« オランダ、予選通過! | トップページ | 『絹のはしご』(シュヴェチンゲン音楽祭) »

2005/10/11

『湖上の美人』(ミラノ・スカラ座)

dvd-donnadellagoDVDライブラリーより。

ロッシーニ作。

先ずはドイツの映画監督、ヘルツォークの精を極めた舞台が見事。かなり暗めの照明ではあるが、光も巧みに取り入れられている。このオペラはロマンチック・オペラとしては最高峰に位置するが、ロッシーニならではの超絶技巧がふんだんに用いられているため、なかなか上演の機会を得られない不運な作品でもある。だが、ロッシーニ・ルネサンスの立役者であるブレイクやメリットの両テノール、ベルカントものを得意とするアンダーソンらを配したこの公演が映像として残されたことの意義は大きい。ムーティも鮮やかな指揮ぶりを見せている。

★★★★

ウベルト:ロックウェル・ブレイク
ダグラス:ジョルジョ・スルヤン
ロドリーゴ:クリス・メリット
エレナ:ジューン・アンダーソン
マルコム:マルティヌ・デュピュイ
セラーノ:エルネスト・ガヴァッツィ
ベルトラン:フェレルロ・ポッジ
ほか

合  唱:ミラノ・スカラ座合唱団
管弦楽:ミラノ・スカラ座管弦楽団
指  揮:リッカルド・ムーティ
演  出:ヴェルナー・ヘルツォーク

[  収録:1992年、ミラノ・スカラ座  ]

|

« オランダ、予選通過! | トップページ | 『絹のはしご』(シュヴェチンゲン音楽祭) »

コメント

 …そういや、《湖上の美人》って、この前にマウリッツィオ・ポリーニが指揮してなかったっけ?…。ペザロのロッシーニ音楽祭かなんかで…。DGGから録音も出てたと思うけれど、あの映像は残ってないのかな?…。

 あすこ、一度行きたいと思ってて遂に果たせず仕舞い。僕が行きたいと思った年なんか、演出にロンコーニ+ダリオ・フォー(ノーベル文学賞を取った年)、当時アンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督だったデイヴィッド・ロバートソンに、ムーティだったかアバドだったか…、なんかすごいプログラムを組んでいたよ。
きのけん

投稿: きのけん | 2005/10/11 17:59


ポリーニの録音はDGGじゃなくて、SONYから出ていますね。残念ながら、CDのみです。これって、ポリーニが振って、しかもこのオペラの世界初録音ってんで評判になったんでしたよね。

ペーザロもまた、オランジュと並んでいつか行きたい場所の一つなんですが・・・。なかなかそういう日は巡ってきそうにありません。

投稿: Orfeo | 2005/10/11 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6331669

この記事へのトラックバック一覧です: 『湖上の美人』(ミラノ・スカラ座):

« オランダ、予選通過! | トップページ | 『絹のはしご』(シュヴェチンゲン音楽祭) »