« 天国と地獄 | トップページ | チェルシーの調子は? »

2005/11/21

『こうもり』(ウィーン国立歌劇場)

cd-preyDVDライブラリーより。

94年のウィーン国立歌劇場の来日公演のライブ。プライも、マッティラも、リーンバッハーも、コヴァルスキーも、そしてベリーまで、みんなハマリ役で楽しめる(・・・私の一番のお気に入りはオキャンなアデーレのリーンバッハーです)。舞台も雰囲気十分で、ウィーンの粋を感じさせる華やかさ。ウルフ・シルマーが付ける音楽も艶やかで、最上級のエンターテイメントに仕上がっている。

★★★★

アイゼンシュタイン:ヘルマン・プライ
ファルケ:ハンス・ヘルム
ロザリンデ:カリタ・マッティラ
アデーレ:エディット・リーンバッハー
イーダ:ロッテ・ライトナー
オルロフスキー:ヨッヘン・コヴァルスキー
アルフレッド:ヨーゼフ・ホップファーヴィーザー
ブリント:ワルデマール・クメント
フランク:ワルター・ベリー
フロッシュ:ハンス・クレイマー

バレエ:ウィーン国立歌劇場バレエ団
合  唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
管弦楽:ウィーン国立歌劇場管弦楽団
指  揮:ウルフ・シルマー
振  付:ゲルリンデ・デイル
装  置:ギュンター・シュナイダー・ジームセン
衣   裳:ミレーナ・カノネーロ
演  出:オットー・シェンク

[  収録:1994年10月13日、NHKホール  ]

*画像はこの公演とは関係ありません。

|

« 天国と地獄 | トップページ | チェルシーの調子は? »

コメント

この映像、何度見たか思い出せないくらい大好きです!本当に皆はまり役!実演も含めて、今まで見た「こうもり」の中で一番良い出来のプロダクションだと思います。特にアデーレのリーンバッハーと、オルロフスキーのコヴァルスキーが素敵ですね。プライの軽快なフランス語~英語の件は、何度見ても笑えますし、マッティラも気品があってロザリンデにぴったり。家にあるビデオは教育テレビの映像なので、幕間解説が入ったりして、見返すと中々新鮮だったりします。

投稿: Sardanapalus | 2005/11/21 08:21


Sardanapalusさん、こんにちは。

やはりこちらがお気に入りですか。いいですよね、これ。コヴァルスキーもかっこいいですし・・・。安心して楽しめる『こうもり』ですね^_^;;

投稿: Orfeo | 2005/11/21 11:26

私もこれお気に入りです。って、さっき【ウィーン「こうもり」】とだけラベルの貼ってあったテープを見直して確認したのですが。。。どうもオペラ歌手の名前とか覚えきれないもので。f(^^;)

投稿: simulacra1984 | 2005/11/21 12:18


simulacraさん、こんにちは。
さすがに人気、高いですね、これ。

>どうもオペラ歌手の名前とか覚えきれないもので
私も同様です^_^;;

投稿: Orfeo | 2005/11/21 16:23

私は、NHKの放送したものをビデオで録画し、それをDVDに自分焼いて保存した物で見るしか無いのですが、この公演の市販DVDはあるのでしょうか? 自分のものは画質が落ちているので、手に入るものなら購入したいと思います。

投稿: てらじい | 2011/12/11 04:03


てらじいさん、こんにちは。

私もNHK-BSでの放送を録画、DVDに落としたものが大半を占めています。この『こうもり』もそうですが、さすがにこのNHKホールでの公演は市販化されていませんよね。

ただ、このオットー・シェンクのプロダクションによるウィーンの『こうもり』は、1980年の大晦日のウィーンでの公演がDVDで出ています。テオドール・グシェルバウアが指揮してるやつ。こちらでも、いいんじゃないですか?ダメ?(笑)

そうそう、年明けの1月21日の深夜に、2011年大晦日の公演がNHK-BSで放送されるみたいですよ。やっぱり、オットー・シェンクのプロダクションだから、こっちに期待する、ということでいかがですか?(笑)

投稿: Orfeo | 2011/12/11 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7197432

この記事へのトラックバック一覧です: 『こうもり』(ウィーン国立歌劇場):

« 天国と地獄 | トップページ | チェルシーの調子は? »