« 『イェヌーファ』(プラハ国民劇場) | トップページ | 『二人のやもめ』(プラハ国民劇場) »

2005/11/23

ガッツだぜ、アンリ

premireleagueプレミアリーグ 第12週
ウィガン 2-3 アーセナル

昇格組ながら現在2位につけて大健闘中のウィガンと、今シーズンいまだアウェイで勝ち星のないアーセナルとの一戦。アーセナルは2トップにアンリとファン・ペルシを据えました。

ホームのウィガンはさすがに調子がいいみたいで、ゲーム開始からどんどんアーセナルを押し込みます。が、11分、逆にアーセナル。ハーフラインをまたいでソル・キャンベルからファン・ペルシにボールが渡り、彼がそのまま持ち込んで、エリア手前からシュート。これをGKフィランが止めきれず、アーセナルが先制します。続いて21分、セスクからアンリへのラストパスが通り、スピードに乗ったアンリがGKの左を破るシュートを決めて、追加点。アーセナルが2-0とします。

これでアーセナル優位になるのかと思いましたが、ゲームはまだまだ落ち着きません。27分、アーセナルのゴール前でウィガンのベインズがせりながら頭で前にボールを送り、これにアンリ・カマラが鋭く反応、頭で押し込んで、1点返します。次は41分、アーセナルのFKのチャンス。アンリが蹴ったボールが左ポストに当たってそのままゴール。3-1。45分、今度はウィガンが攻め込み、最後右サイドでフリーになったブラードがシュートを決めて、3-2。激しい点の取り合いで前半は終了します。

後半もホームのウィガンが2トップのアンリ・カマラとジェイソン・ロバーツのスピードを生かしながら激しく攻め立てましたが、なんとかアーセナルがしのぎます。長い長い45分間でした。結局両チームとも得点を上げることなく、そのままタイムアップ。終了のホイッスルとともにガッツポーズをしてみせたアンリの姿に、アーセナルの苦しい思いが如実に現われていたように思います。やっとアウェイで初勝利を上げたアーセナル、暫定順位ながら4位に浮上です。

|

« 『イェヌーファ』(プラハ国民劇場) | トップページ | 『二人のやもめ』(プラハ国民劇場) »

コメント

昇格組ですが・・・実際ウィガンの実力は本物でしょうね。
そういう意味ではアウェーで勝ち点3をとれたのは貴重です。

投稿: 月也 | 2005/11/23 22:58


月也さん、コメントありがとうございます。
まったくですね。ウィガンの強さが身にしみた一戦でした。来月はチェルシー戦があるので、楽しみです。

投稿: Orfeo | 2005/11/24 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/7277363

この記事へのトラックバック一覧です: ガッツだぜ、アンリ:

» 運動量の重要さ [新右衛門ブログ]
一昨日の話になってしまいますが、平山相太がゴールを決めましたね(^o^)/長いクロスボールから2人のDFを背負いながら胸トラップ、足でボールを浮かせて体を反転させ、左足できれいな [続きを読む]

受信: 2005/11/23 15:03

» 対ウィガン戦を語る!byヴェンゲル [toshipapa]
少し時間が経ちましたがプレミア・リーグ、対ウィガン戦後にアーセナルのヴェンゲル監督は....ゲーム内容に関して「私は、我々が非常にダイナミックに、肉体的に、ダイレクトに、 そして、勇敢なウィガンというチームにテストされたと思います」「それは、精神的、肉体的...... [続きを読む]

受信: 2005/11/24 14:34

« 『イェヌーファ』(プラハ国民劇場) | トップページ | 『二人のやもめ』(プラハ国民劇場) »