« チェルシー、敗退! | トップページ | アンリ、怪我再発? »

2005/10/28

『カヴァレリア・ルスティカーナ』(ラヴェンナ音楽祭)

cd-josecuraDVDライブラリーより。

あ、あ、あ、あの、ローラの方がサントゥッツァより若々しくて、おまけにひ弱に見えるようでは、明らかにさかしまではないでしょうか?不条理劇かと思いました。マイヤーは声楽的にもサントゥッツァとしては異質です。甘い歌声のクーラは相変わらず目だけで演技しようとしているし、ムーティはひたすらインテンポだし・・・。みんなバラバラの方向を目指しています。

★★

サントゥッツァ:ワルトラウト・マイヤー
ローラ:アンナ・マリア・ディ・ミッコ
トゥリッドゥ:ホセ・クーラ
アルフィオ:パオロ・ガヴァネルリ
ルチア:ティツィアーナ・トラモンティ

合  唱:ボローニャ市立歌劇場合唱団
管弦楽:ボローニャ市立歌劇場管弦楽団
指  揮:リッカルド・ムーティ
演  出:リリアナ・カヴァーニ

[  収録:1996年7月14・16・18・20日、ラヴェンナ・アリギエーリ劇場(イタリア) ]

*画像はこの公演とは関係ありません。

|

« チェルシー、敗退! | トップページ | アンリ、怪我再発? »

コメント

こんにちは。
新国立劇場の公演へ行きました。というわけで、久しぶりにこれを再生....で、TBさせていただきます。

投稿: edc | 2006/04/09 12:42

edcさん、TBありがとうございます。

新国の公演はいかがだったでしょうか?なにやら、凄いキャスティングだったようですね・・・って、そちらにちゃんと書かれてました(笑)。
TB返しさせていただきます。

投稿: Orfeo | 2006/04/09 17:43

新国の公演は凄まじかったですよ。
演奏の流れ無視ブッチ切りの無神経ブラヴォ連中が突如出没!
あの程度でブラヴォはないでしょ、、というレベル。

ネットを徘徊して原因をさぐってみましたが、どうやらクピード(私も名前は知っていましたが今回はじめて)の出演が関係しているようです。
この方、私は見てませんが、数年前までは新国にもけっこう出演していたようで、やはりトスカのカヴァラドッシの時に、流れブッチ切り拍手の連続だったそうです。
ちなみに彼の奥さんは日本人ソプラノ(現役かどうかは知りません)だそうです。

投稿: keyaki | 2006/04/10 09:33

keyakiさん、こんにちは。

ほう!クピードにブラヴォー隊がついているんですか!朝比奈隆のブラヴォー隊は有名でしたが、いまだにそんな連中がいるんですね。他のお客さんや出演者にとっても迷惑千万な輩だこと。レッドカードで退場願いたいですね(笑)。

投稿: Orfeo | 2006/04/10 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6668964

この記事へのトラックバック一覧です: 『カヴァレリア・ルスティカーナ』(ラヴェンナ音楽祭):

» マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」ラヴェンナ音楽祭1996年 [雑記帳]
ゼッフィレッリ監督の映画版が好きで何度も見ていたせいか、はじめは多少違和感有りでしたけど、結局とても気に入りました。舞台収録映像はこれしか見たことがないと思います。 合唱団や子どもたちその他大勢がひとりひとり個性的であきずに眺められます。そして、アヴェ・マリアの合唱がほんとに美しい.......。主役たちもそれぞれ個性的で好きです。上品な美人のルチア母さん.... 彼女目当てのお客が絶えないこと間違いなしかも・・・ ローラは美人だと自認してる分にはあの性格だから納得ですが、その他大勢の中にずっ... [続きを読む]

受信: 2006/04/09 09:21

« チェルシー、敗退! | トップページ | アンリ、怪我再発? »