« ハンブルグ、バイエルンを撃破! | トップページ | 『ドン・ジョヴァンニ』(エクサン・プロヴァンス音楽祭) »

2005/09/27

『ポッペアの戴冠』(シュヴェチンゲン音楽祭)

dvd-poppeaDVDライブラリーより。

オペラ創生の立役者、モンテヴェルディがその死の前年の1642年に作曲上演した作品。

巨大な地球儀の頂上部の上で繰り広げられる愛憎劇。ハンペの演出はちょっと露出狂じみていて、シースルーの衣裳のシューマンとクロフトの絡みなんかは過度に生々しい。まるで「愛の奥様劇場」状態だ(笑)。ここはモンテヴェルディの簡明かつ豊穣な音楽を再構成したヤーコプスの仕事を評価したい。

★★★

ポッペア:パトリシア・シューマン
ネローネ:リチャード・クロフト
オッターヴィア:キャスリーン・クールマン
オットーネ:ジェフリー・ガル
セネカ:ハリー・ピータース
アルナルタ:カーティス・レイヤム
ヴァルレット:加納悦子
ドルシルラ:ダルラ・ブルックス
乳母:ドミニク・ヴィス
アモーレ:ペトラ・ペンジッヒ
ほか

管弦楽:コンチェルト・ケルン
構成・編曲・指揮:ルネ・ヤーコプス
演  出:ミヒャエル・ハンペ

[  収録:1993年、シュヴェチンゲン音楽祭  ]

|

« ハンブルグ、バイエルンを撃破! | トップページ | 『ドン・ジョヴァンニ』(エクサン・プロヴァンス音楽祭) »

コメント

>まるで「愛の奥様劇場」状態だ
そのせいかどうか^^; この映像、とても気にいってます。かなり前の記事ですが、TBさせてください。

投稿: edc | 2005/09/27 14:43


edcさん、こんにちは。TBありがとうございます。
この映像、お気に入りでしたか。シューマンのシースルーを目当てに見てしまうと、余計なものまで目に入ってくるので注意が必要ですよね^_^;;

投稿: Orfeo | 2005/09/27 16:28

ヤーコプスvsミンコ

2000年度エクス音楽祭リポートより
(上):
http://magicdragon-hp.hp.infoseek.co.jp/KK/kinoken8.htm
(下):
http://magicdragon-hp.hp.infoseek.co.jp/KK/kinoken8b.htm

Orfeo=きのけん往復書簡付
きのけん

投稿: きのけん | 2005/09/27 19:02


ミンコ&グリューバーの《ポッペア》はたしかフランスでは既にDVDが発売されているんじゃないかと思いますが、日本ではまだなんですよね。ま、私は1999年にエクスで観ていますけど、もう一度、じっくり確かめたい部分もあるんですが・・・。

>http://www2u.biglobe.ne.jp/~orfeo/990708.htm

投稿: Orfeo | 2005/09/28 13:52

Orfeoさんの方が1年早くご覧になっているわけで、上の(下)の方に Orfeo-HPのURLアドレスが記載されてますね(リンクは貼ってないけど)
きのけん

投稿: きのけん | 2005/09/28 17:27


そうでしたね。ありがとうございます。

なんか、私ときのけんさんで交互にエクスに行ってましたよね、あの時期は。また行きたいもんです。

投稿: Orfeo | 2005/09/28 20:30

Orfeoさん
もうひとつTBしました。

そういえば、
>ミンコ&グリューバーの《ポッペア》
テレビで見ました。今、指揮者と演出を確認した次第です。

音楽的にもこのシュヴェチンゲンのとは全然違う感じだし、おばさん状態のネロと、なんか違うんじゃ?状態のオットーネにしらけちゃって、結局飛ばし見だったので、再挑戦してみましたが、やっぱりだめ・・・
>「愛の奥様劇場」状態
が好みみたい^^;

投稿: edc | 2006/04/26 22:17

edcさん、どうもです。

ええ~っ!?エクスの『ポッペア』、テレビで放送されたんですか?
それは知らなんだ!

投稿: Orfeo | 2006/04/27 07:49

テレビといってもクラシカ・ジャパンです。

投稿: edc | 2006/04/27 08:22

なるほど。見果てぬ夢のクラシカ、ですか・・・。

投稿: Orfeo | 2006/04/27 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/6124448

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポッペアの戴冠』(シュヴェチンゲン音楽祭):

» モンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」シュヴェチンゲン音楽祭1993年 [雑記帳]
行方不明だったビデオ発見! 悪名高いローマ皇帝ネロの愛人ポッペアが皇后になる話。プロローグとして、幸運の女神、美徳の女神、愛の神が誰が一番強いかを争う場面があるのだけど、この映像ではカットされています。ほとんど何もない簡単な舞台。衣装も簡素で、すっきりと美しい。歌手たちも役柄に合った容姿で、オペラ的違和感なし。男の役は、小姓を除いて、全員男声歌手が担当。乳母二人も男声歌手ですが、これも違和感はありません。お嬢様でありご主人様であるポッペアが皇后になったお陰で、大出世、ど派手に気飾って、小姓を従... [続きを読む]

受信: 2005/09/27 14:43

» 「ポッペアの戴冠」ビデオクリップ集 シュヴェチンゲン1993 [雑記帳]
DVDは外国版ですが、日本語字幕があります。 以前の記事、シュヴェチンゲン音楽祭の「ポッペアの戴冠」に追加です。 右下は、寝室で皇帝に対してセネカを誹謗中傷するポッペア。 モンテヴェルディ:ポッペアの戴冠 ルネ・ヤーコプス指揮、コンチェルト・ケルン ミヒャエル・ハンペ演出 シュヴェチンゲン音楽祭1993年 ポッペア:パトリシア・シューマン(S) 皇帝ネロ:リチャード・クロフト(T) 皇后オクタヴィア:キャスリーン・クールマン(Ms) 皇后の乳母:ドミニク・ヴィス(CT... [続きを読む]

受信: 2006/04/26 22:02

« ハンブルグ、バイエルンを撃破! | トップページ | 『ドン・ジョヴァンニ』(エクサン・プロヴァンス音楽祭) »