« しっかリバプール | トップページ | シェフチェンコが止まらない »

2005/11/25

『利口な女狐の物語』(シャトレ座)

dvd-cunning_little_vixenDVDライブラリーより。

ヤナーチェクの作品の中では珍しく息の詰まらない楽しいオペラ。

私はこのプロダクションをパリで生で観ました。簡素ながらも変化に富み、メルヘンチックでファンタジー溢れる舞台がテンポよく展開していきます。ジェニスの透き通った声、アレンの深みのある味わいと、歌手陣も秀逸です。ヤナーチェクの世界的権威、マッケラスの指揮もさすがに堂に入っていて、ダイナミックに興趣を盛り上げています。色とりどりな動物たちもいっぱい出て来るので、お子様と一緒にご覧になっても楽しめる貴重なオペラ映像かも?(笑)

★★★★

森番:トーマス・アレン
ビシュトローシュカ(女狐):エヴァ・ジェニス
雄狐:アナ・ミニュティヨ
森番の女房/ふくろう:リブシェ・マーロヴァー
ハラシュタ(行商人):イヴァン・クスニエル
神父/あなぐま:リハルド・ノヴァーク
校長/蚊:ヨセフ・ハイナ
宿屋の主人/犬:ジャン=フィリップ・マリエール
宿屋の主人の女房/雄鶏/かけす:サラ・コノリー
雌鶏:フロランス・ボンナフー
きつつき:フランソワーズ・マルティナー

踊    り:エリザベス・ヤング、イザベル・ピエール、パスカル・モントルージュ、フィリップ・タリド、他
合  唱:セーヌ県合唱隊、パリ・シャトレ座合唱団
管弦楽:パリ管弦楽団
指  揮:チャールズ・マッケラス
照  明:ジャン・カルマン
振  付:ジャン・クロード・ガロッタ
装置・衣裳:ボブ・クローリー
演  出:ニコラス・ハイトナー

[  収録:1995年6月、パリ・シャトレ座  ]

|

« しっかリバプール | トップページ | シェフチェンコが止まらない »

コメント

 僕も見ました。
 パリにおけるヤナーチェク・オペラの顕揚にチャールズ・マッケラスの果たした役割というのが大きく、僕らは 1980年の《イェヌーファ》以来随分彼の棒でヤナーチェクを体験してるんですが、この人のヤナーチェクって、何度も聴いてくると、ちょっと不満になってくるんですよね。ウィーン・フィルとのディスクもそうですが、ここでは管弦楽がパリ管なこともあり、あまりにキレイ過ぎて、滑らかすぎちゃって不満を感じてしまうんだ。その後チェコ人指揮者(イルジー・コウト:《カチャ・カバノヴァ》)や、同じシャトレ座、同じパリ管で《イェヌファ》を振ったサイモン・ラトル、《オスード》のジェフリー・テイト(フランス国立管)、ラトルとバーミンガム響の《マクロプーロス事件》(>リンク「きのけん」下線:エクス音楽祭)…と聴いてくると、マッケラスのはあまりすんなり行き過ぎて不満になるんだよねえ。特に《女狐》だけは、もうちょっと鄙びた色調を持ったノイマン指揮チェコ・フィルあたりで一度だけでも実演を聴いてみたかったですねえ…。
 上のコメントを読んでてありありと思い出しましたが、これって、現代舞踊の第一人者ジャン=クロード・ガロッタの振付でしたねえ!…。ニコラス・ハイトナーも相当才能ある人ですが、ここでは専らガロッタの振付がメインだったような記憶が…。

投稿: きのけん | 2005/11/26 03:39


なるほど。ノイマン&チェコ・フィルで聴いてみたいというのは同感ですね。そう言われてみれば、パリ管というのも随分スマートな響きの団体になっちゃったような・・・。かっては随分クセがありましたよね。そっちのほうが好きだけどなあ。

ガロッタの舞踊もたしかに素晴らしいのですが、照明がジャン・カルマンというのも見逃せません。なにげに凄いスタッフが集結したプロダクションですよねえ(笑)。

投稿: Orfeo | 2005/11/26 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7293831

この記事へのトラックバック一覧です: 『利口な女狐の物語』(シャトレ座):

« しっかリバプール | トップページ | シェフチェンコが止まらない »