« 『ホヴァンシチナ』(キーロフ歌劇場) | トップページ | 『トスカ』(メトロポリタン歌劇場) »

2005/09/03

『シャモニーのリンダ』(チューリヒ歌劇場)

dvd-lindadichamounixDVDライブラリーより。

舞台は18世紀のシャモニーとパリ。

ドニゼッティ生誕200年を記念して蘇演された舞台。グルベローヴァのベルカントが存分に堪能出来る。だから、書割の絵だけで風景を描写するというエコノミーな舞台づくりに文句を言ってはいけません。

★★★

リンダ:エディタ・グルベローヴァ
カルロ:デオン・ファン・デア・ワルト
ボアフレリー侯爵:ジェーコブ・ウィル
知事:ラースロー・ポルガー
アントニオ:アルマンド・アリオスティーニ
マッダレーナ:ネイディーン・アシャー
ピエロット:コルネリア・カリッシュ
執事:ミロスラフ・クリストフ

合  唱:チューリヒ歌劇場合唱団
管弦楽:チューリヒ歌劇場管弦楽団
指  揮:アダム・フィッシャー
演  出:ダニエル・シュミット

[  収録:1996年9月4・7日、チューリヒ歌劇場  ]

|

« 『ホヴァンシチナ』(キーロフ歌劇場) | トップページ | 『トスカ』(メトロポリタン歌劇場) »

コメント

演出のダニエル・シュミット氏の追悼記事を書きましたので、TBさせていただきました。まだ反映されてませんけど。

投稿: keyaki | 2006/08/10 19:32


keyakiさん、どうもです。
訃報が続きますねえ・・・

投稿: Orfeo | 2006/08/10 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122009/5747812

この記事へのトラックバック一覧です: 『シャモニーのリンダ』(チューリヒ歌劇場):

» 追悼:ダニエル・シュミット(映画監督、作家、オペラ演出家) [keyakiのメモ、メモ.........]
 オペラ愛好家としても有名な映画作家監督で、1984年以降はオペラの演出も手がけていたダニエル・シュミットDaniel Schmidが亡くなりました。享年64歳でした。8月5日深夜から、6日未明に亡くなったそうですが、訃報は8月9日の朝刊に掲載され、8月5日死去となっていました。 ダニエル・シュミットは、スイス、グリゾン地方(ドイツ、ロマンシュ語圏)、アルプスの真ん中の城館のホテルを営む祖父母に育てられ、14歳の頃から街の映画館に通っていたとか、学校さぼって、ルキノ・ヴィスコンティ演出、マリア・カ... [続きを読む]

受信: 2006/08/10 20:20

« 『ホヴァンシチナ』(キーロフ歌劇場) | トップページ | 『トスカ』(メトロポリタン歌劇場) »