« 『ドン・ジョヴァンニ』(グラインドボーン音楽祭) | トップページ | 『カプリッチョ』(サンフランシスコ歌劇場) »

2005/10/18

我が道を行くアーセナル

プレミアリーグ 第8週
ウェストブロムウィッチ 2-1 アーセナル

代表戦を挟み、アシュリー・コール、フレブ、キャンベルといった面々が新たに負傷で離脱してしまったアーセナル。ジウベルト・シウヴァもブラジルから戻ったばかりで、このアウェー戦には同行していません。ということで、ますます苦しくなってきたアーセナルが、19位に低迷しているウェストブロムにまさかの逆転劇を許してしまいました。ウェストブロムがホームでアーセナルに勝ったのは、なんと22年ぶりだそうです。この手の話、今季のアーセナルには多いですよね。

ゲーム自体はアーセナルが支配していました。得点が動いたのは17分。アーセナルが右CKからセンデロスが合わせて、彼自身にとってクラブ初ゴールで先制。が、ウェストブロムが何度となく右サイドを突いて攻撃を繰り返しているうちに、とうとう38分、その形から最後カヌにぶち抜かれます。カヌの古巣への恩返し弾が決まって、同点。

後半もアーセナルが幾度となく攻め込みますが、ほとんどは狭い中央に固執するため、守りを固めたウェストブロムに跳ね返されてしまいます。それでも執拗に攻め続け、レジェス、セスク、ピレス、ベルカンプといった面々がシュートを狙っていくんですが、いずれも枠を外すか、あるいはGKカークランドに阻まれて、ことごとく失敗。すると、76分、逆にウェストブロムが左サイドから攻撃を組み立てて、内寄りのエリアの外でボールを受けたカーターがそのまま左足を振り抜くと、ボールはアーセナルのゴール左隅に突き刺さってしまいました。唖然呆然のアーセナル。その後の反撃も空しく、早くも今季3敗目を喫してしまいました。

狭い狭い中央を押し破ろうとするアーセナルが、サイドからの攻撃を活用したウェストブロムの軍門に降るという、なんとも皮肉な一戦でした。あっ、そうそう、前半、リュングベリが負傷で交代してしまいました。また怪我人が増えてしまった・・・。アーセナル、もう泥沼です。

|

« 『ドン・ジョヴァンニ』(グラインドボーン音楽祭) | トップページ | 『カプリッチョ』(サンフランシスコ歌劇場) »

コメント

TBありがとうです~。

アーセナル、故障者が多すぎる&選手層薄いというのを差し引いてもWBAに負けるのはツライとこです。

若手にがんばってもらいたいとこですね。

投稿: ラテ | 2005/10/19 23:28


ラテさん、どうも。

CLで華々しくアンリが復活しましたね。プレミアはもう駄目だろうから、CLとカップ戦のほうで頑張ってほしいです。

投稿: Orfeo | 2005/10/19 23:59

アーセナル大変だ・・・。でもアンリがCLで復帰アンド2ゴール☆ここは、アンリになんとか引っ張っていってもらいたいものです。

投稿: ミニョ | 2005/10/20 00:24


ミニョさん、どうも。

まったくです。アンリ、頑張れ!

投稿: Orfeo | 2005/10/20 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6457791

この記事へのトラックバック一覧です: 我が道を行くアーセナル:

» 小野伸二、無事退院♪ [SHINJI ONO 2+DVD]
14日に埼玉県内の病院で右足第5中足骨(小指)の手術を受けた伸二。 本日午後、無... [続きを読む]

受信: 2005/10/18 21:17

» チェルシー独走、アーセナルはまさかの敗戦 [LONDON?TOKYO STYLE]
W杯予選の為に中止されていたリーグ戦が再び始まった。 今日の注目の一戦はなんと言っても中田英寿のいるボルトン対チェルシー。 試合はボルトンが幸先よく先制し、前半を終り後半から中田が出場。 しかしボルトンは後半開始からたった10分の間に4点も決められ結局5....... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 00:33

» Non Stop チェルシーとプレミアの愉快な仲間達。 [サッカー情報通]
いやね、先制したのはボルトンだったんですよ。 ストゥリャノス・ヤナコプロスがね、前半4分に先制点ですよ。 しかも、前半はそのまま勝ち越して終わったんですよ。 悪夢は後半の7分から。  52’ドロクバ  55’ランパード  59’ランパード  61’ドロクバ  74....... [続きを読む]

受信: 2005/10/19 02:32

« 『ドン・ジョヴァンニ』(グラインドボーン音楽祭) | トップページ | 『カプリッチョ』(サンフランシスコ歌劇場) »