« 『黄金の声の少女』 | トップページ | 天国と地獄 »

2005/11/20

地獄のオルフェオ

地獄を見た。

いや・・・

あの・・・

本当なんだってば。

別府温泉で観光バスに乗って「地獄めぐり」というツアーを体験してきたんだから。

所要時間2時間半弱。

チケットを買って渡されたパンフの表紙には"ようこそ「地獄」へ。"の文字が・・・。

あまり心踊るもんでもないけどさ。

でも、なかなか面白かったです。

コバルトブルーの海地獄、真っ赤な色した血の池地獄、間欠泉の龍巻地獄等々。

いろんな地獄を堪能(?)してしまいました(笑)。

宿で温泉もゆっくり楽しんだし、これぞまさしく《天国と地獄》。
(オッフェンバックの原題は"Orphée aux Enfers"=地獄のオルフェ)

というわけで、 気分一新、明日からオペラ・レヴュー再開です。

|

« 『黄金の声の少女』 | トップページ | 天国と地獄 »

コメント

 Orfeoさん、こんにちは^^

早速読ませて頂きました!
め、名称はともかく^^;とても楽しそうですね。
特に真っ赤な血の池地獄って・・・想像しただけでワクワクします^^;
それぞれに効能があるのですよね?
ちなみに血の池地獄は何に効くのですか?^^
いつか行ってみたいです~。。

投稿: プラム | 2005/11/22 11:24


プラムさん、こんばんは。

「地獄」と呼ばれているだけあって、泉温はべらぼうに高いです。なかには90度を超えるものもあります。というわけで、入浴はおろか、触れただけで地獄を見ます(笑)。

とはいえ、効能はちゃんとあるようでして、血の池地獄はそこから産出する赤い粘土で、皮膚病に効く「血の池軟膏」なるものが作られているそうです。

ちなみに、別府温泉のキャッチフレーズは、「毎日が地獄です。」らしくて、このフレーズが入ったお土産商品がいっぱいありました。街の中にもデカデカと書かれていたかな。このフレーズ、気に入りました(爆)。

投稿: Orfeo | 2005/11/22 20:55

あっ、僕も同じようなのやった!温泉で茹でた卵買って食べた憶えもあります。
ただし高校の修学旅行だから大昔のことなんで、その時はドラゴンやムラケンも一緒にいたんだねえ(笑)…。九州一周して最後が別府で、そこから船に乗って瀬戸内海を岡山へ出たんだっけ?…。確か、新幹線が岡山まで開通した年でした。
きのけん

>リンク(きのけん+下線)はドラゴン・ブログ+ムラケンHPです。

投稿: きのけん | 2005/11/26 03:57


それはそれは・・・。船、今でも出てますよ、ここ。

今回泊まったのは別府湾に面したホテルだったので、露天風呂から海が一望出来て、気持ちよかったです。湯船につかりながら、夕暮れをその船が進んでいくのを眺めたり、とか、満天の星空を見上げたり、とか、夜明けの海を見晴らしたり、とか・・・(いったい何回風呂入ってる?)。

投稿: Orfeo | 2005/11/26 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7193587

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄のオルフェオ:

« 『黄金の声の少女』 | トップページ | 天国と地獄 »