美  術:ギュンター・シュナイダー=ジームセン
演  出:オットー・シェンク

[  収録:1989年3-4月、メトロポリタン歌劇場  ]

【関連記事】

『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場)
『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場)
『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場)

|

« 『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | オーウェンの帰還 »

コメント

>レイクスの可愛らしい目
そう言われれば、パンダの目みたいかしら^^;
>ガッシリ
というより少々柔らかすぎって感じます・・m(_ _)m

なによりも、巨大双子のお陰で普通あるいは理想体型のヴォータンとブリュンヒルデが少々貧弱に見えるのがよくないです。

投稿: edc | 2005/12/28 08:28


edcさん、どうもです。
パンダ!それだっ!(爆)

貧弱、ですか・・・。たしかにベーレンスも、実際は「細身」っていうほどスリムでもないんだけれど、あの中に混じると、どうしても「小柄」に映ってしまいますね。

投稿: Orfeo | 2005/12/28 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7838319

この記事へのトラックバック一覧です: 『ワルキューレ』(メトロポリタン歌劇場):

« 『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場) | トップページ | オーウェンの帰還 »