« ル・マン松井の、まあだだよ | トップページ | チェルシーがおかしい? »

2005/10/31

『ジプシー男爵』(メルビッシュ音楽祭)

dvd-gipsybaronDVDライブラリーより。

ヨハン・シュトラウス2世作。

オーストリアの夏の風物詩、メルビッシュでの湖上オペレッタ。風光明媚な環境の中、スケールの大きな舞台の上で軽妙なシュトラウス節が展開される。歌あり、馬あり、踊りあり。花火まで飛び出してきて、舞台を大いに盛り上げる。

★★★

ホモナイ伯爵:ペーター・エーデルマン
カルネロ伯爵:ハインツ・ツェドニク
シャーンドル・バリンカイ:メールザッド・モンタゼリ
カールマーン・ジュパーン:ローラント・ブラハト
アルゼーナ:クリスティーネ・バート
ミラベラ:ミリヤーナ・イロシュ
オットカル:アンドレアス・シャーゲル
ツィプラ:ブリギッテ・ピンター
ザッフィ:マルティーナ・セラフィン

バレエ:メルビッシュ音楽祭バレエ団
振  付:ゲオルク・ゲスラー
合  唱:メルビッシュ音楽祭合唱団
管弦楽:ブルゲンラント交響楽団
指  揮:ルドルフ・ビーブル
演  出:ハインツ・マレチェク

[  収録:2000年8月5日、メルビッシュ・ノイジードラー湖、湖上ステージ  ]

|

« ル・マン松井の、まあだだよ | トップページ | チェルシーがおかしい? »

コメント

メルビッシュ音楽祭はいつも演出が派手で楽しいですねー。一度生で観に行ってみたいです。

投稿: simulacra1984 | 2005/10/31 10:13


simulacraさん、こんにちは。

肩肘張らず楽しめる、こういう公演もまたいいですよね。
目指せ、メルビッシュ!(笑)

投稿: Orfeo | 2005/10/31 16:11

おやおや!こんなところにハインツ・ツェートニクが!…。かつてのシェロー=ブーレーズ版《指輪》の伝説的ローゲ&ミーメ。
そういえば、別項グラインドボーンの《ルル》にも、かつてイングリッシュ・ナショナル・オペラの名ヴォータンとして鳴らしたノーマン・ベイリーがシゴルヒで入ってましたな。かつての名歌手がひょいと出てくる役ってのがあるんですよね。パリのシャトレ座のシゴルヒはハンス・ホッターだったし、魔笛の弁者にテオ・アダムが出たり。1970-80年代のミュンヒェンの《神々の黄昏》(サヴァリッシュ=レンネルト)のノルンに歴代名ブリュンヒルデが二人も出てたり(アストリート・ヴァルナイとマルタ・メードル)…
きのけん

投稿: きのけん | 2005/10/31 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6745629

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジプシー男爵』(メルビッシュ音楽祭):

« ル・マン松井の、まあだだよ | トップページ | チェルシーがおかしい? »