« フランス、幸運な予選突破 | トップページ | 『三人姉妹』(シャトレ座) »

2005/10/15

『トゥーランドット』(サンフランシスコ歌劇場)

dvd-turandot-sanfranciscoDVDライブラリーより。

歌手もなかなか揃っているが、このプロダクションの目玉は何と言ってもデーヴィッド・ホックニーの幻想的な舞台美術だろう。高度に様式化され、豊かなイメージに溢れたその色鮮やかな舞台は、他の追随を許さない。アートに関心のある方は、誰も見逃してはならぬ!

★★★★

トゥーランドット:エヴァ・マルトン
カラフ:マイケル・シルヴェスター
リュー:ルチア・マッツァリーア
ティムール:ケヴィン・ランガン
ピン:テオドール・ベック
パン:デニス・ピーターソン
ポン:クレイク・エステップ
皇帝:ジョセフ・フランク
代官:チェスター・パットン

合  唱:サンフランシスコ歌劇場合唱団
管弦楽:サンフランシスコ歌劇場管弦楽団
指  揮:ドナルド・ランニクルズ
演  出:ピーター・マックリントック
美  術:デーヴィッド・ホックニー

[  収録:1993年10月、サンフランシスコ歌劇場  ]

|

« フランス、幸運な予選突破 | トップページ | 『三人姉妹』(シャトレ座) »

コメント

相互リンクありがとうございます!
TB、コメントもいつでも大歓迎ですので気にせずどんどんお願いします。よろしく!

オペラ、一度見てみようかな?

投稿: siesta | 2005/10/15 23:00


siestaさん、意外なところにコメント、ありがとうございます(爆)。
オペラ、楽しいですよ。

これからも、どこでもコメント&TBのほう、よろしくお願いします(笑)。

投稿: Orfeo | 2005/10/15 23:22

ここに何度も来てるのに、オペラ部分については全くわからないのでコメントのしようがない。

・・のですが、今朝起きて見てるとデイビッド・ホックニーのことが書いてあるじゃーないですか。それならコメントできる、否コメントしなくちゃ。

美術でこんなことも彼はやってたんですねえ。知らなかった。さぞすごい舞台美術だったんでしょうね。(大好きなのでひとりごちしてます!)私はDホックニーのとにかく大ファンです。多少まねしてます。ごめんなさい。

おかげでもう一度ネットでしらべましたよ。David Hockney のこと。自分もホイックニーと覚えていたんですが、ホックニーの方が正しいようです。そんなことも気づかせてくれたORFEOさんに感謝。(笑)

そういえば、昨日TVで江原さんが歌ってたねえ。
そのくらいです。失礼しました。

投稿: magicdragon | 2005/10/16 06:47


またまた意外なところにコメントが(笑)。
ドラゴンさん、ありがとございます。

このホックニーは本当に素晴らしいです。是非見てもらいたいところですが、残念ながらこのDVDは国内では未発売じゃなかったかな?でも、やはり彼が舞台美術を手掛けた『魔笛』(メトロポリタン歌劇場)のほうが手に入りますので、ご覧になるといいかもしれません。ちょうど今キャンペーン販売していて、2千円台で手に入りますよ。

投稿: Orfeo | 2005/10/16 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6392720

この記事へのトラックバック一覧です: 『トゥーランドット』(サンフランシスコ歌劇場):

» 【ポエムと音楽】花燕と「ラ・ボエーム」より《告別の歌》 [Macなホームシアタースタジオ]
「poem10_donde_lieta.mp3」 【ポエムと音楽】No.10です [続きを読む]

受信: 2005/10/16 01:43

« フランス、幸運な予選突破 | トップページ | 『三人姉妹』(シャトレ座) »