« スペイン、爆勝! | トップページ | W杯への遠い道のり »

2005/11/14

『魔笛』(ロイヤル・オペラ)

dvd-magicflute-royalDVDライブラリーより。

ダーク・メルヘン調の魔笛。マクヴィカーのいつもの定石どおり、首尾一貫して闇が支配している。だが、夜の女王の登場シーンに出て来る巨大な三日月など、美しい場面もちゃんとある。侍女たちのへんちくりんな髪型と、途中出て来る暗黒舞踏もどきの踊りにはちょっと笑ってしまったが・・・。キャストも無難な歌唱、演技を披露しており、コリン・デーヴィスが端正な音楽を聴かせている。

★★★

タミーノ:ウィル・ハルトマン
パミーナ:ドロテア・レシュマン
パパゲーノ:サイモン・キーンリーサイド
パパゲーナ:アイリッシュ・タイナン
夜の女王:ディアナ・ダムラウ
ザラストロ:フランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒ
モノスタトス:エードリアン・トンプソン
弁者:トマス・アレン
2人の僧:マシュー・ピール
             リチャード・ヴァン・アラン
3人の侍女:ギリアン・ウェブスター
                クリスティーヌ・ライス
                イヴォンヌ・ハワード
2人の武士:アラン・オーク
                グレーム・ブロードベント
3人の少年:トム・チャップマン
                ジーコ・シェーカー
                ジョン・ホランド・エイヴリー

合  唱:コヴェントガーデン王立歌劇場合唱団
管弦楽:コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
指  揮:コリン・デーヴィス
演  出:デーヴィッド・マクヴィカー

[  収録:2003年2月1日、コヴェントガーデン王立歌劇場  ]

|

« スペイン、爆勝! | トップページ | W杯への遠い道のり »

コメント

さっそくTBしました^^!

投稿: edc | 2005/11/14 08:28


edcさん、ありがとうございます。
早速TB返しします^_^;;

投稿: Orfeo | 2005/11/14 09:06

私のブログでもしょっちゅう話題に出てくるマクヴィカーの「魔笛」ですね。そういえばこの映像自体を記事にしたことはなかったなぁ。今度書いてTBしにきます(^_^;)

私が今年の頭にROHで見たときは、指揮がマッケラスだったのでもっとテンポ良く進んでいきました。どちらが良いかは好みの問題でしょうけど、その後でこの映像を見たのでそのゆっくりさに驚いたり(笑)この映像では、ちょっといっちゃってるダムラウの女王と、アンチヒーローなキーンリーサイドのパパゲーノが気に入ってます。

投稿: Sardanapalus | 2005/11/15 09:01


Sardanapalusさん、こんにちは。

私もマッケラスは好きですよ。そちらの記事、楽しみにしています。

投稿: Orfeo | 2005/11/15 09:12

早速書いてTBさせていただきました!ダラダラと長くなってしまったのでお時間のあるときにどうぞ~。

>私もマッケラスは好き
今度は17日からヴェルディの「仮面舞踏会」を振るので、かなり楽しみです。彼のイタリアオペラって、どんな感じなのかなぁ~とわくわくしながら待ってるところです。

投稿: Sardanapalus | 2005/11/16 08:01


Sardanapalusさん、早速のTB、ありがとうございます。
読ませていただきま~す!(笑)

投稿: Orfeo | 2005/11/16 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7038295

この記事へのトラックバック一覧です: 『魔笛』(ロイヤル・オペラ):

» モーツァルト「魔笛」コヴェントガーデン2003年 [雑記帳]
ケースの夜の女王が一番の見物、聴きものだと思います。殊に、ザラストロを殺せと娘に迫るあの有名なアリアの場面、これだけ、恐ろしい支配的な母親と母への愛とその恐怖の板挟みに苦しむ娘を示した演出は初めてです。アダルト・チルドレン・パミーナというところ。 舞台は絵画的なディテールが非常に美しい瞬間もありますが、全体的に暗く重苦しい演出。従って、かどうか、音楽的にも、重い感じで、軽快さ、明るさには欠けているようです。タミーノの重さというか、抑揚の欠如はちょっとうるさいし、パミーナと声の相性があまりよくな... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 08:28

» オペラ「魔笛」@コヴェント・ガーデン(2003年) [FOOD FOR SOUL]
 このブログに来てくださっている方は「またこれ?」と思われるかもしれませんが、実はあれほど頻繁に話題に出しながら内容について語っていなかったので、デヴィッド・マクヴィカー(David McVicar)演出のコヴェント・ガーデンの「魔笛(Die Zauberfloete)」についてまとめてみました。あらすじは…省略。今回は本当に省略です(笑)あんなメンドクサイ筋を書けるかっ!     この演出、全体的に暗いです。いつものマクヴィカーです(笑)が、本人が「今までで一番の出来」と語っている通り、... [続きを読む]

受信: 2005/11/16 07:58

« スペイン、爆勝! | トップページ | W杯への遠い道のり »