« アーセナル、連敗脱出 | トップページ | モウリーニョにおまかせ »

2005/12/29

『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場)

dvd-siegfried-met DVDライブラリーより。

ジークフリート登場。でも、またイェルザレム。ここでの見ものは第3幕冒頭、ぼんやりと舞台中央の割れ目の中に浮かび上がってくる智の女神、エルダ、かな?これ、尺も妙で、身体の周りにオーラがかかっているし、その上霞んだりしていて、やっぱり映像ですよね?いや、凄いハイテク技術で驚かされますが、そもそもなんでこんな仕掛けを施すのか、その理由がよく分かりません(・・・眠りについていたのをヴォータンが地下から呼び寄せる、というのは分るんですけど、『ラインの黄金』では普通に出て来てましたしね)。ワーグナーのト書きにそれっぽい指定でもあるんでしょうか?
個人的にツボなのは、第1幕でジークフリートがミーメの鍛えた剣を折ってしまうところ。イェルザレムが剣を金床に叩き付けたところでミーメが「折れてしまったぞ」と歌ってしまいますが、実はまだ折れておらず、イェルザレムがもう一度金床に叩き付け、それでも折れてくれないので、ついには膝で剣をへし折って取り繕います。なぜ上手くいったときの映像を使わなかったのかは不明ですが、こういうのを「名折れ」というのでは?(笑)ヴォータン(さすらい人)のモリスが貫禄十分の歌唱、演技を披露していて見事です。

★★★

ジークフリート:ジークフリート・イェルザレム
ブリュンヒルデ:ヒルデガルト・ベーレンス
さすらい人:ジェイムズ・モリス
ミーメ:ハインツ・ツェドニク
鳥の声:ドーン・アップショー
エルダ:ビルギッタ・スヴェンデン
アルベリヒ:エッケハルト・ウラシハ
ファフナー:マッティ・サルミネン

管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
指  揮:ジェイムズ・レヴァイン
美  術:ギュンター・シュナイダー=ジームセン
演  出:オットー・シェンク

[  収録:1990年3-5月、メトロポリタン歌劇場  ]

【関連記事】

『ラインの黄金』(メトロポリタン歌劇場)
『ワルキューレ』(メトロポリタン歌劇場)
『神々の黄昏』(メトロポリタン歌劇場)

|

« アーセナル、連敗脱出 | トップページ | モウリーニョにおまかせ »

コメント

>またイェルザレム
映像も録音も多いですからねぇ・・ワーグナーとくれば絶対当たります。

投稿: edc | 2005/12/29 07:25


edcさん、どうも。
マイヤーとやったバイロイトの『トリスタン』なんかは好きなんですけどねえ。そういや、イェルザレムって、ワーグナー以外は聴いたことがないな。

投稿: Orfeo | 2005/12/29 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7873101

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジークフリート』(メトロポリタン歌劇場):

« アーセナル、連敗脱出 | トップページ | モウリーニョにおまかせ »