« 『マクベス』(ベルリン・ドイツ・オペラ) | トップページ | フランス代表正GKは? »

2005/11/09

『シチリア島の夕べの祈り』(ミラノ・スカラ座)

dvd-siciliani-scalaDVDライブラリーより。

ヴェルディ作。

ピッツィ特有の深みのある色彩感でまとめられた舞台。月夜の浜辺の情景、豪華な宮殿の夜会、などなど、どれも皆印象的な場面になっている。ムーティの推進力に富んだ音楽が(・・・スッ飛ばしている、ともいう)さらに劇性を強めている。そのテンポのなかで、ザンカナーロもメリットもよく歌っている。ステューダーはちょっと苦しいか。

★★★

グイード・ディ・モンフォルテ:ジョルジョ・ザンカナーロ
ペトゥーネ卿:エンツォ・カプアーノ
ヴォードモン伯爵:フランチェスコ・ムシヌー
アリーゴ:クリス・メリット
ジョヴァンニ・ダ・プローチダ:フェルッチョ・フルラネット
エレーナ公女:チェリル・ステューダー
ニネッタ:グローリア・バンディテルリ
ダニエリ:エルネスト・ガヴァッツィ
テバルド:パオロ・バルバチーニ
ロベルト:マルコ・キンガーリ
マンフレード:フェルレロ・ポッジ

バレエ:ミラノ・スカラ座バレエ団
合  唱:ミラノ・スカラ座合唱団
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団
指  揮:リッカルド・ムーティ
演  出:ピエール・ルイジ・ピッツィ

[  収録:1989年12月、ミラノ・スカラ座  ]

|

« 『マクベス』(ベルリン・ドイツ・オペラ) | トップページ | フランス代表正GKは? »

コメント

大分前のものですが、TB します^^!

投稿: edc | 2005/11/09 08:25

edcさんのTB先のコメントが面白かった、クリス・メリットがちょうど時の人だったんですよね。

ムーティにのせられて、ヴェルディを歌ったけど、なんのメリットもなかったという、メリットさんの悲しいお話でしたね。(笑)
なにしろスカラの開幕公演に出ちゃったんで、ギャンビルのように前歴を隠してドイツものの「主役」に転身というわけにもいかんかったんでしょうな。

投稿: keyaki | 2005/11/09 09:18


>edcさん:
TBありがとうございます。私もこのオペラは序曲が好きだなあ。
TB返しさせていただきますね。

>keyakiさん:
うん、なかなか面白かったです。「なんのメリットもないメリット」かあ。なかなか上手いこと言うなあ(笑)。

投稿: Orfeo | 2005/11/09 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6944491

この記事へのトラックバック一覧です: 『シチリア島の夕べの祈り』(ミラノ・スカラ座):

» シチリアの夕べの祈り [雑記帳]
ほんの一部だけが好きというオペラのひとつが、ヴェルディ作曲のこれです。日本語タイトル、他にシチリア島の夕べの祈り、シチリアの晩鐘などいくつか見かけます。 十三世紀後半、シチリアで起こった、フランス支配に対する、住民暴動と虐殺事件を扱ったものだそうで、夕べの祈りの時刻を知らせる教会の鐘に合わせて一斉に蜂起したことにより「シチリアの晩祷事件」と呼ばれるようです。 これは序曲をさんざん聞かされる羽目になったことがあったことから、まず序曲が好きになりました。チェロ、後ではバイオリンによっても、奏でられる旋... [続きを読む]

受信: 2005/11/09 08:24

« 『マクベス』(ベルリン・ドイツ・オペラ) | トップページ | フランス代表正GKは? »