« 『シチリア島の夕べの祈り』(ミラノ・スカラ座) | トップページ | 『ディドーネ』(アンブロネイ音楽祭) »

2005/11/09

フランス代表正GKは?

ligue1フランス・リーグ1 第14節
トゥールーズ 0-1 リヨン
ル・マン 3-0 マルセイユ

代表チームの正GKの座をめぐって、フランスではこのところ議論が沸騰しています。今、安定感抜群のクペ(リヨン)か?それともやはり経験のバルテズ(マルセイユ)なのか?フランス代表を率いるドメネク監督は当初8日の火曜日にその最終決断を発表すると言っていましたが、結局決定出来ず、その選択でいまだに苦悩しています。

しかし、リーグ1のゲームを見る限り、結果は明らかだと思います。6ヶ月間の出場停止から戻ってきた最近のバルテズはミスが多すぎます。ル・マン戦でも彼の判断ミスから、キウミエントにエリア外からのシュートを決められました。さらに、同じくエリア外からのバングラのシュートを弾いてしまい、そこをファンショーヌに詰められ、さらなる失点。自信まで失ったのか、彼の売りでもある積極的な姿勢は影を潜め、位置取りも悪く、ゴール前でただオロオロしています。3失点目はル・マンのゴール・キックをデメロがヘッドで前へ送り、これをバングラにダイレクトでぶち込まれたもの。わずか数秒の屈辱的な失点シーンでした。松井抜き(出場停止)のル・マンに3失点じゃなあ・・・。

対する王者リヨンの守護神、クペはまさに波に乗っています。トゥールーズ戦でも、このところの連戦の疲れからか、動きの鈍い同僚たちを尻目に、好セーブを連発。判断も的確で、隙がありません。ゲーム終盤、リヨンの選手たちの足が止まって、トゥールーズに一方的に攻められたものの、ゴールを死守してチームを勝利へと導きました(リヨンの得点は前半早々、ジュニーニョの左CKをゴヴが頭で合わせたもの)。

その差は歴然だと思いますが・・・。ジダンあたりが、絶対バルテズにしろ、なんて言っているんでしょうかね?フランス代表2連戦、今日9日のコスタリカ戦(仏領マルチニク島)はバルテズで、12日のドイツ戦(パリ)はクペでいくようです。これではっきりするかな?その前に、無事に試合出来るか心配するべきかな、今のフランスは・・・。

|

« 『シチリア島の夕べの祈り』(ミラノ・スカラ座) | トップページ | 『ディドーネ』(アンブロネイ音楽祭) »

コメント

クペにして下さい、絶対クペ、クペがいいーっ!!
2年前のコンフェデ杯、リヨン所属のカメルーン代表フォエが試合中に急死したあとの試合で、クペが整列中に号泣しているのを見て好きになってしまいました。
クペ、クペ、クペがいいぃ~っ!! と連呼してしまいます。
関係ありませんが、昔、本田美奈子演ずる『ミス・サイゴン』を観に行った私は、昨日から悲しいです。

投稿: 五十路っ子 | 2005/11/09 23:41

TBどうもです。
僕はフランスのGKはバルテズがいいですね。
安定感ゼロのGK好きなんです(笑)
だからブルゴスなんて好きでした。
ブッフォンやツェフでは駄目ですね。
物足りません。

この頃のカーンもいいですね。
僕好みです。
(話題とずれてる?)

投稿: アガホア | 2005/11/10 00:52


>五十路っ子さん:
コスタリカ戦、3-2(前半0-2)だったようですね。バルテズ、やっぱ駄目じゃん。よっしゃ、クペ、ドイツを零封して当確といきましょう!

本田美奈子.さんの訃報は本当に悲しいです。ご冥福をお祈りいたします。

>アガホアさん:
安定感ゼロのGKが好き?じゃあ、最近のバルテズを見たら、狂喜乱舞ですよ(爆)。

ところで、ドイツの守備陣は一向に安定しませんね。私はこのままじゃ、来年のW杯本番でグループリーグ敗退もあり得ると思っています。

投稿: Orfeo | 2005/11/10 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6990668

この記事へのトラックバック一覧です: フランス代表正GKは?:

» フランスでの暴動についてテュラムが語る [嗚呼〜諸行無常]
フランス全土に拡大している暴動は、発生から12日が経過したが、政府は8日、1955年のアルジェリア独立戦争時に制定された法律に基づき、暴動地域に夜間外出禁止令を適用できるなどの非常事態法を発動した。  しかし、非常事態宣言という強権発動から僅か数時間の間....... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 01:00

« 『シチリア島の夕べの祈り』(ミラノ・スカラ座) | トップページ | 『ディドーネ』(アンブロネイ音楽祭) »