« 『トゥーランドット』(サンフランシスコ歌劇場) | トップページ | ル・マン、リールとドロー »

2005/10/16

『三人姉妹』(シャトレ座)

DVDライブラリーより。

チェーホフの原作を元に1998年に初演されたペーテル・エドヴェシュの歌劇。オリガ、マーシャ、イリーナの三人姉妹を中心に、時間軸を交差させながら物語は進行していく。姉妹をめぐる男性との三角関係や、兄弟との葛藤を交え、生きることの苦悩や希望を表現している。舞台を手掛けているのは山海塾の天児牛大。能舞台のような平台を中央に置き、奥には3枚の回転式のパネルを配し、抑えた色調の中に象徴的な身振りを交え、前衛音楽とのコラボを図っている。だが、演じるのは所詮歌手たちなので、天児にしては緩慢な舞台になっている。ちなみに出演者は全員男性なので、まるで「三人オ○マ」だ、などと言ってはいけない。

★★★

オリガ:アラン・オーバン
マーシャ:ベジュン・メータ
イリーナ:オレク・リアベツ
クルイギン:ニキタ・ストロジェフ
アンドレイ:アルベルト・シャギドゥリン
ナターシャ:ゲーリー・ボイス
トゥーゼンバッハ:グレゴール・ダラル
ソリョーヌイ:デニス・セドフ
ヴェルシーニン:ヴォイチェフ・ドラボヴィチ
チェブトゥイキン:ピーター・ホール
ローデ:アレクセイ・グリゴレフ
フェドーチク:ワレリー・セルキン
アンフィーサ:ヤン・アロフス

管弦楽:フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
指  揮:ケント・ナガノ
      ペーテル・エドヴェシュ
美  術:中西夏之
衣裳・メイク:山口小夜子
演出・美術・照明:天児牛大

[  収録:2001年11月、パリ・シャトレ座  ]

|

« 『トゥーランドット』(サンフランシスコ歌劇場) | トップページ | ル・マン、リールとドロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6406293

この記事へのトラックバック一覧です: 『三人姉妹』(シャトレ座):

« 『トゥーランドット』(サンフランシスコ歌劇場) | トップページ | ル・マン、リールとドロー »